FC2ブログ

1980年06月 | ARCHIVE-SELECT | 1980年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

胸をはって歩け


光速 光速 光速以上の彼方でおれ
光速から落ちると 人間はくだらぬ人間に落ち込む

光速 光速
光速以上の彼方にいると 人間という自分も付いて来れない
下から上に上がろうという自分というものに 
人間は憑りつかれているのである

呪われた人間 自分に憑りつかれた人間
自分も付いて来れない世界におれ

光速の世界
そこにはピュアーしかない
ピュアーの中には何もない
何者も付いて来れない彼方に居れ 
それこそ本当のお前だ

自分をも追っ払え 付いて来させるな
自分とはくだらぬものだ
お前になれ お前に帰れ
本当のお前は光速をこえたもの 根源そのもの

ピュアー ピュアーなるお前に独立せよ
お前は一人なのだ
二人の世界に入るな
胸をはって歩け

1980.07.31.
スポンサーサイト

| 1980年 | 10:39 | TOP↑

≫ EDIT

ビートルズが教えてくれるもの

ビートルズ音楽の中に 一つの偉大なことを発見した
それは下から上に行くのでなしに
上から下に来ているということであった

人は下から上を見て 上へ上へと行こうとしているが
本当は上から下にやって来なければならない
ということである

宇宙は根源的なものと それの現われと 
そして それから更に展開されたものとがある
芸術の世界でも 宗教の世界でも同じだ

人は下から上ばかり仰いでいるが 
いつまでもそんなことを していてはいけないのだ

プレスリーの音楽は 下から上をのぞんでいる
だから 感情やこうあるべきだという型がある
それは 彼自身の心にまだ硬いからがあるからだ
だから 彼の音楽がかかると大体の型が……
型のある踊りが始まる

だがビートルズの音楽では型のある踊りより
自由な踊りが生まれてくる
ビートルズは 根源をつかんでいる
その根源から彼等は現われとして 下りて来ている
根源的なもの 現われ 展開

根源的なものには 消えた波動がある
現われは そこで始めて波動 揺れとなって現われてくる
だから下におりて来て 現われとして来た人間の状態は
体が揺れていなければならない
それが 展開となると踊りの形となって現われる

歌手が歌をうたう前に 体が揺れていなければならない
バイブレーションに揺れていなければならないのである
そして背中のA点に意識を集めて
そこにおきるバイブレーションで 歌わねばならないのである
芸術においても 宗教においても 人においても
その「揺れ」……バイブレーションがなければだめである

今までの芸術や宗教には 光速のバイブレーションがない
硬いことをいう説教などはこれからの時代のものではないのだ
そんなものは 下から上にゆこうとしたものだ
インドの宗教でも 論理をこねくりまわして
下から上に上がろうとしている

寺院の門前には市場がひろがる 
線香やベルが売っている 数珠が売っている
それらを身につけ 神に捧げる花を買って寺の門をくぐる 
説教を聞く

これも 神への飾りつけである
神の像の前でひざまづく 神への讃歌が歌われる
そうしなければ 下から上へ行けないのだ
だが ビートルズの音楽は教えてくれる
上から下に現われて来いと

その根源に 我々が飛び込むにはどうすればよいのか
星だ 星を見て光速を頭にかけるのだ
そうすれば コンピューターの回転が速くなってくる

そして 神を尋ねるのでなく 
自分は「人間である」と 直接に自己を直観することだ

人間が人間を見つけないで神を見つけにいっている
これはおろかな事だ
先ず人間が「自分は人間だ」と知ることである

人間が人間だとわかった時 
それは自己の根源に帰ったことである
相対的直観から 直接的直観に帰れ

人は上から降りて来ることができる
根源の現われとして 人は来るのである
その時 人は体が揺れている
バイブレーションに満ちている
それだけで十分だ

知識や情感の世界を捨てよ
バイブレーションの世界でおれ
光速コンピューター人間となれ

1980.07.15.

| 1980年 | 14:24 | TOP↑

≫ EDIT

ビートルズ音楽のすばらしさ

今夜 ディスコを踊った
そこでビートルズ以外の音楽と 
ビートルズの音楽の違いが
はっきりわかった

ビートルズ音楽はとてもすばらしい
仏陀やキリストより偉大かも知れない
ビートルズ音楽をかけるとすぐのれる

だが それ以外のディスコ音楽には
知情意があって そこに型がある
踊る者をして 型にはめさそうというものがある

その点 ビートルズ音楽にはそれがない
それには 人をとらえるものがない

歌には 三種類ある
根源的「歌」と
現われとしての「歌」と
歌われたものとである

音楽も根源的音楽と
現われとしての音楽と
音楽として展開されたものとがある

ビートルズの歌と音楽は 
始めにその根源にたどりついていて
その根源から現われ 
その現われとしての音楽で留まっている
決して 展開までやって来ていない

展開には知情意があるが 彼等の音楽にはそれがない
根源的な響きでもって人々をゆさぶり
踊らせ 歌わせるのである

しかし 決して型を人々に押し付けないばかりか
型と知情意を人々から取り除いてしまうのである
人々は 型と知情意のない根源的な世界へと
いざなわれるのである

その意味において ビートルズの音楽は
地上でも まれなものといえよう

説教でなしに 地上の人々を人種を越えて
酔わしめた その理由がここにあるのである

1980.07.14.

| 1980年 | 13:25 | TOP↑

≫ EDIT

荒々しい世界からおりよ

「荒々しい世界はいやだ」という
この言葉は 人を救う

人はこれを となえる事によって
人の中にとどまりながら 人の中におらず
人の行為を見ていても 人の行為を見ない

人の好き嫌いも ここではとんでしまう
感情その他は すべて「荒々しい世界」であるから

とにかく 問題を自己の内に持たせるのは
自己の居る位置がわるいからだ

その位置とは「荒々しい構図の世界」ということである
そこにいては いつまでも人は苦しむ
問題ばかり 自己におこさせる

聖を追うのも 人間を追うのも 神を追うのも
神を拝むことに夢中になるのも
人を 好き嫌いするのも
他の者の行為や言葉が 自分にひっかかるのも
やさしくするのも しようとするのも
すべて 荒々しい世界なのだ

人は人の中にいて 人を自己の中に入れない
神の中にいて 神を入れない

良くなろうという中にいても それを自己の内に入れない
それら 荒々しい緊張の世界構図を蹴とばせ

「荒々しい世界はいやだ」ととなえれば
その構図から抜けられる

今自分のおる心の世界が よくない世界なのだと認識すること
認識しないと いつまでもその構図の中にいて
何とかしようとか……そういう努力を続けるのである

相撲取り 「力士」が土俵から降りるように
そこから 降りねばならないのである

1980.07.09.

| 1980年 | 11:23 | TOP↑

≫ EDIT

しっと

「嫉妬」心は どうしたら消えるか
嫉妬心ほど 苦しいものはないだろう

「嫉妬」は やはり相対構図にいるからわくのである
その構図を変えない以上 それはどうしようもない

すべて構図だ
ひっかかる構図におれば ひっかかるのは当然だ

構図さえ変えれば なんともなくなる
相手を悪いと思っていた事が ばからしくなる
相手が悪いという事は この世にはほとんど無い

では その構図をどのように変えるか
それは……「消えた構図」の中にとどまればよい

相手の行為があるだけで それをとらえる自分が無い
透明な自分が そこにあるのを感じられる

透明に いつもなっていないから
ひっかかるのである

荒々しい世界からおりよ
透明で 行為のない相手が分かってくる

1980.07.03.

| 1980年 | 09:59 | TOP↑

| PAGE-SELECT |