FC2ブログ

1982年03月 | ARCHIVE-SELECT | 1982年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

消えた光の王冠

構図とは揺れである
半導体的とは構図である
孔の詰まった所と 詰まっていない所である

そこに動きが起きる
動きとは揺れである
構図とは揺れであり 半導体とは揺れである

その揺れが揺られると 攪拌が起きる
くっつくとは攪拌されることである
攪拌され揺さぶられて 一つになるのである

紙と紙 木と木がくっつくようなくっつき方ではない
揺さぶられて一つのものになるのである

その揺さぶるも ただの揺れている事のみではない
安定する事 
人と関わりをもたないつっ立ちでなければならない

つっ立つとは「揺れ」であると同時に
「一人」「踊り」そのものである

そして揺れたり 踊ったりしていることではない
一人でつっ立っていること
この半導体的揺れと踊りをもったつっ立ちである

つっ立っていても 人に関わりがなく揺れ踊っているのである

つっ立つ事を忘れるな
揺れたり 踊ったりのみしていてはならない

揺れが 第一段階であり
第二段階は つっ立つという事がやってくる

透明 透明 つっ立ちの透明
偉大な余裕
神話 神話

消えた光の王冠が輝く

1982.04.18.
スポンサーサイト



| 1982年 | 12:42 | TOP↑

≫ EDIT

安定 一人 半導体

安定 安定

一人 一人

安定 安定

一人 一人


半導体 半導体

安定 安定


一人 一人

半導体


1982.04.16.

| 1982年 | 23:00 | TOP↑

≫ EDIT

踊りの原形がみつかる

一人でいた方が踊れてくる
人に関わらず 一人でいた方が
半導体の空洞に入って 一人でいる
それは踊りである 踊りの原形である

そこにつっ立って一人でいると自然と踊れてくる
踊りの原形そのものになると
人は助かってくる
人は人そのものとなる

自己実現は半導体で一人つっ立つ そこにあった
踊れてくる 踊れてくる

今までのような人に関わるのでなく 
無関心でいるのでもなく
聖なる方向にいって人から離れるのでもなく
これら平面上の直線思考でなしに
四次元空間での遊び 半導体的空間の中で踊るのだ

しかもそれが人に関わりをもたず つっ立っているのだ
平安なる姿 安定した位置となるのだ

そこには聖なる方向性も 無関心も 愛や 親切や
やさしさなどの人への関わりもない

半導体的空間の中での踊り
それだけがある そのつっ立ち

偉大なる安定 安定がくる

我々人間社会において 人と人が横にひっつく事だけが
ひっつく事ではない

安定すること
この安定こそ 人間が真に求めているものである
神話 神話
ピュアーなる影像

1982.04.16.

| 1982年 | 16:49 | TOP↑

≫ EDIT

踊らされるな

人が人に関わろうとすると これは渦を起すだけに過ぎない
人が人の中に関わっていってはいけない
だからといって 人が人から離れてもいけない
人が 人の本当の位置にいなくてはならないのだ
それが半導体的な位置である

そして人にかかわりなく立つのである
立つと分ってくる
自己の安定している姿が 踊りそのものの姿が
その安定した姿こそが そのつっ立っている姿こそが
「踊り」そのものである

そこで分かることがある
我々が踊りを探し回って 踊ろうとしているのは
それは踊りそのものに 踊らされているのである
踊りを編み出そうとすること そのために踊ること
それは一つの足掻きであり 踊らされているのである

となると本当の「踊り」とは何か
本当に踊っている姿とは何か
それによって踊れてくるものとは何か
そこが踊りを探す者の狙い所である

人が人に関わるのでもなく 人が人から離れるのでもなく
人が人の本当の位置に立つように
踊り手そのものも その本当の「位置」に
立たねばならないのである

その本当の「位置」とは 半導体的位置であり
そのつっ立った姿そのものである
「踊り」はそこから 自然とおきてくる
踊ろうとする作意なくても

その作意は一つの舞台であり 
自分がそこで踊らされてしまういつわりの位置である
人が人に関わるのも 人が人から離れるのも
それは踊り手が踊りにかかわってゆくのと同じことである

作意は作意のことだけしか起きてこない
何をどうしようと思いわずらってはならない

先ず人間は半導体的に空間をもって
しかも 人や踊りに関わってゆくことなく
つっ立つのである

そこが自己実現の「場」であり
「踊り」そのものであり
何かが起きてくる

しかしそれも 人にも 舞台にも関係がない
一人の位置こそ 尊いつっ立った位置だ

1982.04.14.

| 1982年 | 14:05 | TOP↑

≫ EDIT

一人の半導体

半導体 半導体
そこには人間がない
人間には関係がない

一人そこにある
一人そこにいる
その半導体の中に

半導体は人間には関係がない
一人そこにある

背骨を中心とする世界に
彼は立っている

立っている人 
立っている人
そこに立っている人

宇宙にも 人にも何の関係もなく
立っている人

彼はいた

1982.04.14.

| 1982年 | 14:02 | TOP↑

≫ EDIT

四次元空間

大きい可能性がある
大きい可能性がそこにある
透明の世界に
透明の世界に
大いなる可能性がある

透明な世界を
飛ぶのだ
幾何学の中で

我々の見ている
三次元世界での平面は
実は四次元世界では球面なのだ

夢は無限に拡がる

三次元的人間を越えて
四次元の世界に飛び込む人間となれ
小さい可能性をかなぐり捨てて
大きい可能性をもて

1982.04.10.

| 1982年 | 14:00 | TOP↑

≫ EDIT

ユークリッドから非ユークリッドへ

この人間界での可能性をなくせ
透明体の世界には可能性が一杯ある
そこで泳げ
透明な大海で

そこでは いくらでも
飛び跳ねることが出来る

幾何学の世界はそんな世界だ

1982.04.08.

| 1982年 | 22:24 | TOP↑

≫ EDIT

三次元空間をこえよ

あらゆる可能性をなくせ
あらゆる可能性をなくしたところから
透明がくる
あらゆる可能性をなくせ

小さい小さい蜜蜂となれ
小さい小さい蜜蜂となれ

あらゆる可能性をなくせ
そこに透明な幾何学の世界が待っている

その世界を飛び回れ
そこには違った可能性が一杯ある

1982.04.07.

| 1982年 | 19:09 | TOP↑

≫ EDIT

線香の煙

煙は透明だ

その透明になって

消えてゆく


煙に入ってゆくと

透明になってしまう

透明なる全身が見えてくる


透明の煙

煙の中に 入ってゆく


1982.04.07.

| 1982年 | 09:27 | TOP↑

≫ EDIT

白鳥の幾何学で

白鳥の詩を読む
これは素晴らしい

人は 人の間でおらず
幾何学の世界でおらねばならない
翼をゆっくり上下させる白鳥に

白鳥の翼の上下運動は幾何学の世界
踊りは一人で踊るもの
一人でいなくてはならない

白鳥の羽の上下運動
それが自分だ
自分はそれだ

軽やかな白鳥の翼の上下運動

1982.04.04.

| 1982年 | 13:54 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT