FC2ブログ

1982年05月 | ARCHIVE-SELECT | 1982年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

礼拝あるのみ


礼拝 礼拝 ただ礼拝あるのみ
礼拝が再び明らかに 私の許に来た

それは神という形ではなく 極大として
極大を織り成す光の線として
幾何学の結晶として 私の許に来た

そんな人でも どんな物でも
全ての中にそれらが潜み それらが息づいている
それは ただただ礼拝だ

尊敬が 礼拝が素朴な人を築き上げる
尊敬されるのでなく 尊敬するのである
礼拝されるのでなく 礼拝するのである
自己はいつも消されているのである

礼拝は幾何学の舞の原形
結晶も礼拝そのもの
ピュアーとは こういった素朴でただただ礼拝という
舞そのものなのだろう

歌われてある宇宙の素晴らしさよ

1982.06.28.
スポンサーサイト

| 1982年 | 17:08 | TOP↑

≫ EDIT

光の線がおりなす極大

極大は違う光で織り成されている
その光は 光の線は走り
その走りは 線を成している

光の線 細く透明なる線
それが 極大を織り成しているのだ

気高き織物 気高き透明なる光の線
それは 他を見ずに走っている

その線になろう
その線は我等の古里の入口である
その線は全ての人にある
ずべての人はそれである

ただ礼拝あるのみ
ただ礼拝あるのみ

1982.06.27.

| 1982年 | 17:05 | TOP↑

≫ EDIT

極大の神秘

宇宙は 宇宙なる結晶は極大というもの
極大というものから生まれた
結晶 結晶 結晶はそこから生まれた
この自己もそのそこから生まれた

我々の古里はそこだ
そこからこの宇宙が生まれたのだ
結晶 結晶 幾何学の結晶
そしてその極大の奥にブラフマンがある

我々はこの結晶の親玉 極大を通らなければ根源にゆけない
極大は幾何学の元だ
そこを通りぬけよ

極大 極大 それがお前だ
神話は 神話はその極大の中で生まれる
もし神があるならその極大こそ神だ

そこには極大と極小というものもない
極大のみの世界だ
神話はそこから生まれた

お前も神話という一つの結晶体だ
極大のにおいをかげ

1982.06.26.

≫ Read More

| 1982年 | 21:10 | TOP↑

≫ EDIT

幾何学の結晶の神秘

高熱と高圧がかかって 宝石の結晶が出来た
それは幾何学のたわむれ
高さと低さ 大きさと小ささも幾何学である
超高速と超低速も幾何学である

幾何学 幾何学構図の謎よ
極大と極小も幾何学である
その中に人間も 宝石の原石も 宇宙も 銀河系もある
すべてはその踊りだ 極大と極小の

それは線であり 組み合わされであり 構図であり踊りである
宇宙は大きな踊りをしている
どんな者でも どんな物とでも
そこには感情がない 心がない 
ただ踊りがあるのみ

蝶と花も踊りだ
ピュアーな踊りがそこかしこにある
あってそれは踊っている 幾何学の舞
神秘な尾を引いて彗星は飛ぶ
まぐれな軌道を描いてそれは飛ぶ

宇宙は一つのまぐれである
まぐれこそ極大と極小の触れ合いである
時間と空間のふれ合いは飛ぶ
飛んでそれは永遠に踊り続ける

極大と極小のように 高きと低きのように
端と今とここのように

神秘な構図は踊りつづける
踊れ 踊れ

1982.06.21.

| 1982年 | 21:49 | TOP↑

≫ EDIT

人間も幾何学の結晶体

今日 再びロスのミュージアムに行った 宝石を見に行った
そこには幾何学がふんだんにあった
結晶の美しさ 結晶の神秘さ 色 きれいな石の色
なぜどうしてこんな結晶が こんな色の石が出来たのであろう

人間のいないこの世界 人間よりはるかに良い世界
そこに幾何学がありありとあった
色彩も 幾何学の中から生まれて来た
金も幾何学の中から生まれて来ている
熱と 圧力と スピードによってそれらは出来上った
それは 幾何学である
この宇宙もあの結晶の石々のように 様々な条件が幾何学的に
整って出来上ったのである

物理学 哲学 宗教の世界はほんにこの宇宙をちょっと
捉えただけのことである
人間の創って来た文明史はまだまだ百億の一兆倍ほどある
星々の一つを掴まえたぐらいの事である
まだ石器時代の入口にも達していないぐらいだ

人間について考える時もその人の生まれた所 どんな事をして
どんな事を言って どんな人生を過ごしたとその人の生涯を
書くが 物理学と同じくほんの表面を書いただけのことである

リグヴェーダ時代にすでに この宇宙は光が斜めに
走った時その創造が起きたとある
そのようにこの宇宙を物理学的に捉えるとどうなって 
どうなって この宇宙が出来上ったのだなどというが
そんなことの奥に幾何学の世界がある

それと同じで 人間も眼があり 手が二つあり 足が二つあり
何がどうなって そしてそれがどんな人生を送った
などと言うが それは表面的なものを捉えただけのことで
もし人間のある人を表現するとき 幾何学の世界で人間を
捉えて表現できたら 素晴らしいであろうと思った

人間というものは こんなものはただ表面のもので
その奥に本質的に幾何学によって出来上っているのである
宝石の原石が何かが 何かの条件で組み合わされて
出来上ったように一つの結晶体である

感情や心や知識や手や足や そんなものを主題に文学の世界が
或は宗教が 神や天使や心やを主題に述べ立てるが
もう そんな初歩的なものからおさらばして
光速が幾何学の世界を駆け巡るように もっと高次元の世界で
人間をとらえていってみたいものだ
もうこんな世界も人間もあきあきだ

人間を幾何学の世界でとらえた小説を人間の生涯を
書いてみたいものだ
ユークリッド幾何学が非ユークリッド幾何学に突入した様に
今はまさにそんな時期だ
この手足人間を主題に小説をかいたり 生涯を書いたり
している時代でなしに 早く次の時代をここに現わしたい

光が斜めに交叉して 机や空気や水が出来たように

1982.06.20.

| 1982年 | 22:14 | TOP↑

≫ EDIT

向きをかえよ 人は助かる


平安が来る 平安が来る
平安は人間の内なるもの

根でしっかり 宇宙の悪を抱え
埃を抱える時 平安が来る

人類は今まで非難や批判を嫌い 避けて来た
これが人類の悲劇の始まりである

この誤った思考から ただちに廻れ右して向きを変えよ
向きが変わると人は助かる

一人この宇宙を 人類を抱えてそれから抜ける
踊りの中へ抜け 消えてゆくのだ

1982.06.12.

| 1982年 | 22:52 | TOP↑

≫ EDIT

墓場から墓場へ

非難よ 来い 非難よ 来い
非難よ ウエルカム 非難よ ウエルカム
愚痴よ ウエルカム 愚痴よ ウエルカム
批判よ ウエルカム 批判よ ウエルカム
ウエルカム ウエルカム

大洪水が来ると 大雨が来ると樹々は流されて
泥水の洪水に押し流されて 大海にまでゆく
大海を漂う大浪 小浪がそれ等を翻弄する

その樹々はただ行く所を知らず あてもなくさ迷う
そして岸に打ち上げられる そこがそれらの墓場だ
非難から逃げ 批判から逃げていた者の墓場だ
人類はそれを 永い間続けて来たのだ

根をもて 根を 大きい根を
非難も 批判も全てウエルカムで包んでまう根をもつのだ
その樹は高く高く大空に ブラフマンの世界に伸びるであろう

非難 批判から逃げるな それを怖れるな それをいやがるな
それを迎えよ それのみに専念せよ それを口の中で唱えよ
マントラを唱えるように それを唱えよ

これが人類の助かるマントラだ
ウエルカム ウエルカム
非難よ 批判よ ウエルカム ウエルカム

1982.06.12.

| 1982年 | 21:10 | TOP↑

≫ EDIT

幾何学の世界

幾何学の世界だけが助かる道だ
幾何学の世界は ピュアーだ
幾何学の世界には 人は無い

人のない所にゆかなければ人は救われない
人の中をいくらうろついても救いはない

永遠の救いの道は 救いの位置は
幾何学の世界のみ

幾何学の世界には 人間や物理学や
科学の世界などは無い
何も無い それだけの世界だ

知識の世界はそこには無い
良し悪しの世界もそこには無い

幾何学の世界はピュアーあるのみ
ただ震えがあるのみ

ブラフマンはその彼方にある

1982.06.09.

| 1982年 | 09:57 | TOP↑

| PAGE-SELECT |