FC2ブログ

1981年04月 | ARCHIVE-SELECT | 1981年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

アメリカ人は

アメリカ人は

第一段階のジャンプは

出来ているが


セックスとお金の問題で

なやむだろう

なやむというより 問題を

世界にまきちらそう


彼等はセックスをのりこえる

事が出来ないし

お金をのりこえることが

出来ない


むつかしいのである

彼等にとっては

フリーセックスはよいが

それをのりこえられるかな


もしのりこえられたら えらい

彼等は 世界に貢献したと

いえよう


お金だが アメリカ人は

一寸仕事をしても

お金を取るようになっている


アメリカにいるメキシカンに

車の修理を一寸たのんだが

彼等は少しぐらいの修理には

金をとらなかった


「友達 友達」といって

彼等は 手をふった


アメリカの白人は

メキシカンに こんな点で

学ばねばならない


人間を金とセックスで

うめつくしては

人間はどろぬまにおちこむ


そこからぬけ出れるかな

それをぬけ出たら

世界に貢献したといえよう


アメリカが今まで世界に

どれだけの事を

貢献してきただろうか

そういうアジア人自体も

世界にどれだけ貢献して

きただろうか


金と女をあきらめよとは

インドの聖者の言葉だが

本当に金と女をあきらめ

なければ

本物がつかめない


アジア人もそれをようするかな

もしそれが出来たら

世界に貢献したといえよう


第一のジャンプをアメリカ人は

もっている

これは すばらしい事だ

世界中でも すばらしい事だ


そのアメリカ人に

おうものが多いが

アメリカ人が世界に

貢献出来る日は

いつだろう


アジアやヨーロッパ人

その他は

それより ずっと後に

ついてゆく


フリーダム フリーダム

ピュアーな フリーダム


そこから二つのジヤンプが

おきよう


経済とセックスからも

のりこえられよう

人類よ


この二つを

もう一つの二つを

ようするかな


1981.05.28.
スポンサーサイト

| 1981年 | 12:49 | TOP↑

≫ EDIT

本物は本物

本物は 本物

本物は 本物


本物は一つしかない

本物は一つしかない

本物 本物

本物は一つしかない


本物以外は

すべて

まやかしだ


この世は百パーセント

まやかしである


そのまやかしをほった時

本物がある


本物は そこにあって

見つかるというようなものでなく


本物はこの世のすべてを

まやかしとわかった時

本物がやってくる


本物が 姿をあらわす


1981.05.28.

| 1981年 | 08:47 | TOP↑

≫ EDIT

二つのジャンプ

空洞 空洞

前かかみの空洞

アメリカ人はその空洞を

もっている


日本人もそうならねば

ならない


硬い一本の鉄の棒が

立っているように

日本人は歩く


意識がかたいのだ


善悪ばかり考え

善悪ばかりに反応する


硬い石のようなものだ


少しも穴があいていない

空洞がないのだ

蓮の花はいいと言われるが

蓮の花のレンコンがいいのだ


レンコンには空洞がある


空洞があってこそ きれいな

花を

咲かせる事が 出来るのだ


仏陀はそう言っているのだ

空洞をもてと


空洞のない者は

硬い木切れと同じだ

アジア人は間違った教えに

よって

硬物になった

まじめ人間

硬物はよいと思うが

少しもよくないのだ


世の中をよごすばかりだ

善し悪しをふりまくばかりだ


グニャグニャのアメリカ人の

ようになれ


どんな事でも かるく

やわらかく受け止める

いわゆる余裕の世界だ

半導体だ


半導体は すばらしい働きを

おこす

硬いもの聖者を欲する者は

よいようでも 本当は

わざわいばかりを

まき散らしているのである


空洞をもて

空洞となれ


前かかみになって 歩け

かかとを 浮かして歩け

いつも踊っているような

状態で 歩ける


何もかもを やわらかく

軽く 音楽的に

うけとめられるようになる


そして なおかつ

自己をこえてゆくのだ


時間が時間をのりこえて

ゆくように


超える事と 空洞を

二つ同時に持つのだ

アジアは そののりこえるという

一つしか

持たなかった

だから聖者のような

感じになったのだ


それは こえる事によって

他と離れてしまうかっこうに

なる

のりこえるという事は離れているようだが

はなれながら

それは踊っている

はなれて 硬物に

なるのではない

はなれて かつ

やわらかく踊りとなるのだ


ラーマクリシュナは そんな人

だった

インスピレーションの人とは

そんな人だ


アメリカ人の第一段階をまず

アジア人はとり入れなければ

ならない

それと超越とを結び

つけるのだ

積極的にアメリカ人の

あの空洞を

自分のものにしてしまえ

体質の移殖だ

前かがみの

かがとの浮いた歩き方の

出来る人間に

そんな体質をつくってしまえ

そして

超越をわすれるな


すると 輝きがやってくる

踊りが

宇宙をこえた踊りと輝きが

やってくるのだ


ジャンプ ジャンプ

前かがみの ジャンプと

超越のジャンプ

この二つのジャンプを持て

この二つのジャンプを持て


ジャンプは 踊りだ 空洞だ


1981.05.19.

| 1981年 | 22:36 | TOP↑

≫ EDIT

輝いて立つ者が踊る

時間が時間を

のりこえてゆく

鹿が金網をとびこえて

ゆくように

それはジャンプだ

それが空洞だ

空洞

空洞

半導体


ふるえだ

インスピレーションだ

純粋半導体だ


のりこえてゆく 半導体

踊りだ

ふるえだ

狂いだ


本物 本物


本物は その者が

その者を

とびこえた時

やってくる


時間が時間を

のりこえて ゆくように

それ自体をとびこえた

時に

やってくる


金色の鹿が走る


宇宙という車を

宇宙という輪を

ひっぱって それは


金色の鹿は走る

それは光速より速い


光速が光速をのりこえた

時の

はやさだ


人間の世界は

人間の世界で

何やかやと 理くつを

つけて

何やかやと言うが

それらはすべて

人間のいうへりくつだ


人間はへりくつをならべ

たてて

生きてゆくのだ


それらは すべて

「うつつ」だ


「うつつ」をぬかす

人間どもを

その車は足げにして

進む


インスピレーションに

ふるえながら走る

その車は


1981.05.17.

| 1981年 | 14:14 | TOP↑

≫ EDIT

苦しいまでの世界

画用紙 画用紙

宇宙をつききった彼方


大きい 大きい

画用紙


そこには 自分一人しか

いない

半導体の大きい画用紙


そこには

ピントのぼけたもの

はっきりしないもの


夢のような狂いだけが

あった

その狂いは美の極致だ


「最高」だ

停止を 停止させてしまう

停止そのものの狂いだ


硬さもやわらかさもない

「それ」だけがある

世界だ


画用紙は無限にそれを

支え

そこに近づく人をして

無言でそれを開花させ

誘惑の中へさそいこんで

しまう


人はいったん

この世界に入るや

もう帰れない


りんかくのない「物たち」が

ふるえの中にいて

お前をふるえ上がらせ


お前をとかしてしまう

からだ


とけた ふるえ

やく動 それが狂いだ


とけ

ゆれ 

ふるえ

息をつまらせる

世界だ


1981.05.15.

| 1981年 | 09:53 | TOP↑

≫ EDIT

すごいフィルムが出来たよ

すごいフィルムが一巻でき

上った

まだ 次々とつぎたされる

だろうけれど


仏陀への道の主題歌とも

おぼしき

この一本のフィルム


見る者をして息をつまらせ

苦しくさえさす程である


バラ

バラの花が咲いている

純粋半導体の世界に


山も 木々も 水も

空気も

清澄そのもの


息をつまらせる

この一本のフィルム

傑作がうまれた


この家に

この里に

この故郷は

誰も決して忘れない


仏陀への道



1981.05.14.

| 1981年 | 11:04 | TOP↑

≫ EDIT

断念

こんな世界を

どこまでいっても

どこまでいっても

同じことだ


この感覚という世界を

どこまでいっても

同じだ


ここからぬきん出るしか

ない


この宇宙から

殻をやぶって

つっ立つのだ


こんな宇宙は

しようがない

どこまでいっても


1981.05.11.

| 1981年 | 09:45 | TOP↑

≫ EDIT

我々のアシュラム


img052.jpg


Mt.ラッセンが真向かいに見える

Mt.シャスターが真左に見える

樹々にかこまれた山荘 「我々のアシュラム」


ヤギを四頭 

犬を二匹 

人間が三人


訪れてくる人もなく

訪れてゆく人もなく

畑仕事に 毎日が暮れる


星は夜の河 

河は流れて 

物語りせぬ


時間のうごきが

静かにわかる


やわらかい何かに

包まれて彼等は

茶をのむ


これが一日の楽しい

ひと時である


つっ立つ者がいた 

宇宙にぬきん出て

つっ立つ者がいた


あるものはすべて

無視されて

相手にされない


ただ それがある

世界だ!

世界が!!

そこに 不動の眼をして

つっ立っていた


時間も闇も物も

そこには 無かった


ただ それだけがあり

それだけがある「世界」だ!!


世界がそこにあった

一人しかそこに人が

いなかった


過去がややあった事が

感じられる

下の方に


そしてそこには

人も物も何もない


多様性もくずのように

一つの風に吹きとばされて

消えてしまった


映像として 

残像として

それらは 下の方に

あるようだ


宇宙といった名のもとに


ピントの合った本物の

世界があった

そしてそこは ピントが合って

いない世界だ


ピントの合わす 相対事物が

そこにないのだ


無視された 他のピントの

合った世界は

どこかへ 消されてしまった


うるさいそれらは

もううるさいものでは

なくなった


それらは 無視されて

いなくなってしまったから

残像と映像

映像と残像が

最後に 名残をおしんでいる


長い旅のおわりに


1981.05.09.

| 1981年 | 13:18 | TOP↑

≫ EDIT

ヤギと人間

だんだんわかって来た

体(からだ)をもってわかって来た

それは人間とはうるさいものだ

という事だった


それは どうして体をもって

わかって来たかというと

ヤギを飼ってからだ

ということが 判った


人の中でいると 人を何とか

しよう……と思う


人の世を何とかしようとする

それを何とか………

それ等を何かの方法で

よくしようとする


しかし それは

それ等を知らないからであった


人からヤギにうつった時

ヤギのうるささが身にしみて

感じるようになった

その時 私の体が


人間から離れて

離れた所から見れるように

なったのだ

そして人間のうるささが

わかって来たのだ


――その中にいるとその中の

ことがわからない

だから その中を何とか

しようとして来たのだ


それは その中にいたから

それらが 何であるかが

分らなかったのだ


ヤギと 生活をするように

なると

人間もヤギと余りかわらない

ことが

わかってきた

身をもって 体をもって

それを感じるようになって

きたのだ


ちょっと優しくすると

つけあがるし

人をなめるし

人のすきをねらうし

おとなしくしているようでも

ゆだんならん


やはり動物だ

人間も動物だと一言で

いっても

いいくらいのものがある


人間をみさげるのではないが

人間をいやになったのだ


――それはヤギを飼いはじめ

てからなったのではない

8ミリフィルムでひとつの傑作

つくってから

人間が……いや「はっきりした

もの」が

いやになってきたのだ


いやになったと言うより

余り良くないものだと

わかって来たのだ


雨の中にあるバラ

……ピントの合っていない

草原のバラ


それは夢だ

神話だ

「世界」だ


本当に「良い」「もの」が

そこにあり

「良いもの」がそこに

現存していた


人間のはっきりした顔や

はっきりしたバラの映像

はっきり太陽にうつし出された

すべての

映像の

いかにみにくい

いやらしいものであるかが

分って来たのである


一つの偉大な発見だった

それは


ピントの合ったもの

太陽光線

きまりきった形や物


そのつまらぬ世界を

そこに

見たのである


「良い」「本物」の藝術作品

それが一本の8ミリ

フィルムから

うつし出されてきたので

あった


1981.05.09.

| 1981年 | 00:55 | TOP↑

≫ EDIT

つきぬけて立つ者

つきぬけて立つ者

つきぬけて立つ者


宇宙をつらぬいて

立つ者

宇宙をつらぬいて

立つ者


何もついてこれない

人も この宇宙の一切も

ついてこれない


そんな うるさいもの一切が

ついてこれない


このつっ立つ者

このつっ立つ者


宇宙の殻をやぶって

つっ立っている


人は一番うるさいもの

だった


甘えるし

むちゃを言うし

人をおとし入れようとするし

人をそそのかすし


悪だくみをするし

美をおっかけるし

愛を求めるし


来ているかと思えば

はなれるし


尊敬しているかと思えば

不尊になるし


どうしようもないのが

人間だ


文明と混乱との

区別がつかず

混乱ばかりつくり

ごそごそ地表を

はいまわり

走りまわるし


まるで

むかでのけんかだ

本当につまらんのが

人間だ


1981.05.07.

| 1981年 | 10:38 | TOP↑

| PAGE-SELECT |