FC2ブログ

1982年09月 | ARCHIVE-SELECT | 1982年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

透明なる宇宙

私は宇宙

私は宇宙

私は透明なる宇宙


鹿が二匹

祝いにくる


鹿が二匹

祝いにくる


私は宇宙

私は宇宙

構図なき構図の

消えたもの


そこでは すべてが

人も山も すべてが

消されてしまう


透明なる幾何学の

舞の中に


舞 舞 構図なき舞


この宇宙には

合一とか 統一とかいうものは

ないのである


それは 二つがあるから

相対があるから

そう考えるのである


高次元的に見ると

この宇宙には 二つのものや

相対というものは

ないのである


それらはただ表面的な

表われにすぎない


非ユークリッドの幾何学の

世界に入ると

平行線もないのである


ユークリッド的に見ると

平行線があり

あなたと私がある

平面幾何学の世界を

ぬけよ


光速を突破せよ

そこに何があるか


消えてあるもの

消えたもの

構図なき構図の世界が


笑いながら

おどりながら

ほほえみながら

舞っている


そこには 神も人間も

すべての「あるもの」は 

無い


そこには 「創られる」とか

「ある」とか「無い」と

二つのものとかがない


透明 透明 透明なる世界

透明なる宇宙

構図なき構図の世界が舞う


1982.10.25.
スポンサーサイト

| 1982年 | 15:52 | TOP↑

≫ EDIT

幾何学はおどる

幾何学はおどる

幾何学はおどる


幾何学はおどる

幾何学はおどる

幾何学はおどる


幾何学は透明

幾何学は透明

幾何学は透明


透明がおどる

透明がおどる

透明がおどる


今がおどる

今がおどる

今がおどる


幾何学はおどる

幾何学はおどる

幾何学はおどる

幾何学はおどる


幾何学は絶対

幾何学は絶対

幾何学は絶対


その絶対なる幾何学に

すべてを ゆだねよう


ゆだね ゆだね

ゆだね ゆだね ゆだね


芸術 芸術 芸術

芸術 芸術 芸術


芸術なるものが

そこにある


礼拝 礼拝

礼拝 礼拝

根源の調べ


ゆだねと礼拝が

おどる


それがおどる

そのおどり出したものが

重力である


重力が走る

重力が走る

狂い出した重力が走る


礼拝 礼拝

ゆだね ゆだね


透明 透明

幾何学は舞う



1982.10.19.

| 1982年 | 21:06 | TOP↑

≫ EDIT

根源の調べ

ゆだねと礼拝が

おどる

それが おどる


その おどり出したものが

重力である


重力が走る

芸術 芸術

芸術なるものが

ここにある


礼拝 礼拝

礼拝 礼拝

重力が走る

狂い出した重力が

走る


礼拝 礼拝

ゆだね ゆだね

透明 透明


幾何学は 舞う


1982.10.19.

| 1982年 | 14:57 | TOP↑

≫ EDIT

黄金のドングリ山

黄金色に光るドングリ

黄金色に光るドングリが

落ちるよ


糸を引いて 雨のように

いく筋もの雨が

ドングリの雨が おちるよ


パタン パタン

パタン パタン パタン

パラ パラ パタン
 

光が そのすきまを

通りぬけてかけるよ

遊んでいるのだな


リスがそのドングリの実を

小さいお手々で つかんで

食べるよ


その殻が山ほど


パタン パタン パタン

パラ パラ パタン パタン パタン


光の雨がふるよ

黄金の雨が


その間を

そのすき間を 光の線が

通りぬける


雨とふる ドングリの実


人の頭にでも落ちたら

痛いだろうに


パタ パタ パラ パラ

パタン パタン パタン バラ バラ


光の山

黄金色の山

黄金の山


マウント シャスターに

雪が積もったり とけたり


明日あたりは また

雨かな


風がふくのだろう

パラ パラと 落ち葉が

ドングリの大木の葉っぱが

それこそ 吹雪のようだ


ドングリを一度主食にしよう

と試みて

バケツに一杯とってみたが

すぐたまってしまった


黄金のドングリ

雨とふる ドングリ


1982.10.16.

| 1982年 | 21:33 | TOP↑

≫ EDIT

外なる世界

ワシがとぶ

ワシがとぶ

透明なるワシがとぶ

それは 外なる世界


ワシがとぶ

ワシがとぶ

透明なるワシがとぶ

それは 外なる世界


背骨のA点が

ふるえ上がってしまう


透明なるワシなんて

あるのだろうか

あるのだ あるのだ


それが 自分だ

それが 宇宙だ


宇宙なる大鳥

大ワシがとぶ


1982.10.14.

| 1982年 | 13:32 | TOP↑

≫ EDIT

させて頂く


歌わさせて頂きます

歌わさせて頂きます

歌うのでなしに

歌わさせて頂きます


私は いま

歌っているのでなしに

歌わさせて頂いて

います


そこでは 自己

消えて

自分となる

自分となっている


山が山であるように

不動で

気高く

何の野心もない


シャスターがワシで

あるように

雪が雪であるように


それは 気高い


自己がない自分が

あるが故に


何事も させて頂きます

させて 頂いています


歌は 歌うのでなく

歌わさせて頂くのである


自己はきえ

知識はきえ

峯は 峯となる


ワシが 雄々しいのは

いばっているからでは

ない


おびえがなく

かざり気がなく

そのものであるからで

ある


そこには 自心を通りこした

ものがある


それは 自己がない

そこに

その姿が それが

あるのである


させて頂くのである

何に 何の為に

させて頂くのか

何に……というのでは

なく


何にというものもない

のである

神に 或は

もっと何か偉大な

真理に

させて頂くのでもない


させて頂くという心は

自己そのものの

姿なのである


する しているという

ことは

自己があり

ある自己が

はり出してきている

のである


その自己のきえた

地点

させて頂いているそここそ

自己の位置である


させて頂くその中に

ゆだねがあり

消えるがあり

透明があり

安定があり

一人があり

一人つっ立っている

自己がある


ワシとなれ

ワシとなれ

気高き 自己そのものと

なれ


させて頂きます

させて頂いています

歌わさせて頂きます


おお 大鳥は羽を

ひろげて

かっそうをする


その羽は長く大きい

空間も大きくひろい

それらすべてが自己だ


する者は 小さく

みじめな者である

するのでなしに

させて頂くのである


ワシはそこでとび

ワシはそこで

とどまっているのである


あの眼をみよ

小さいものは

そこには何もない


小さいものとは

するもの

しているものである


何事でもおびえている

小さい鳥から

大鳥となろう


世界中の多くの人々よ

うろうろ こそこそ

地上を

はいまわらずに


雄々しく

安定しきった

大鳥に

なろう


する自己から

させて頂く 自己に


歌が世界中に

歌われてきた


させて頂くという

歌声が

ひびきわたってくるのを

知る

くるのがわかる


礼拝するのでなしに

礼拝させて頂くのである

させて頂くのである


掃除でも

するのでなしに

させて頂くのである


奉仕でも

奉仕させて頂くので

ある


仕事でも

仕事させて頂くのである


世界はそこから

よみがえってくる

まさに墜落しそうに

なっている

世界から


人間から

救われ

歌われ


生産も

まともに

おきてくるのも

この時である


人々よ雄々しく立って

働こう


1982.10.01.

| 1982年 | 20:17 | TOP↑

| PAGE-SELECT |