FC2ブログ

1981年06月 | ARCHIVE-SELECT | 1981年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

宗教の世界がここにある

同時存在の幾何学の世界 同時存在の幾何学の世界
同時存在の幾何学の世界
そこには二がない 相対がない
むろん一もない
そこは同時存在する世界である

同時存在する世界はまとめ上げられた世界である
そこにはあちらとこちらがない
私もあなたもない同時に存在する世界である
そこには離れというものはない
離れてあるものはない同時に存在している世界である

それは構図の世界 構造の世界である
信仰も神も愛も信頼もない
こちらからあちらを見るというそんな感覚的――
相対の世界ではない

そこはまとめ上げられまとまった世界である
その構造の位置こそ我々の「統一」とよばれている位置である
我々には自分と他というものはないのである
その「統一」の位置に意識を集めよ

すべてがぼやけて見えてくる
いわゆる相対感覚がなくなってくるのだ
構図の世界 構造の世界
自分の本質の世界である

この一も二もないまとめ上げられている
同時存在する世界に意識を集めよ
私もあなたも 神もなくなってくる

宗教の世界がそこにある 宗教となれ
まとめ上げられたものとなれ
そこではすべてが消え
ぼやけた ぼやけた世界が展開する

神の笛の音はそこから聞えてくるのだ
踊りが始まる 踊りが始まる
統一された自己の本性の中から

中点をもつまとめ上げられた世界
安定と微笑み
微笑みと安定はその同時存在の世界から来るのだ

背骨のA点に意識を集め 構図の中にとどまれ
消えた世界が見えて来る

1981.07.26.
スポンサーサイト

| 1981年 | 14:01 | TOP↑

≫ EDIT

水もれをふさげ

水桶の孔はふさがねばならない
孔があいていると水が漏れて 桶の役目を果たさない
それなのに人は人という水桶でありながら 
孔が空いている

それに水ばかりでなく 
いろんな宝を詰め込もうとしている
水桶の孔は次第に大きくなって
そこに入れた物は全て落ちこぼれる
いたずらな水汲みの労を人は積み重ねている

その孔とは何か それは「言葉」だ
人は言葉という孔をもっている

それを詰める事だ
その言葉という孔を詰めるとものが溜まり出す
言葉を出すことをやめると 人は本当の行為を知る事が出来る

人は自然な自分の有り様を全て潰して
知情意そのもので作り上げた有り様を行為をしている
そうでなしに自然に「行為」が生まれ出て来る
その本物の自分に帰れ

水もれの孔をふさげ 口を塞ぐのだ 口を
そして意識を背骨のA点に集中せよ
人間の意識は頭から背骨のA点に集まってくる

すると 今までの知情意の世界にいた自分から
インスピレーションの自分に帰る
A点はインスピレーションの位置である

そこが自分の本物への回転扉の位置である
そこに意識を集めよ 
笛の音が鳴って来る

神の笛 インスピレーションの笛の音だ
あらゆる哲理も真理らしい言葉も 
宗教用語もそこでは失われる
神も宇宙も宇宙一切も人々もなくなって
ただ笛の音のみとなる

A点はその笛の孔だ これこそ本物の孔だ
水もれの桶の孔をふさげ 
A点の孔
神の笛の孔に意識を集中せよ

笛が鳴り始める
インスピレーションの本物の響きが聞こえる
子供のような微笑んだ顔がぼやけて映ってくる

吹け 笛を 
本物の孔から
本物の空洞から恍惚を吹き出せ

それしかないのだ
ピュアーな笛の音が聞こえて来る

1981.07.22.

| 1981年 | 23:56 | TOP↑

≫ EDIT

一番大切な事

芸術にしろ 音楽にしろ 人にしろ
すべて自分をたぶらかすものである
人はそれらに関わっている間 自己を失っている
たとえ神や奉仕や信仰であっても全て自己を
失わせるものである

人はそこで喜び悦に入っている間
自分の本当にせねばならぬ事を忘れている
自分が本当にせねばならぬ事は
自分が子供のような顔になる事である

人が人を愛し 或は愛し合い 神を愛し 神を求め
真理を求めて哲理をおっている間 人は自己を見失っている
人にとって 自分にとって一番大切なこと 一番になさねば
ならぬ事は 自分が子供のような顔になる事である

それを忘れると他に何かを求めにゆく
他との関係において安らぎを求めにゆく
人はその度にそれを続けている間中 自己を失っている
たとえ神へ 人への愛であったとしても
それらはすべて自己をたぶらかす一瞬である

微笑みをもて 子供のような微笑みをもて
その時だけが真実なる自己だ
賢そうな顔になる必要は少しもない
子供のような顔になれ それが全てだ
人やその他に関わってゆくな

1981.07.17.

| 1981年 | 11:15 | TOP↑

≫ EDIT

聖者と子供

聖者を欲する者達と子供を欲する者達とがいた
聖者を欲する者たちは難しい経典を創り 
苦行 禁欲主義
神や神官への絶対奉仕 或は権威主義等々と
人を或る一定の型にはめようとして来た

そこでは人々は真面目になった様だが 
一面 人々の心は縮み 形へ 形へと仕立て上げられ
本物の自由から逆に不自由を得て来た
そして聖者のような賢そうな顔を
人々は夢みて来たのである

しかしそこからは子供のような顔は
生まれて来なかった
明るい顔が

何の野心もなく 何の権威もなく 何の硬さもなく
そこに咲いている花のような
やわらかさはなかった
毎日上がる太陽は同じ紅の色を 空一杯に拡げるように
始めのままの顔 それはそこにはなかった

しかし人類はその顔から 違う顔を欲するようになった
それは子供のまんまの顔であった
ふんわりとやわらかい 硬さの何もない顔だ
少しの事にも大変喜んで 自然と共に笑い戯れる顔だ

人々は微笑み 豊かな経済社会をそこに築いた
彼等はがつがつしないで 人生を何倍も長く楽しんだ
彼等がこの世を去っても 
その子供のような顔と心は続いた
それは微笑みに輝いていた

永遠は その子供心の微笑みに他ならない
その微笑みの中に彼等は溶け入り
それ以外の何ものも求めなかった

何千年も 何万年も彼等は生き続けた
その微笑みの中で

1981.07.16.

| 1981年 | 16:31 | TOP↑

≫ EDIT

真実なる広場

空洞 空洞 空洞 空洞 孔の詰まっていないもの
孔がつまると人間は 人間の一切に関わってくる
空洞になると 空洞を創ると
それらの知情意の関係が切れて広場をもつ
その広場こそ 真実なるものの広場である

そこでは人間と宇宙との全ての問題は起きないし
そこでこそ 本当のことが起きて来る
人間の救われるのはその広場だけである

人間は知情意の詰まった棒のようになっている
だから苦しむのだ
その詰まったものから 空洞をもった者に帰れ
空洞をもつこと 広場をもつことを忘れるな
人間とこの宇宙から離れよ 感覚世界から離れよ

東風は空洞だ 空洞は東風だ
笛をもて 笛となれ
笛は孔が開いている だから音が出るのだ
人は一つの神の笛 笛――笛となれ

笛は音を 音楽をもつが言葉をもたない
言葉をもつ人間から 音楽をもつ人間に帰れ
真実なる響だ それは 
言葉のもつあらゆる可能性が消えて来る
ブラフマンの響そのものとなれ

知情意から来る悩みを 知情意で治めようとするのは
やくざが やくざで治めようとするのと同じだ
それはいたずらな苦を続けるだけだ

知情意からくる悩みを 知情意で解決しようとするのでなしに
形の変わったもの 質の変わったもので
解決しなければならない
それは半導体的なもの 空洞で解決をするのだ

空洞 空洞 人類はこの空洞をもたず約一万年間
孔のつまった棒を 知情意の棒を振り回して来たのだ
仏陀への道 自己実現はこの空洞の広場から来る

宗教 宗教 宗教の車の向きを変えよう
光の矢がそれを貫いて通る
笛は震えて音を出す
神の笛だ 神の笛の音が聞こえる

1981.07.10.

| 1981年 | 13:33 | TOP↑

≫ EDIT

闇の大ぶろ敷きの世界から抜け出せ1(初期バージョン)

私も人間 あなたも人間 私も人間 あなたも人間
私も人間 あなたも人間 私も人間 あなたも人間
この言葉を繰り返せ この言葉を繰り返せ

私も人間 あなたも人間 私も人間 あなたも人間
私も人間 あなたも人間 この言葉を繰り返せ
繰り返しているうちに その言葉の間に空間が見つかる
私も人間 あなたも人間という言葉の間に
この相対関係に関して起きる一致点において
一元への空洞が出来る
その空洞こそ一元への入口である

そこではこの感覚世界で起きる相対的反応即ち
知情意の反応が起きてこないのである
そしてそこは半導体的な世界で 人と人がぶつからず
やわらかく ぼやけた曲線的な世界である

この宇宙を三つに大きく分類する事が出来る
この感覚の世界
これは荒々しい世界であり あやまち多く
知情意の渦の中で人々は苦を創り 苦の中で死んでゆく

次に純粋物理的な世界がある ここには記号がある
例えば質量とエネルギーとか 時空とか或は男女 
人間というように記号の世界があるのである

この記号の世界を通過すると一元のぼやけた世界に入いる
この世界は響の世界である
ここには 善とか悪とか知情意とか記号とかがない

私も人間 あなたも人間 私も人間 あなたも人間
私も人間 あなたも人間 私も人間 あなたも人間
この空間 この一致点の回転的位置が現れると
そこを通過して「響」の真実な世界に突入する

その入口の記号の世界 半導体的な世界 知情意を越えた世界
では人間という自分にも他の人にも 親切とか 愛とか
やさしさとか気をつかってなされる意識的世界
そんな動きはない
それら荒々しい世界はない
そんな世界はとってつけた世界であり
そこでは 他に心を要求する

そうでなしにその空間――空洞――一致点に人が立つと
記号の世界に入り 純粋な世界に立たされるのである
そして人が本当の人となるのである
知情意に支配された人でなしに 真実な人となるのである
これが「場」であり それ等の相対的に存在する者達の
運動――あり方――あり様がそこから生れてくるのである

その状態は外観的には愛とか親切とか
やさしいとかに見えるのであるがそんな知情意の世界において
二者の関係をそのようにしなければならないと教えられて
出来てきたそんな行為や心でなしに 本来の自己そのものが
開花して来たものである

「響」「響」真実な響 「根源」がその者を恍惚に震え上らせ
世界全体を震え上らせる

人は大昔そのようであった
そこから言葉を作り 名称と記号の世界に入り
更に感覚的荒々しい世界を創り上げて苦しんで来たのである
人はそこから 約一万年間の歴史から抜け出さねばならない
闇の大ぶろ敷の世界から

そこで一つ大切な事を知っておかねばならない
それは記号と名称とは違うという事である
山とか 石とか 水とか 男とか 犬とかいうのは名称である
記号となると そこに相対関係における構造
即ち関係……あり方が扱われているのである

例えば時間・空間 質量とエネルギー これは記号であり
中間子というのは記号でなく名称である
だがこの中間子というものが 人間の知性が真実を
思い浮かべる助けとしてそれは理論的記号の世界に入る

我々はその名称の世界から 一元の世界に帰ることは出来ない
帰ることが出来るのは相対関係における記号の世界を通してで
ある
物理学は幾何学の世界にぶつかり
幾何学の世界は「宗教」の世界にぶつかる 即ち一元の世界 
統一の世界 ブラフマンの世界 根源の世界にぶつかる
神を拝むことは宗教ではない それは信仰である
宗教とはブラフマンの世界 根源の世界そのものをいう

人を愛しなさい……という事は宗教とは違う
これは道徳の世界である
これは鉛筆ですという事は物理の世界である
構図や構造の世界に入ると幾何学の世界に入る

人は今まで名称と記号との扱い方を
はっきりさせていなかったし
宗教と信仰の区別をもはっきりさせていなかった
人間にとっての「宗教」とは
人間がそのブラフマン(根源)を実現することである

人生の目的であるこの自己実現は今日までの宗教と呼ばれる
道徳的 哲学的な方法では達成出来ない
相対的にこの宇宙に立っている人間から 一元的に立っている
人間に帰らない限りそれは達成出来ない

私も人間 あなたも人間といって名称の世界から
相対的関係の世界に入り 記号として扱われる方法
一元の入口に立つ方法しかない
信仰宗教的な説教によってでなく幾何学的な構図を
変えることによってそれは達成されるのである

位置をかえること 自分の立っている位置を変えること
その位置さ変われば自己は助かる
自己実現も知情意の苦から救われる事も
この位置を変えるという回転木馬にさえ乗れば
それはあなたを運んでくれる
幾何学の回転木馬に乗りさえすれば

21世紀の「宗教」はこのようにして
あなたに近づいてくる

1981.07.05.

| 1981年 | 20:21 | TOP↑

≫ EDIT

闇の大ぶろ敷の世界から抜け出せ2(神笛バージョン)

私も人間 あなたも人間 私も人間 あなたも人間
私も人間 あなたも人間 私も人間 あなたも人間
この言葉を繰り返せ この言葉を繰り返せ

私も人間 あなたも人間 私も人間 あなたも人間
私も人間 あなたも人間 私も人間 あなたも人間
この言葉を繰り返せ 

この言葉を繰り返していると 私という言葉と 
あなたという言葉が無力化される
相対から一元へと入るのだ

私も人間 あなたも人間 私も人間 あなたも人間
私とあなたという二つの記号が手をうって踊り出し
一つの中へ溶けてゆく
ぼやけた一つの中へ

宗教的用語の闇の大ぶろ敷の世界から抜け出せ
こんなものは ろくなことをしてくれない

ただ私も人間 あなたも人間と唱えよ
これこそ民主主義の第一歩である
人間としての第一歩である

足許を 足許をピンボケのバラの花で飾れ
消えた者の大いなる足許を

1981.07.05.

| 1981年 | 20:06 | TOP↑

| PAGE-SELECT |