FC2ブログ

1979年12月 | ARCHIVE-SELECT | 1980年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ラーマクリシュナの恍惚の世界

荒々しい世界はもういやだ と心でいうと
やわらかい世界 硬い形のない 遊び半分の世界が来る
これは 消えた構図の世界に入ってから来るものである
ただ遊び半分がいいからということで
遊び半分を真似たからとて それは本物とは違う

楽しい構図の世界 遊び半分のようなこの世界は
ブラフマンに合一してから次に来る世界である
光速をもって この有る世界をつききって
ブラフマンの世界に入ってから
そんな合一というある種の形をも破ってやって来るのが 
この世界である

やさしいといっても きびしいの反対物であり
連なりといっても 相対的な向い合いの反対物である

これらをとびこえた 消えた構図の世界に 突入して
その後で来る世界である
決して始めから遊び半分を良いこととすることは 
出来ない

ラーマクリシュナは ブラフマンという絶対なるものに
合一しておきながら そこから出てきている
そして彼は 今まで誰も行ったことのない遊びの世界――
遊び半分のような世界へ帰って来た

そこは そのいずれの世界にも関係のない世界であった
相対にも 絶対にも関係のない世界であった

ラーマクリシュナの弟子のヴィヴェーカーナンダは
硬いうちに死んでしまった
キリストも 硬いうちに殺されてしまった

仏陀も 絶対との合一をし
静寂のまま 硬いうちに死んでしまったかも知れない
仏陀の説く八正道や中庸道と ラーマクリシュナの「遊び」とは
似ても 似つかぬものであった

三角形を求道の登山の形とすれば 底辺にうろついていた者が
三角形の頂上を目ざして登山したとする
仏陀はその頂上に達した人であったかも知れないし
キリストも そうだったかも知れない

しかし ラーマクリシュナだけはその頂上から
雨がふって来るように 超越や合一をよそに
舞いおりて来たのである
フワリフワリと 遊び半分の仕草をもって
天の羽衣が舞いおりるように
鳥たちのさえずりと共に 地上にやって来たのである

一切の硬さ 緊張 聖 静寂
愛や やさしさをも含めての 荒々しさがみじんもない
舞いそのものの合唱として
やって来たのである

1980.01.31.
スポンサーサイト



| 1980年 | 13:39 | TOP↑

≫ EDIT

硬い構図の世界

荒々しい世界はいやだ
荒々しい世界はいやだと心の中でいうと
その世界の構図が破れる
そして気軽な構図に入る

この「荒々しい世界はもういやだ」というその言葉を
となえることは 体質の移殖と同じものがある
変化だ チェンジだ 構図が変わるのだ
元の構図が破れるのだ

すると今までの自分のあった世界 
自分のおった世界は
硬い構図の世界であったことが分る
どんなやわらかい事があっても 
それは荒々しい構図
緊張の構図だった事が分ってくる

荒々しい世界はもういやだととなえよう
すると 体が緊張から骨ぬきのようになり
ゆらゆら こっけいにゆれてくる

こっけいな世界 面白い世界にかわる
梵に突入するとか 絶対と合一するとか
そんな事も 硬い荒々しい世界だ
あらゆる緊張をとってみたまえ

1980.01.31.

| 1980年 | 10:06 | TOP↑

≫ EDIT

凍った金魚

何もかもを遊ばしめよ
遊び半分の世界にまきこめ
何もかもが よろこんでくる
何もかもを 遊び半分の中に遊ばしめよ

歌も 仕事も 買物も お金も
お巡りさんも 水中の金魚も
おしりをふりふり歩いたり 泳ぐようになってくる

お巡りさんも 結局はお金がほしいから 
お巡りさんになっているのだ

きびしい顔をして
きびしいことばかり言って
家庭に帰っても「おい こら」の調子が 出てくる
また 買物に行ってもその調子だ

遊び半分のお巡りさんてどんな人だろう
余分の金が入ったら どろぼうに分けてやるかも知れない

銀行が 予定額以上の金がもうかったら
人々に お金を配って歩くかも知れない
それでも 受け取る人々が余りいない
お金がふえては困るのです
足し算はごめんです
今のままで充分ですと言われてしまう

そこで 悪い奴がいて
くれる金をすべてためている者がいたとする
そんな者が金をもって 物を買いにいっても
何も売ってくれないことになる
これで困った事だ

又 他のことで緊張について言うと
瞑想――とかいうことも 形にはまったものだし
愛をこめて神信仰するということもある一種の形だし
石の上に坐って瞑想するという事もある一種の形だし
これらすべて硬い形といえよう

もっとゆったりと「憩い」に時間をとって
荒々しい世界から 
遊び半分の世界に入ることだ

1980.01.30.

| 1980年 | 10:19 | TOP↑

≫ EDIT

例えば

例えば 足し算 引き算という
変化する構図が無い世界
市場に 買物にいっても
10ドルのものを買っても
1ドルを出したら
また その1ドルがレジで戻されてくる

そうなったら市場が損ばかりする
それで市場の者が
100ドルの品物を仕入れてくる時
1ドルを支払ったら
またレジでその1ドルが戻ってくる

こうなると 経済のない
世界になってくる

またもう一つの例をいうと
自分が今必要とする金額が1000ドルならば
それ以上に入った金は 誰かにやってしまう

もらった方も 必要以上にお金が入ったならば
それを誰かにやってしまう

するとお金がゆるやかに動く
金が遊び半分に動く

1980.01.29.

| 1980年 | 23:49 | TOP↑

≫ EDIT

荒々しい世界はもういやだ

今日から ちがう世界を展開するぞ
もうこの荒々しい世界にいるのがいやになったし
余り 長く居過ぎた

私でないと出来ない違う世界をくぐる事
その世界に入っていって 夢の神話のような
ピュアーな世界を人々の前にみせてやろう

強制的なこの世界や 構図が急に無茶苦茶に変わるような
複雑な意識波動の世界でなしに……
たとえば引き算や足し算 掛け算もその一例だ
おぼえにくい世界だ
鳥たちには そんなものがない

言葉もそうだ
ややこしい文法などごめんだ
よし! ちがうイージーな生活様式の世界を展開してみよう
緊張のない世界を見せてあげよう 人々に
出来るはずだ

例えば海中の魚や海の様々な世界を 海女がもぐって
見てくるように見れたら 楽しいだろう

……そして今 夕べのアラティの灯を廻していたら
一つ見つけた事があった
それは楽しい灯の廻し方があるという事である
という事は楽しい構図という事だ

楽しい構図というものがあるということの発見だ
楽しい動作という事でもある
これは遊び半分の仕草だ
緊張のとけた 緊張をとった遊び半分の自由な仕草だ
楽しい歌い方だ

子供が食事をする時のように
子供が遊びながら勉強をするような形だ

厳しい歌い方 祈り方 形にはまった歌い方 祈り方
バクターや ジェナーナなどのかたぐるしい
ある一定の決められた形のあるものでなしに
楽しんで歌い 動作が出来る
遊び半分でという言葉がもっとも的確なつかみ方かも知れない

そんな状態でおることが出来てきた
子供が 大人たちが形にはまって何かをしている時でも
その辺をうろうろするように 形にはまらず
風のようにゆれうごいている形のようだ
楽しいものというものだ

もう荒々しい世界はいやや
もうごめんや

今日小鳥が庭で カムカム
カム ヒヤ カム ヒヤと言ったが
そのことだったのか!!

1980.01.29.

| 1980年 | 13:27 | TOP↑

≫ EDIT

第一段階から第二段階へ

アメリカ人とアジア人の意識構造の研究に
約四年間 ついやして来た
そして 連なり合いの構図と向い合いの構図というものを
そこに見い出した

しかしアジア人の私がそのアメリカ人の構図になることが
とてもむつかしかった

ところがその苦労の結晶として見つかったのが
体質の「移殖」という事だった
それによっていっぺんにアメリカ人流の人間になれることが
可能となった

これでやっと 第一段階の人間になれたわけだ
第一段階以下にいるアジア人は 下落した人間といえよう

宗教や道徳観念の悪影響をうけて 硬く 
しかも傷ついた人間となりきっていたのだ
向い合いの人間に

それが体質の移殖の発見により やっと第一段階の
アメリカ人流の人間 連なった人間に帰れたのだ

ところが それだけでは十分でないのだ
アメリカ人が求めているものは更に高い第二段階である

その第二段階とは アジア人が目標としている宇宙との結合
宇宙をもこえた根源との結合
いわゆる「自己実現」そのものである

となると アジア人は第一段階をとばして
いっきに第二段階へと向かおうとしていることがわかる

一方アメリカ人は 
第一段階をなしとげている人々であるとなると
アメリカ人とアジア人の間に 
微妙なちがいがあることがわかろう

そこでアジア人に最も必要とされることは
アメリカ人がなしとげた第一段階を学ばねばならない
という事である

その事を アジア人は今まで気付いておらず
いっきに第二段階を突破しようとしてきたのである

足許を忘れた蛙が 天の星をとろうとするのと同じである
その第一段階とは 先ず人と人とが横に連なることである
アジア人はそこから始めねばならないのである

1980.01.29.

| 1980年 | 00:24 | TOP↑

≫ EDIT

消えた構図

向い合いの構図から 連なりの構図に人は
変わらねばならぬと言ってきたが
その連なりの構図の奥に 
消えた構図の世界というのがある

消えた構図の世界とは
構図の消された世界である
即ち 構図のない世界である

一元の世界といえども
一元という構図の世界で
宇宙一切が連なったという
大きい連なりの構図の世界である

その奥に その連なりをも越えた
構図のない世界が あるのである
それが ピュアーな根源の世界である

1980.01.27. 

| 1980年 | 13:15 | TOP↑

≫ EDIT

美をこえた世界

相対的に事物が 向い合っている構図
これは感覚的世界においてはそう見えるのである

人間も相対的に向い合って立っていると
間違った生活を起こす

それを連なった構図 即ち重なった構図ともいえるのだが
全てが一つであるという構図に改めるのである
そこには 一しかない
二つの性質のものが一つの所にある

いいかえれば 一つのものが二つの異なったものとして
存在しているという二重性の同時存在の構図である
人間は向い合いの構図から この連なった構図に 
帰らねばならない

大体 アメリカ人以外の人々は 向い合った構図の中に住み
アメリカ人は 民主主義という偉大な思想により
それを突破し 連なった構図の中に生きられるようになった
しかし人間は それだけでは不充分である

その宇宙の構図の世界は 
ただ下部構造の骨組みの世界であって
その奥に更に骨組みをこえた世界 即ち根源の世界がある

これこそ神 人 物 全てのものの根源であり
故郷なのである
人はその故郷に帰らねばならない

そこには 一も 二もない
ただピュアーが あるだけである
根源的真実な響き 輝き 消えた輝きがあるだけである

そこまで人は 帰らねばならないのである
相対の向い合う感覚の世界にも 
一なる連なる世界にも美があるが 
根源の世界には美もない

我々は 美とか 愛とか やさしさとかを超えて
ピュアーな響きそのものとならねばとならないのである

1980.01.24.

| 1980年 | 12:50 | TOP↑

≫ EDIT

魂の輝き

魂の輝きをえよ
魂の輝きを
汝は人でありながら
人でなく
魂の響きそのものである

輝きは人を越えて
そこにある

人間の意識から 魂の
響きにかえれ
魂は人ではないのだ

そこには 両性もなく
人もなく
それのみのある世界だ

1980.01.21.

| 1980年 | 23:24 | TOP↑

≫ EDIT

魂の独立

意識が宇宙的に独立して一本立つと 
身体から魂がぬけ出て大きくのびたように 
こつ然と立っている自分を見い出す

他の人も眼には ただ映じているだけで 
はっきりとらえないとらえる必要を感じないのだ

この飛び抜けて立った魂にとっては 
人は顔に輝きをもつことがある
それは 仕事の成績が上った時 金がもうかった時
異性と調子よくいっている時などである

しかし これらの輝きは
ドブに顔を突っ込んだ時の輝きに似ている

うっとうしいよりか 輝いた顔をしている方がましだが
もっとよい永遠の輝きを得なければならない

金に異性に人に意識が向いている間は
それらに とらえられているのと同じである

顔は小さくちぢこまって 意識は自分の五体と
それらのものとの間の狭い宇宙………
いや鳥小屋のような狭い小屋に入って
バタバタさわいでいるのである

意識が独立すると顔もりりしくなり 魂もよみがえり
にょっきりつき立って 木立ちの一本が山のように動かない
ものとなる
ほほえみ ひびき 輝き 大きく不動がそこから出てくる

そこには 人がない
そうなると その者は何をなすべきかがわかってくる
腰軽に人の手助けが出来 今せねばならぬ動作に
すぐ とび出してゆける

それが「人」にかかわっていると 自分の権威やたよる気持から
鋭敏な意識がにぶり
せねばならぬ事に気付かなかったり
傲慢になったり 他の人を見下げたりしてしまう

魂が一人 独立していないと 他の者の行為が気になり
善悪の中でそれらをとらえてしまうのである

一人が独立して立つ時 魂は人からぬけ
消えたものの響きそのものとなる

ヴェーダーンタは それら魂の自由を説き
禁欲主義と権威主義を破って
性の解放 人の解放 それらを越えてゆくことを
説くのである

1980.01.21.

| 1980年 | 19:32 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT