FC2ブログ

1980年09月 | ARCHIVE-SELECT | 1980年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

曲線の歌い

やさしさ 愛等々は

直線の世界の産物である

それを 破るものは

それを 破れるものは

曲線しかない


相対の世界にうろつく

これら 愛ややさしさは

いつまでも

よろこびと悲しみの

製造所である


これから 抜け出せるのは

曲線の道しかない

曲線の道は 四次元的

世界である


やさしさ 愛 その他

人間関係の中でおき

使用されている 知情意は

三次元的であり

直線の世界である

その硬い知的なものに

曲線の「遊び半分」という

ものを ぶつけてみよ


遊び半分……何と

我々にえんの遠い言葉で

あろうか

遊び半分とは なまけものの

代名詞か

悪の代名詞のようにしか

ひびかない


それ程 われわれは

硬いのだ


遊ぶこと

遊ぶことを 知らない我々

遊び半分になれない我々


いつも 善か悪かのいずれかを

みきわめながら

歩いている我々


だから 明るさを失うのだ

明るさは 曲線の波動だ

曲線は 遊びだ 遊び半分だ

かたむきだ


硬い人間は理屈ばかり

考える

何も考えずに 体をゆさぶっておれ

体に歌わせろ

体に踊らせよ

曲線こそ 宇宙的「あらわれ」

である


1980.10.26.
スポンサーサイト

| 1980年 | 14:12 | TOP↑

≫ EDIT

水も人もゆさぶると うまくなる

水はゆさぶっていると

うまくなる事を 知っていたが

人間もゆさぶっていると

うまくなるのだ

柔らかい人間となるのだ


人間はいつも 硬いことばかり

考えすぎているか

さもなくば ずるい悪い事を

考えているのだ


悪い事とか 善い事とか

硬い事とか という世界以外に

それとちがって 真実な世界がある

それは 恍惚に光輝いている

世界だ


水がうまくなり

人がうまくなった世界

人類はまだ この世界を

知らない

どんな事なのか 

どうなるのかも 知らない

未知の 世界なのだ


いわゆる 曲線的「あらわれ」

のみの世界だ


「根源」「あらわれ」 「展開」

と三つのものがあるが

ビートルズの 音楽のように

「あらわれ」のみで とどまるのだ


ここは 知情意の世界でなく

「波動」 「曲線」 「かたむき」

「時空をなくした」世界なのだ


いわゆる 「恍惚に輝いた世界」

なのだ

これを ピュアー文明の世界という


ここでは人は 立派なよき社会を

つくれるし

経済 生産 人間関係

その他 あらゆるものを最高級化

することができる


現在の文明は 精神文明で

あって

荒々しい 直線と直線

感情と 感情

知と知の交叉する世界であり

文明である


そこでは 何もかも神話的でなく

恍惚的でなく

中途半端で

ぶつかり合いの生活であり

人間をダメにし

不発人間で おわらせている

世界だ


ここに 曲線的

四次元的生活

―人間のあり方の

すばらしい 世界があるのだ


ピュアー文明 ピュアー文明

体をゆらゆら ゆすぶらせ

透明になっている人々の

世界

心に何の囲いも 持たない

人々の世界


ビューティフルな世界が

くるのだ


1980.10.23.

| 1980年 | 11:28 | TOP↑

≫ EDIT

二匹の蜂がいた

二匹の蜂がいた

もう二十日以上も 二匹で

トイレの窓のすみに 住んでいる


二匹は ほとんど動かずに

居る

何も食べずにいる

のだろう

二匹で 仲よくいる

そんな或る日


私の部屋の 外の屋根に

巣をつくっている蜂どもの

うち

一匹が

私の部屋に まよいこんできて

一日中ブンブン そこいらを

とびまわっていた


ところが その蜂が

夕刻には コロリと

畳の上に 横になり

見ているうちに

動かなくなってしまった


そこで 私は関心した

あのトイレの 窓の隅にいる

蜂の二匹の生命力を


一匹のまよいこんだ蜂は

逃げようという その恐怖心で

一日中 バタバタして

飛んでいた


……たった一日で それは 

死んでしまった


だのに 二匹の蜂は

何も食べず

二十日以上も 生きている

それが これからも

あと何日 生き通すか

わからないくらい 

平然としている


恐怖心は 弱いものだ

……自ら 死にいたらす

ことすみやかなり


また 二匹よって多分

愛し合っているのであろう

……強いこと 強いこと


それにしても 集団生活の

蜂だというのに

……ははん

この二匹は かけ落ちして

来たのだな


それにしても 

みあげたものだ

この独立心に――


私は この二匹の為に

食べ物を運んでやろうと

思わされた

そして

その窓の 二匹のそばに

はちみつを 付けてやった


1980.10.21.

| 1980年 | 21:04 | TOP↑

≫ EDIT

アメリカ民主主義に学ぶもの

アメリカ人には アジア人がもっている

ような ある種の悲しみは

もっていない


なぜそんな悲しみがわかないのか

それは そんな悲しみがわかない

心の構造になっているからである


アジア人は 二元的というか

相対的であるのに 比べて

アメリカ人は 一元的である


相対的な二元の中で

生きていると

悲しみと よろこびが

同居している


アメリカ人は 独立心がつよく

一本立ちしている

それは 彼等の民主主義という

歴史が ……そうさせたのである


教育が 大切だ

正しい 教育が


他によりかからずに

一人が 立って歩くことを

教える教育が


期待は 人を弱らせ

人の頭を わるくする

一人立ち する者は

頭が シャープになる

頭の回転が速くなり

スマートに なるのだ


自己の殻から すみやかに

ぬけ出そうとする者は

すべての人々と 連なって

ゆこうとする

スピードが速い


速い者は とびはねることも

出来る

宇宙にまで 飛びはねることが

出来るのだ


次の時代は 宇宙時代であり

宇宙をもぬけ出る時代なのだ


自己を 小さい殻にとじこめて

おかないで

宇宙に つきささる一本の

矢のように

はるか 彼方――根源の彼方から

この宇宙に 飛び降りて

来てみよ


小さい自己 弱りきった自己

地球や人間を たよりにして

生きている

自己


そんな自己を てってい的に

ぶちくだけ


宇宙の彼方に 住む者よ

地球を 弱虫たちの住家と

するな


1980.10.21.

| 1980年 | 11:06 | TOP↑

≫ EDIT

生命の誕生 暗黒の世界

暗黒の世界

暗黒の世界

生命の誕生

宇宙の誕生


大波が 打ち

波涛の どよめき

一つの動き


そのすさまじい

音 ひびき

すさまじさだけが ある

大どよめきだ


そこから生命が誕生する

最初の誕生の一瞬だ


大暗黒

それ以外には 何もない

光も その他の物……一切

何もない

ただ 暗黒がある

大波がそこに 

うちよせるのみだ


大音を

大ゆれを

大ひびきをもって

それは ゆれている

エネルギーと

光と 太陽も

そこには 何もない


「有」がはじめて

誕生する一瞬だ

その姿がお前だ

お前は これだ


大暗黒だ

大津波だ

何千年

何万年

それが つづく

大瞬間だ


大暗黒

大暗黒

それが我等故郷だ

大津波だ

大恍惚だ

神だ ブラフマンだ

お前だ

お前の真相だ

永遠だ

崇拝 崇拝

礼拝 礼拝そのものだ


1980.10.07.

| 1980年 | 20:54 | TOP↑

≫ EDIT

大感動の至福の中に立て

人間は余り人間の中に入り

すぎるのである

人間にかかわりすぎるのである

そのかかわりは

本当のかかわりには ならない


本当のかかわりが 必要である

それは

人間とのかかわりを求める

のでなく

曲線 波動 本性に

かかわることである


直線的かかわりでなく

人間とのかかわりにおいても

ゆれた 曲線的

かかわりが必要である


神話が 神話が

そこに そこに やってくる


性をむだに つかうな

人間と人間を むだな

かかわりに するな

性は 愛欲の中で

行うべきではない

ゆれた 曲線的

神話の中でこそ 行え


宇宙的かかわりを

すべての行為の中に入れよ


曲線 曲線 波動 感動

宇宙的感動の中で 消えよ

消えて たつのだ


我々は 直線的世界を

永い間 つづけてきた

ぶつかり ゆがみ合い

しっとし合い うらみ合い

苦しい感情の世界を展開して

きた


これは 我々の本性が

曲線 波動 宇宙的感動

そのものであることを

忘れたからである


ゆらゆらと体をゆさぶり

心をゆさぶってみよ

直線的思考はなくなる


人間と人間とのかかわりも

その中心に曲線を

入れこむことを 忘れるな

曲線をとおしてでないと

我々には 幸せが 

やってこないのだ


曲線 曲線 感動 感動

曲線をとおして

宇宙につっ立て


人と人の中に つっ立て

偉大なる至福が

そこに まっているのだ

透明なる至福が


1980.10.05.

| 1980年 | 17:19 | TOP↑

≫ EDIT

体をゆすっておれ

何も考えるな

何も考えるな

ただ 体をゆすっておれ

四次元に 四次元世界に入る


何も考えるな

何も考えるな

ただ体をゆすっておれ

四次元に 四次元世界に入る


二次元や三次元の直線思考から ぬけ出よ!

体をゆすっていると 体全身が波動化してくる

すなわち曲線化してくるのだ


人間の創造性を扱う脳の右半球が

動いてくるのだ

人間のコンピューターに与える最良の記号は

このような曲線的記号である


1980.10.04.

| 1980年 | 21:07 | TOP↑

≫ EDIT

光に輝いて立て

人は余り人に たより過ぎ

自己をわすれている


波動体である自己を忘れ

直線的思考の中ばかりで

生きている


自己は 曲線体であることを

忘れているのである

曲線体とは 自由の

別名である


自由を うしなって

直線思考で 出来上った

形の中で

生きている


ああしては いけない

こうあるべきだ という

硬い形の中で生きているの

である


そこでは 知的に 感情的に

人と人が ぶつかり合っている


直線的な考えとは

三次元的であり

縦 横 高さで 宇宙をつくる


しかし この宇宙は 三次元

でなしに

四次元からも 出来ている

縦 横 高さに 時間が 加わる

時間のある世界である


この四次元の 世界に入ると

人は 曲線体的思考に

入れかわる


ゆらゆら 揺れた 柔らかい 

世界である


三次元的な直線思考の

世界では

道徳的 宗教的に

硬い形を つくって

人を 囲いの中に しばり上げる


我々は これら硬さ 囲いを

破って

うなぎが 網からぬけ出る

ように

四次元の 柔らかい ゆらゆらした

波動の世界に 帰らねばならない


波動の世界には 遊びがあり

助かりがある

助かるのは この世界に

おいてである


ここでは 人に 助けてもらう

のでなく

自分で 自分を助けるのである

自己の内なる 波動 感動

遊び 自由によって

自己を よろこばせ

他を よろこばせ

恍惚と化すのである


人は人の中で 助かろうと

するが

人は 自己の中で助からねば

ならない


一本立ち するのだ

一本立ってくると

宇宙が 舞台になってくる

人も地球も よせつけない

一本立ちの 波動体となる


光に輝いて 透明体となる

どんな事があっても

おびえず くじけず

一人宇宙を かけめぐる


翼なき光速の



光速をもってかけめぐる



1980.10.04.

| 1980年 | 11:17 | TOP↑

≫ EDIT

躍動と感動は人間のいのち

躍動だ 躍動だ

愛ではむろん なかった

人間の 救われる道が


宇宙全体の 真理も

人間全体の 真理も

愛では ないことが

はっきりした


躍動 躍動が 人間の本性

であり

宇宙の本性でもある


躍動だ ひびきだ

バイブレーションだ

宇宙的バイブレーション なくしては

真のよろこびを得ない


たとえ短い 人生であっても

たとえ短い 男女の交わりで

あっても

知的さぐり合いでなく

批判を少しも入れずに

ぶつかり合い

抱き合い


たたずんでいてもいい

一つのバイブレーションの中に

とけ入れたなら

最高の幸せをうる


人は長く 生きる必要は

ないのだ


永遠のバイブレーションの中に

とけこむこと

これこそ 幸せの絶頂である


人でありながら 人からぬけて

人に くっつけ



1980.10.02.

| 1980年 | 10:25 | TOP↑

| PAGE-SELECT |