FC2ブログ

1980年03月 | ARCHIVE-SELECT | 1980年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

曲線の手の平を通ると

バウルの手は曲線である

バウルの手の平を通ると

何もかもが 曲線にされてしまう


バウルの手は 曲線であり

その手の平の間を通るものは

何もかもが

曲線にされてしまう


硬い直線のものが すべて

やわらかい 曲線にされえ

しまうのである


曲線の手

曲線の手の平を

汝は もっているのである

汝は  バウル

汝は バウル

汝は バウル


1980.04.28.
スポンサーサイト

| 1980年 | 12:34 | TOP↑

≫ EDIT

防衛をとれ


防衛をとれ

防衛をとれ

物事 言葉にひっかかるのは

自己を防衛しているからである


名誉が それによって

きずついたり

はずかしめを 受けたり

腹が 立ったり

暗い思いに させられたりするのも

やはり

相手の問題でなしに

自己の内に その問題が

あるからである

――それは自己防衛

防衛がそうさせるのである


防衛さえ とれば

けろりとしてしまう

何ら 暗くなったり

腹を立てたり 他を

批判したくなったりする必要が

なかったのである


人はすべて 自己でなしに 他に

問題があると 考えがちだが

それは 自己を防衛しているから

そのように ひっかかって

心を 暗くしてしまうのである


防衛をとれ 防衛を

とれば 何もかもが 明るくなる

明るい世界に みちびかれる


1980.04.25.

| 1980年 | 13:38 | TOP↑

| PAGE-SELECT |