1982年07月 | ARCHIVE-SELECT | 1982年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

透明なる今がとぶ

透明 透明 透明

透明がとぶ

透明がとぶ

半導体の中を通って

透明はとぶ


透明はとぶ

透明はとぶ

自己の本性なる

透明にゆだねてとぶ


その透明なるものこそ

「今」である


自己がとぶ

絶対なる

消えた自己がとぶ


「今」なる透明が とぶ

ゆだねの回転の

中をとぶ


1982.08.31.
スポンサーサイト

| 1982年 | 13:42 | TOP↑

≫ EDIT

透明がとぶ


透明がとぶ

透明がとぶ

それが「今」である


時空の無い世界を

とぶ

それが「今」である


そのとぶの中で

自己は 消される

消されるそこが

ゆだねである


「なる」である

知識も 自己も

そこで 純化され

翼をすててゆく


別の翼が

別の翼が

別の調べが

別の調べが


「とぶ」の中から

生まれてくる


それこそ 真実なる響

真実なる調べ

真実なるバイブレーション

白鳥の翼 そのものなの

だろう


それは とぶ

それは とぶ


構図なき構図の

世界を


透明は とぶ

透明は とぶ


1982.08.30.

| 1982年 | 11:38 | TOP↑

≫ EDIT

知識の純化

知識は最後に

純化されねばならない

哲学 科学 その他によって

知識はやしなわれる


しかし その知識は

最後に純化されねば

ならない


それは「礼拝」という

一点が自己に

あらわれた時にである


知識は「礼拝」によって

純化されるのである


人は「礼拝」に達してこそ

人となり

知識も「礼拝」に達して

こそ

知識となる


そこで「宗教」なるものが

現われる


神を拝むこと

それ自体が

別に宗教ではない


相対的に拝む

拝みでなく

拝みそのもの

「礼拝」そのものに

自己がなり切ること


そこにこそ

「宗教」と呼ばれるものが

あるのである


その それは

科学 哲学ほか

あらゆる学問

あらゆる知識

あらゆる修養の

極致である


1982.08.25.

| 1982年 | 20:33 | TOP↑

≫ EDIT

半導体の二段階

半導体

半導体にも

修行の課程で

二段階があるが

二段階目で 用いる半導体では

ただ その半導体の

画用紙の中で うたう


入ってゆくという事だけで

「今」とか ゆだねるについては

何も

考えてはならない

内容が 違うのだから


そして その二段階目の

半導体の中で

うたい 入ってゆく時には

その以前に 「今」と

「ゆだねる」 「透明」 「絶対」を

しっかり やっておかねばならない


二段階の

半導体のと 「今」や

「ゆだねる」と一緒に

やってはならない 


それ以前に

十分にやっておくべきである


1982.08.19.

| 1982年 | 12:16 | TOP↑

≫ EDIT

透明はなめらかなもの


この「なめらか」な中に

「今」へのゆだねが

あるから

こんなに なめらかに

うたえるのだとわかる


半導体の中を通らないと

やはり「今」に

そして 梵にゆけないのだ


先ず 知的にとらえた

「今」が

ゆだねるという事の中で

その知識が

最も純化されるので

ある


先ず 知が純化され

ねばならない

知識が 敬礼してから

でないと

本格的に入れてくれ

ないのだ


そのゆだねをもって

半導体という 幾何学の門を

通るのだ


その時

なめらかなものに

ぶつかる


「なめらか」なものが

来るのだ

そこには向うべき

的である「今」も

自分もない


そんな 「なめらか」こそが

透明である


透明とは

すき通った透明だけを

いうのではない


透明は なめらかな

ものであり

なめらかなものは

透明である



1982.08.17.

| 1982年 | 11:28 | TOP↑

≫ EDIT

なめらかな世界

半導体

半導体

半導体の画用紙の中を

通って行く


半導体

半導体

半導体の画用紙の中を

通って行く


なめらかに それは

ゆく

なめらかに それは

ゆく

どこへ 行くのか


なめらかな世界へ

それはゆく


半導体の中を通ら

ないと

本当に「今」の中へ

なめらかに

神話的に 入れない



知識はそこにはなく

行くべき方法で

それはゆく


なめらかなもの

なめらかなもの

そこから一切が 生ま

れる


そこには自分と

真実なる「今」もなく

なめらかなものだけが

ある

それが「今」なのである


なめらかな うねり

幾何学の世界


やはり半導体のの中を

通らないと

ゆけないのだ


神話はその世界の

中から生まれる


星がちらばっている

星がちらばっている


1982.08.16.

| 1982年 | 00:16 | TOP↑

≫ EDIT

五次元の世界の線

五次元の世界の線には

ぶつかる というものがない


創造は あっても

ぶつかりがない


そこは 実に

音楽的である

そこは 実に

芸術の根源である


静かに なめらかに

そこではある


1982.08.08.

| 1982年 | 23:58 | TOP↑

| PAGE-SELECT |