FC2ブログ

1981年01月 | ARCHIVE-SELECT | 1981年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

春はゆれてあるものです

「春はゆれてあるものです


だから花が咲くのです」


1981.02.20.
スポンサーサイト

| 1981年 | 09:40 | TOP↑

≫ EDIT

島宇宙と宗教

我々のすんでいる銀河系

のようなものが

この宇宙にたくさんあって

その星雲が

互いに えらい勢いで遠のいて

いるという


この地球から見てもそれ等が

遠のいているし

その他の星雲から見たとしても

この地球も えらい勢いで

遠のいているのである


そこである科学者が言うには

もしキリストが生きていた時代に

この事がわかっていたら

当時の人々は これを

どのように理論づけたで

あろうか


それは 明白である

即ち 地球人が 余り

悪い心をもっているから

その星雲にすんでいる生物が

こんな地球から遠のこうと

言うことで

遠くへ去っていっているのであると


このように宇宙のことを

昔の人は

すぐ宗教的にとらえてしまい

簡単にそんな幼稚な結論を

出してしまうのである


このように我々現代人は

このような 幼稚な結論に

よってくみたてられて来た

道徳や宗教理念によって

育て上げられてきたのである


何か言うと人間はこうある

べきだといって

宗教用語と道徳用語を

縦横にふりまいて「説教」

というものを造り上げ

そのつくり上げられた説教

によって

育てられ 成長してきたのである



例えば 良いとか 悪いとか

優とか劣とか

道徳的とか 不道徳的とか

損とか 得とか 罪多いとか

……そういう宗教でつくり上げた

用語をもちいて

人を左右してきた


ところが人間はそんな用語で

人と宇宙を研究することは

出来ないのである

……にもかかわらず人と宇宙を

宗教用語でもって

さばいて来たのである


人は宗教用語によって

導かれるものではない

それらは間違った言葉である

人を研究するには宇宙を

研究するのと同じように

科学的でなければならない


宇宙の構造が一般相対性

理論によって

よりたしかに解明されてきた

ように

人間もそうされなければ

ならないのである



人間の助かる 助からないは

人間の構造問題にかかって

いるのである


それを宗教用語を用いて

お前は罪多いとか

お前は善人であるとか

悪人であるとか

欲をなくせ……とか

教えて来たのである


そんなもので人間の欲は

消えるものでもなく

はずかしいとか

名誉心とか

どん欲な性欲とかが

なくなるものではない


人間がこの宇宙に住みついて

からの歴史は長い

しかしそれが今からつい

六十年ほど前にはじめて

一般相対性理論があらわれてから


今日までの 宇宙に関しての

文学や思弁的な哲学が

その座を

物理学にゆずらなければ

ならなくなったのである


ところが 宗教においては

その座を いまだに物理学に

ゆずろうとはしていないのである

……宗教用語がいまだに

人々の間をかけまわっているのである


人は自分の内にもつ構造の

世界をなくしたら

すぐ救われるのである

という事を そのうち人々は

気付いてくるであろう


グニャグニャ フワフワした

人間にならない限り

人間は この複雑をようする

機械技術文明をも

コントロールしてゆくことが

出来ないのである


1981.02.14.

| 1981年 | 22:17 | TOP↑

≫ EDIT

宗教の説教

宗教の説教など 余り役に立た

なかった理由が

わかってきた


私が以前に 宇宙は

歓喜の涙の噴水の花だと

いったが

それは 自分がないというその花だ


構造がこわれた その恍惚の

フワフワ グニャグニャの風のような

硬さが少しもない

つき当るものの少しもない

世界の空気


骨ぬきに なったような

「ほほえみ」の花なのだ………


それだ それだ!

ラーマクリシュナは 少しも

構造をもたなかった人だ

といえよう


彼の前には人も 神も

計算も 明日も

いらなかった

ただ あるものだけがあった


1981.02.14.

| 1981年 | 12:34 | TOP↑

≫ EDIT

宇宙構造と人間

グニャグニャな世界

このグニャグニャ

……構造をとった世界

これがラーマクリシュナの

あの「ほほえみ」である


そのグニャグニャ

……荒々しい世界をおりた

この世界の

その状態

これが「ほほえみ」であり

開花された 宇宙である

グニャグニャが

ほほえみであり

花なのである


ほほえみが花

宇宙大にさいたほほえみ

これが花であり

これがグニャグニャである


構造のない世界

……硬いものが 少しもない世界

ひっかかりが少しもない世界

たし算 引算 掛算

こんな事もない世界

これがグニャグニャの世界である


これが「ほほえみ」の世界であり

花なのだ


宇宙の構造はものすごく

整然としている

遠い遠い 星雲の世界

……これら星雲の位置も

均等性という原理と

一致しているようだ


このような複雑かつ均等性

をもつ宇宙の構造を

そうあらしめている根源は


その「構造」のないもの

そういうものが 根源で

なければならない


もしブラフマンの性格を

言わんとするならば

構造のないもの……と

言える


その構造のないものが

ブラフマンであるなら

我々の内にもあるという

アートマンはこれと同じく

「構造のないもの」でなければ

ならない


それではっきりすることは

構造のない状態に人が

ならなければ

人は まともに生きてゆけ

ないということである


1981.02.14.

| 1981年 | 12:28 | TOP↑

≫ EDIT

はずかしいも硬い構図

今朝 はずかしいという事も

構図をなくすと

なくなるという事がわかった


アメリカ人はそうなれているのに

アジア人は これらを取るのに

必死になって教訓や教典を

つくり

それらを 取ろうとして来た


例えば 裸の自分を見られるのが

はずかしいとか

トイレに入っている自分をみられ

るのが はずかしいとか

または 崇拝されたいとか

権威欲を 満足させたいとか


こういうことは アメリカ人にはない

しかしアジア人にも

アメリカ人にもある根深いカルマ

たし算 引算 掛算の複雑な構図


こういうものが

いずれも心の中に 肉体の中に

のこっている

ところが そのやっかいな構図を

アメリカ人は 取りのぞき

はじめたのである


これ等は学問や技術の世界には

必要だが

心と肉体にしみこませては

失敗をする

その構図をとりのぞくと

人はグニャグニャになる


はずかしいとか 損とか 得とか

……そんないやらしいものが

なくなってくる

崇拝されたいとか 権威を

保ちたいとかも

なくなる


フワフワ グニャグニャ

ニコニコ

ほほえんで来る



1981.02.12.

| 1981年 | 11:40 | TOP↑

≫ EDIT

ラーナクリシュナは宇宙に咲いた花

ラーマクリシュナは

宇宙に咲いた

ラーマクリシュナは

宇宙に咲いた 噴水の水


ラーマクリシュナのほほえみは

宇宙に咲いた

歓喜の花

噴水のひろがり


ラーマクリシュナのほほえみは


宇宙に咲いた

噴水の花



1981.02.11.

| 1981年 | 11:12 | TOP↑

≫ EDIT

計算のない世界

構造のない世界に入ると

体がゆれてくる

「ふるえ」てくる

例えは 足し算 引算 掛算だ

それ以外にも 沢山

我々の 体と心の中に

構造の世界をもっている


それを とりのぞくのだ

それをとった世界に入ると

体がゆれてきて

ふるえの中に 入ってしまう


荒々しい世界の舞台の上にいて

そこで助かる道を

方法を 方程式を

さがしているのでなくて


その舞台から 

みつけた 次の世界へ

おりてしまうことだ


そのおりた世界が

このグニャグニャな世界

硬いものをつくる構造のない

世界なのだ


1981.02.10.

| 1981年 | 09:22 | TOP↑

≫ EDIT

グニャグニャの世界


体がグニャグニャになります

体がグニャグニャになります

足し算と引算と掛算のような

複雑な構造をとると


グニャグニャになります

硬さはそれらの人為的に

つくられた ものによって

なっていた事が 分ります


やわらかい 骨なしの世界

これこそが

世界が助かる法則の世界

でした


足し算 引算 掛算のような

複雑な構図から

ぬけると

人間は その時

永遠という法則の内に入るのです

本物という世界に



1981.02.09.

| 1981年 | 11:09 | TOP↑

≫ EDIT

歓喜する宇宙の花

歓喜の涙で出来た花々

宇宙一ぱいに それが

ひろがっている


あの人も あれも これも

この人も あれも これも

すべて 「涙」のふるえだ


幻なるものは どこにもなく

開花の実在のみが

そこにある

歓喜の涙の スプリングだ


春の衣

すきとおるベール

春姫が行く 春姫が


足首の鈴の音がきこえるよ

鈴の音が風にのって



1981.02.07.

| 1981年 | 10:47 | TOP↑

≫ EDIT

ちがう世界

それは 涙の世界でした

……

それが神でした

おお神よ

おお神よ

あなたは 歓喜の涙の

主です


それは ピュアーです

ピュアーは ただ ただ

それです

おお純粋物理の世界よ


それが入口で

門だったのです

その門をもう二度と

忘れないようにしよう


五体を地に 倒じさせて

下さい

それが そこへの

第一歩なのです


もう詩をかくのを 今は

これくらいで やめよう

余りによすぎるから


1981.02.06.

| 1981年 | 13:39 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT