FC2ブログ

1980年07月 | ARCHIVE-SELECT | 1980年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

サリー達の帰国

やっとサリー達が出発した
館内はシーンとした
1時から夜のお祈りまでの小雨模様の部屋の内は
うっとうしかった

何をしても落ち着かなかった
見送りに行った者も帰って来てお祈り 
夕食をすませた……が落ち着かなかった

ここ20日間の騒々しい日々と時間が 大分と神経を
この学園を 俗界の空気に巻き込んだ
しかしその間 何かを自分は得ているはずだ

それはガラスばりの世界とワンダフルの世界を
自分はつかんだはずだ
はずであってはならない 
そうなるべきだ

ガラスばりとワンダフルに今は ほほえんでは居れない
迂闊に行ってはならない時なのだ
この二つを真剣に実現せねばならないのだ
私はもうすぐアメリカに 又第四回目の出発だ

どうか 人類が………世界が救われるこの二つの出来事が
見事に私のものとなり
又 それが人類のものとなる日の近いことを願う

1980.08.31.
スポンサーサイト



| 1980年 | 15:44 | TOP↑

≫ EDIT

カリフォルニアドリーム1960年代

1960年代のアメリカ映画をTVで見る
しかしこれらは アメリカにおける1960年代のものだ
性の自由というか 禁欲主義崩壊の開幕のようなものだ

暗いものと明るいもの
明るいものと暗いものとが交差している
1970年代はそんなものとは違う

善悪 誠意を問われる時代から
夫婦交換等のガラスばりの時代へと突入している
本格的に人間開花期へと突入しているのだ
そしてすでに 1980年代へと突入している 

過去のものは いつも古いもの
暗いものとなって 後ろに流れ去ってゆく
この奔流に誰が抗しえようか

目覚ましい世界の進展の中で
日本人は あれよ あれよと眼を見張るばかりとなる
このガラスばりの曙の時代にあって

1980.08.30.

| 1980年 | 15:40 | TOP↑

≫ EDIT

これしかない

ワンダフル

ワンダフル

直接直観


ワンダフル

ワンダフル

ワンダフル

これしかない


1980.08.29. 

| 1980年 | 10:36 | TOP↑

≫ EDIT

宇宙的ワンダフルの効果

ワンダフルを忘れるな
「ワンダフル」 この言葉を思い出すと
すべての調子が一元的になり 整い 
エネルギーが湧いて来る

これを宇宙大に拡げ 宇宙的な「ワンダフル」を
心の中で唱えると震え 宇宙の中で整う

この宇宙的整いは 宇宙の自由の優先という位置の
回転によってやって来るのだ
ただ単なる宇宙を讃えるワンダフルとはちがう

回転 回転
宇宙と自分が 一つの中心軸を中心として
舞い始めるのだ

ワンダフル  ワンダフル
あなたも 私も 宇宙もワンダフル

回転 回転 踊り 踊り
神話だ 回転だ

私も あなたもない回転だ

1980.08.19.

| 1980年 | 11:20 | TOP↑

≫ EDIT

優先 神話 夢 一本立ち

優先は神話をつくる

ワンダフルという言葉が

生まれるその

ワンダフルが

すでに神話である


神話は夢である

ほほえみは神話である

一本立ちは神話である

1980.08.14.

| 1980年 | 16:45 | TOP↑

≫ EDIT

人と人との壁が

鉄が磁石に引き付けられるのは
磁気がそこに現われたからである
磁気――

人と人との間に磁気のようなものがやってこないと
人はいつまでも向い合っている

磁気が来たのだ
人と人とがひっついた
踊りが踊りとなった
いつの間にか人々の方を向いて踊っていた
人が人々を気にするのは 人が人々とまだ
相対的におるからである

それがくつきがやってくると気にしなくなる
人々の方を向いて踊れてくる

踊るのでなく踊れてくるのである
宇宙的な踊りを

「優先」「ワンダフル」が先ず人と人々との壁を取った

その壁がとれない以上 神とか 宇宙とか
ブラフマンとかいっても無駄である

1980.08.09.

| 1980年 | 23:53 | TOP↑

≫ EDIT

ワンダフルの一本道

優先とワンダフルからいつまでも
抱き合っておれるようになった
他の人が側にいても いつまでも
優先ということで 人の中で自己の位置が消える

ところがこの方法だけでは 宇宙的に自己が消えない
宇宙的な震えがやってこないのだ
そこで人間から宇宙へ その優先を切りかえてみた
だがそれは 一つの技巧に過ぎないことだと分かっていた
そこでせっかく いつまでも抱き合えるという
いいところまで行っておりながら
ちよっとした難局にぶつかっていた

ところが その苦しまぎれの中にあって
《やっぱり光速の彼方》という人間から離れた世界
……光速 星の彼方 胸を張って歩けの詩をもって来た
途端に 宇宙的自己の震えがやって来た
宇宙的に消える世界に突入した

それと 他の人の自由の優先とどこでどうかみ合ったのか
踊りの時にまともに踊れて来た
インスピレーションに輝いて 力一杯の踊りが来たのだ
それが一つの次の型となってやって来た
それは 今までにないものだった

それは無意識的に人々の方を向いて踊りが
なされて来たのだった

今までの踊りはいつも前面を向いての踊りだった
ところが 後ろ向きになって人々の方をむいて
踊りがなされてきたのだ

ふとその変化に驚いた 変化だ 突然の変化だ
これがどうしてこうなったのか……と考えた
やはりその経過がはっきりしていた
いわゆる 人間と完全に関係がなくなったのだ
なくなったという事は完全にひっついた という事である

関係があるという事は 相対的であるという事なのだ
他の人が気になっていつまでも抱き合っておれないという事は
相対だからである
アジア人にはその欠陥がある
人と人が向い合って少しもひっついていない
人と人との間があり空間があるのだ
それがアメリカ人にはないのだから不思議だ

それが 優先ということからワンダフルが生れ
ワンダフルから差別 空間が消えていったのである
むろん人種差別は今でも残っているが
残っているという事は 消えていっているという事である
いつまでも変わらずに依然として同じくある
という事とはちがう

優先 ワンダフル これが人々を救った
人と人がひっつき始めた 他が気にならなくなった
私の場合も先ず最初にいつまでも人を気にせず
抱き合っておれるようになった
そしてその次に光速がかかってくると
その踊りが 人々の方を向いて踊るようになった

それは人々とひっついたが故に
人々の方を向くようになったのである
これは 向い合っている相対関係をいうのではない

相対関係にいると人は人の方を向かなくなる
いわゆる 人と離れて自分の位置にいるのである
人と人がひっつくと いつまでも人の方を向いて
宇宙的踊りがなされるのである
そこには 恥 外聞 見栄 見せかけが少しもない

それは それ等と一つになって消えた状態で
踊れているのである

アジア人は人や世界と合一し 更に超越することを学んだ
しかし 人と人がくっつく事なく聖者とか 神聖とかの
方向に逃げ勝ちだった
神や神秘主義的な方向で自己陶酔する恐れがあった
いわゆる「聖」なるものへの精神病にかかっていたのである

聖 神聖……の深い闇を破って
ワンダフルの一本道に邁進しよう

1980.08.09.

| 1980年 | 13:17 | TOP↑

≫ EDIT

優先 優先


優先 優先
優先と ワンダフルを見つけてから
キスして 抱き合っても
いつまでも いつまでも
抱き合っておれるようになった

人がそばにいても
少しも 気にすることなく

不思議な 変化だ

また 手を高く上げて踊っても
前方ばかり 向いているのでなく
人々に まともに向って
踊れるのでる

人々とすべてが まともに
その相手となったからだ

すべてが ワンダフルの中に
入れられてしまうからだ

1980.08.09.

| 1980年 | 10:55 | TOP↑

≫ EDIT

宇宙のすべてに ワンダフル

相手の人の自由の優先

これは アメリカ的第一段階である

第二段階は 宇宙的でなければならない

宇宙のすべてに ワンダフルが言えてくる


踊りが始まる

私のない すべてである

ワンダフルの踊りが始まる

1980.08.05.

| 1980年 | 22:15 | TOP↑

≫ EDIT

ワンダフルが通過する

人間は幾何学の世界を通過しないと根源に帰れない
なぜならこの宇宙の構成は幾何学的構図があって その上に
この眼に見える「有」の世界が存在しているのだからである

異質のものの同時存在する世界と物理学では 言っている
――光が光波と粒子で出来ているように
時間と空間 質量とエネナルギーもそうだ
同じ一つの物が異なった性質の二つのものになって
しかもそれが 同時にあるのである
それが幾何学的構図なのである

構図が母胎なのである
だからそこを通りぬけないと故郷へ 同じ一つのものの世界へ
ゆけない

話は一変にとぶが「ワンダフル」と他の者に言えるように
自分を訓練することだ
こんな事がどうして根源へ行ける方法なのか
これがどうして幾何学の通路を越えることになるのかというと
「ワンダフル」と他の人の一切に言えるという事は
「他の人の自由の優先」という事を重きに置くと
そう言えるようになってくるのである

「他の人の自由の優先」とは 自分中心にいたものが
他の人中心になる事であり それは自分から他へ
自己の意識が 幾何学的に変化しているからである

「変化」 変わること
こちらとあちらが変わること
これがそれである

この方法は一般者にとって容易な方法である
アメリカ人はこの方法によってあの「ほほえみ」を得たのである
一元のほほえみを
なぜならそこでも 自己が徐々に消されるからである

一元のほほえみは 自己を消し 多くの人々と 
一つの体になったというその連なりの中から生まれてくる
自己を消すこと
自己を消さないと 何事も本当のことが起きてこない

ワンダフル ワンダフルと 他を讃えていると
自然に自己が消えてくる
消えてくると余計 宇宙に満ちているワンダフルが
わかってくる

自分と他 他と自分というものがあるのも
この相対界の構図の一つである
その相対構図の中をワンダフルが通るのである

1980.08.05.

| 1980年 | 19:54 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT