1982年02月 | ARCHIVE-SELECT | 1982年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

真実なる響

歌っても そこから真実な響が

流れてくるもの

そんなに歌える者


何も歌っていなくても

その顔から

真実な響が 流れてくるもの

そんな顔である者


行動一つでもそこから

真実な響が

流れてくるもの

そんな者である者


言語にしても

真実なる響が

流れてくるもの


同情でもなく 愛でもなく

神話が その言語に

行動に 顔に 歌にある者


本物 本物 そこいらに

あるものでなく

そこいらに こしらえられて

あるものでなしに

本物そのものが そこに

ある者


それは 他に少しもかかわりを

もたない者から

生まれる


本物 本物 男や女も中途から

現われたものである

人も 宇宙も 中途から

現われたものである


本物 本物

それは 波動の世界から

入ってゆけるものである

それは 幾何学的構図の

重なりの

「ふるえ」から入ってゆける


「ふるえ」の中には

人間も 宇宙もない

ただ「ふるえ」のみがある


1982.03.26.
スポンサーサイト

| 1982年 | 13:49 | TOP↑

≫ EDIT

桜が一輪

桜が さいて

うれしそう


桜が  一輪さいて

うれしそう


うれしい事は

うれしい事だ


うれしい事は

うれしい事だ


友よ 何もいわず

手を とりあおう

世界の人々が

これはど うれしいことが

どこにあろうか


1982.3.18.

| 1982年 | 13:24 | TOP↑

≫ EDIT

時間よ

時間よ

時間になっておどる

時間になっておどる


時間よ

時間君よ

時間になっておどる


時間になっておどる



1982.03.18.

| 1982年 | 08:38 | TOP↑

≫ EDIT

時間の彼方

時間になれ

時間になれ

自由をえた 時間になれ


時間そのものとなれ

空間がない時間そのもの

となれ


そこには 人がない

荒々しい世界が そこにない

静かな世界だ


時間をこえた世界が来る

そこでは


そこに突入するのだ


荒々しい人の世界から

遠のけ

「ふるえ」の本物の世界が来る


それこそ 本物

本物 本物



時間の彼方に

それはある


汝の所

そこが 汝の所だ


1982.03.16.

| 1982年 | 10:29 | TOP↑

≫ EDIT

元々からあったものがある

元々からあったものがある

元々あるもの

それに意識を集めよ


それは一つだ

あれや これやではない


あの人 あの聖典

それでもない

男 女 金

それでもない


宇宙でもないのだ

空間 時間でもない


元々あるもの

元々からあったもの



それは 消えた構図だ

外なる宇宙だ


それがすべてだ

すべては それだ


元々あったものに

意識を集めよ




1982.03.11.

| 1982年 | 14:42 | TOP↑

| PAGE-SELECT |