FC2ブログ

1980年01月 | ARCHIVE-SELECT | 1980年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ペギー

ペギーの家を訪れた
主人のエディが 喜んで立ち上った
私が来た事を ペギーに彼は大声で告げた
ペギーは台所からとび出してきた
両手を大きく上にひろげてかけてきた

彼女の母親は日本人だ
このかわいい日本娘を 私は娘のように思っていた 
彼女もそんな気がしていたのだろうか

アメリカの夜 アメリカの空
アメリカの空気はすばらしい
抱き合う二つの物体は一つとなる

これが 他人という二つの物体なのだろうか
アメリカには 他人という言葉を吹き飛ばすものがある
私はこれから それとちがう日本に帰らねばならないのだ

もくもくと 日本では一人一人が力いっぱい生きるために 
働いている
アメリカでは働いてはいるが
人と人の間に和があり 連なりがある

隣の奥さん ご主人とでも気軽にキスできるような
人間の連なりがある
アメリカ人は 必ず一つの本当のものを見つけるであろう

真実な方向へ 真実なる方向へと
彼等は 道を切り開いている
彼等は一歩も後ずさりはしない
過去のことを見ないし 
「私たちには 過去はないのだ」と誰しもが答える

過去は 彼等にとっては イタリア人であり 日本人であり
アイルランド人であり コーリヤであり
ロシア人であり スペイン人であった

それ等の過去は彼等にはもうないし いらないのだ
アメリカ人で十分なのだ
善し悪しを問わず 彼等は前へ前へ進む

1980.02.28.
スポンサーサイト

| 1980年 | 20:28 | TOP↑

≫ EDIT

感謝は古い時代のもの

讃える自分も 讃えられる相手もない
だが今日までの信仰と世界は それと反対に
生かされていることを感じ それへの感謝の信仰であった
善も悪もないのだ……何もかもを 礼拝せよ
といった 信仰だった

そこから 感謝 礼拝 聖母崇拝的 信仰……
生かされ 包まれ 育てられている力への礼拝がうまれた
月に対し 太陽に 水に 母へ 父へ 人々へ 食物へ……
全てに有難いという心を植え付けるのであった

それは相対の中での知識的 感情的 感傷的 
自己陶酔的な有難信仰である
誰の眼にも それは良いものとして見えたのである
尊敬 愛 やさしさ 感謝 礼拝 讃え抱擁 性器への信仰
本能肯定 性の賛美 大地への信仰 天への信仰
……これ等すべてが花咲き 乱れた

我々は そんなものから抜けたのである
こうして 今までのように気をつかってゆくと
いつまでも 気をつかってゆかねばならない

そして そこでは無礼な人だとか 私を尊敬せぬとか
感謝が足りぬとか やさしくないとか言って感情的となる
いい時はよいが それと反対の時はやっかいなことになる 
意識が光速化すると その辺をうろつかない

自己が光速のガラスばりになると 
他も透明化されてくる
ひっかからずに リズム的になってくる
響きの中で生きる人間になってくるのだ

硬いものは とかされて揺れ動いてくるのだ
自分がやわらかい波動の中へとけてくるのだ
消極的 あるいは受け身的であったものが
積極的な ゆれ 動き 走るものとなる
相対的に ものを受けとめている時間がない

感謝とか 崇拝とか 尊敬とかと
相手の人格や神格を見ている隙がない

受け身で隙のある者は 宇宙と自分との間に
いろんなものを花咲かせる

人と人との間に隙を入れるな
宇宙や神との間にも

1980.02.24.

| 1980年 | 21:53 | TOP↑

≫ EDIT

光速のガラスばり

ガラスばりのアメリカ人
ガラスばりのアメリカ人では まだだめだ
意識が一つに連なった人間であるけれど
まだ意識が光速以下である

光速以下の意識では 感覚の中をうろつく
感覚的連なりを越えることは出来ない
人間の意識に光速がかかってこなければならない
のろい意識では向い合いや 連なりの構図の中をうろつく

アメリカはガラスばりの意識から
さらに光速ガラスばりの意識へと進展せなばならない

透明はさらに透明になり 連なりの形から
消えた形に帰ることが出来る

火は赤い色から
青い火の色となり
更にそれが 白い火の色となるように
色 色彩 美 異性の世界を突破せよ

1980.02.23.

| 1980年 | 10:03 | TOP↑

≫ EDIT

オービューティフル

扉を開けよう あなたの閉ざされた扉を
かたくなに閉ざされて 風からふさぎ縮んでいるあなたの扉を

風はそんなに悪いものではない
嵐でないかぎり
風はあなたのように 自然に咲いた花々である

扉を開けよう カビが生えないように
家の中が暗くならないように
あなたの閉ざした扉は 宗教や道徳や
何やかやで 防衛しきっている

痛いきず口をぬぐおう
あなたの口に アメをほうりこんであげよう
あなたのほっぺにキスしてあげよう

扉は 風によって開けられ
しまいに 扉をとってしまおう
自分という型のないものにしてしまおう

光の速さがあなたの乗りものとなって それを住み家としよう
光速の乗りものにのって飛ぼう

おお ビューティフル おお ビューティフル
カリフォルニアの空と風のように
広く 強く 明るくなろう

1980.02.18.

| 1980年 | 12:46 | TOP↑

≫ EDIT

遊び半分の効果

遊び半分に二つあった
恍惚たる遊び半分と 普通の遊び半分とがある
恍惚たる遊び半分でいるのが本当だけれど
この荒々しい世界にいるとつい緊張の中に巻き込まれてしまう

そこで 荒々しい言葉などに出合った時などは
この普通の遊び半分という言葉が役立つ

痛みを感じた意識は一度にいい調子にしようと思っても
反応した後だから そううまく明るい気分に変わらない
変えようと思えば思うほど 緊張の中へ入ってゆく
そこでこの遊び半分を役立てるのである

ちょうど工事中の迂回路や 機械のパッキングのような
ものである
その遊び半分という迂回路は 緊張をやわらげ
無理なく 人をくつろがせてくれる

そしてもっと行けば 恍惚的遊び半分の世界にまでもゆける
物のない 人のない世界にまでも
人が居ても そこでは人が居ないのだ

人は 高い所のものを取ろうと思えば 足場がいるように
高い消えた 恍惚たる世界にゆこうと思えば
普通の意味での遊び半分というこの便利な迂回路を
利用すべきである

体は リズミカルになり揺れて来る
宇宙の音楽とも 合ってくる
三次元の この形のある世界から抜けてくる

1980.02.06.

| 1980年 | 11:13 | TOP↑

≫ EDIT

荒々しい世界とは

荒々しい世界は もういやだとある
その荒々しい世界とは 相手の荒々しさばかりでなしに
それにひっかかるこちらにも それがあるのである
愛も やさしさも それでよろこぶのも
荒々しいのである

愛するのも やさしくするのも緊張の一つで
荒々しい世界なのである

それらが荒々しい 緊張の気をつかう世界であると解ることが
先ず必要である

すると 向い合い構図 連なりの構図の世界を超えた
消えた構図の世界にぱっと おかれる

魔法のカーペットに乗せられて
ただちに恍惚の揺れ動く世界におかれるのである

そこは 相手も
それに ひっかかる荒々しい自分もない
消えた恍惚の世界である

遊びのような 世界だ

1980.02.05.

| 1980年 | 10:29 | TOP↑

≫ EDIT

旅の野郎

そこで居るようで そこに居ない
そこで居るようで そこに居ない
そこで居るようで そこに居ない
遊び半分のような構図の中を行くようだ

遊び半分の構図というより 何もないという構図だ
フワフワ風に吹かれただよっているような
あるようで無い構図の中を旅する 恍惚の中を旅する

そこで居るようで そこに居ない
そこに物が有るようで 物がない
そこに人がいるようで そこに人がいない
遊び半分のような恍惚の中だ 旅が旅しているようだ
宇宙は一つの果てのなき旅なのだよ ナア

旅する野郎が 旅しているのだ
旅が 旅するとはこのことだ
自分もなければ何もない 恍惚たる遊び 恍惚たる旅
恍惚そのもの 自由そのものがある

もう硬い世界にはいない
もう物のある世界には いない
硬い世界――もののある世界は緊張の連続だ

知的であっても やさしくあっても 神を真剣に拝んでも
神との合一を願っても すべて物のある硬い緊張のある世界だ
そこはもうごめんだ ここの方がいい

1980.02.04.

| 1980年 | 10:20 | TOP↑

≫ EDIT

遊び半分とは

遊び半分とは 現在意識で行う遊び半分ではない
恍惚そのものをいう

恍惚となって歌う 踊ることである
霊的世界にいることである
そこで恍惚となることである
ただ おどけた遊び半分の仕草とちがう

ラーマクリシュナは ブラフマンに合一してから
人間がこいしいから また人間の中に帰ったと
人は言うがそうではない

合一の世界で踊りと歌の中に入ったのである
いわゆる 恍惚の遊びの中へである

単なる遊び半分 いいかげん 冗談のような硬さをとった
やわらかさではない
合一がなり そこで歌い上げられてくるのである

すべての緊張が消えて
すべての荒々しさは消えて

1980.02.02.

| 1980年 | 11:04 | TOP↑

| PAGE-SELECT |