FC2ブログ

1982年08月 | ARCHIVE-SELECT | 1982年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

たましいの指導者

たましいの指導者

たましいの指導者

たましいの指導者


宇宙の指導者

宇宙の指導者


宇宙の たましいの

指導者

宇宙の たましいの

指導者



我等にその

心の翼

たましいの翼を

与えよ


宇宙をかける

大鳥

パラマハンサよ




1982.09.30.
スポンサーサイト

| 1982年 | 13:32 | TOP↑

≫ EDIT

ワシがとぶ

時間のない空間

半導体的空間


時間のない空間

時間のない空間を

ワシがとぶ


羽をひろげてとぶ


時間のない空間を

ワシがとぶ


シャスターが

時間のない空間に

立っている

あれは ワシだ


時間のない空間と

ワシは一つだ


アメリカ人の心に

このワシのはばたきが

ないのだ

今のアメリカ人に


ワシ

時間のない空間を

とぶ


ワシ

これが世界のどこにも

なくなって来た


人類よ

人類よ

たちあがれ

峯となれ


峯となれ

欲望や時間から

超越した峯となれ


翼となれ

ワシとなれ


宇宙の指導者

たましいの指導者


1982.09.30.

| 1982年 | 00:49 | TOP↑

≫ EDIT

ドルガ女神よもうお帰りですか

ゆだねがとぶ

ゆだねがとぶ


ドルガよ ドルガよ

私はあなたに

ゆだねます


ゆだねはとぶ

ゆだねはとぶ

第六回ドルガプジャです

アメリカにおける


そして ゆだねる栄光に

浴しました


それは あなたです


ゆだねはとぶ

ゆだねはとぶ

それがあなたです


もうお帰りですか


私は あなたについて

とびます


あなたの背骨の中で

回転を おこして


ついてゆきます


1982.09.26.

| 1982年 | 16:32 | TOP↑

≫ EDIT

ゆだね

ゆだねは とぶ

ゆだねは とぶ


ゆだねる事は とぶ事で

もある


消えてあるもの

消えてあるもの

消えてあるものだけがもつ

特性である


とぶ とぶ とぶ

とぶ とぶ とぶ


今が とぶ

今が とぶ


ゆだね ゆだね

ゆだね


ゆだねは

宗教そのものである

自己 そのものである


ブラフマン そのものである

おお 透明なるものよ


1982.09.20.

| 1982年 | 11:26 | TOP↑

≫ EDIT

透明なる露

透明なる露がひとしずく

おちた

光がそこにあたって角度を

つくった


見えていなかった幾何学が

そこに見えてきた


透明は透明自体を

つくった


それが花であり

それが太陽であり

それが 時間と空間で

あった


重なりは 音と重力と

色彩を生んだ


生命もその幾何学の

重なりの中から生まれた


時空のない所をとぶ

今なる幾何学の中から

すべてが生まれ育まれた


宇宙は一つの大きい

ひとしずくである



1982.09.15.

| 1982年 | 23:44 | TOP↑

≫ EDIT

その人がいること自体が 幾何学である

その人がいること

それ自体が 幾何学である

野菜が土の中で育てられ

ている

そこに幾何学があるように


人は 人の幾何学の中で

消えるのだ

そのもの自体になれるのだ


透明がくる その回転の

中から


今 今 今 透明 透明 

透明

真実なひびき 今がとぶ

今がとぶ


なったものがとぶ

そのものがとぶ

すべてを巻きこんで

その旋風はとぶ


旋風はとぶ

今なる旋風が


透明はとぶ

透明はとぶ


そのものとなって


1982.09.15.

| 1982年 | 22:24 | TOP↑

≫ EDIT

そのものになると透明がくる

その人が立っていること

自体が幾何学である


その人がいること自体が 

幾何学である

土が野菜を育てているように


そこに幾何学がある

その中に入って

消える

回転する

すると そのものに

なることが出来る


その幾何学の中で

そのものになるのである


透明がやってくる

今がやってくる

それがとぶ

それがとぶ


なったものがとぶ

なったものがとぶ


その人が いる事自体が

幾何学である


その人が

立っているということ

自体が

幾何学である

その中に入れ

今が 透明が

やってくる


すべてをまきこんで

そのせん風はとぶ


まきこんで

透明はとぶ

透明はとぶ

透明はとぶ



1982.09.15.

| 1982年 | 14:31 | TOP↑

≫ EDIT

そのものになると

そのものになると

どんなにいいかしれない


自分でなしに

そのものになると

こちらと あちらが

かわるのである


幾何学の回転だ


そのもの その人

回転 回転

その人になること

そのものになると

そのものになると


ちがう世界が

わいてくる

夢の世界が

神話の世界が


神話は 裏の世界に

ある

月の裏のように


今までなかったものが

あらわれてくる


大昔からあったもの

大昔にあったもの

そうあるべきものが

そこに

まってくれている


1982.09.12.

| 1982年 | 09:42 | TOP↑

≫ EDIT

ゆだねと透明

ゆだねること

ゆだねること

このゆだねは 透明をつくる


透明に成ることは

ゆだねるであり

ゆだねるは 透明である


一元なる絶対に

透明に


今がおどる

今がおどる

今がとぶ

今がとぶ


ゆだねたものがとぶ

透明なるものがとぶ


1982.09.06.

| 1982年 | 21:09 | TOP↑

≫ EDIT

ほほえみなる幾何学

幾何学がほほえむ

幾何学がほほえむ


幾何学はほほえみ

幾何学はほほえみ


1982.09.06.

| 1982年 | 13:44 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT