1982年11月 | ARCHIVE-SELECT | 1983年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

生きた一線がある

ゆだねが とぶ

ゆだねが とぶ

ゆだねが とぶ


強力な ゆだねがとぶ

強力な ゆだねがとぶ

バイブレーション


強力なるバイブレーション

強力なるバイブレーションが

とぶ


眼に何の うたがいもなく

顔に何の うたがいもなく

透明に輝く生きたもの

生きた一線の

はばたきがある


宇宙の外をかけめぐる

一本の線がある

それは 自信に輝いている



1982.12.16.
スポンサーサイト

| 1982年 | 11:20 | TOP↑

≫ EDIT

透明なるバイブレーション

今がとぶ

今がとぶ

「今」は ゆだね


今がとぶ

今がとぶ

「今」はゆだね


透明 透明

透明がとぶ

透明がとぶ


ゆだねる者は透明

これに優るものはない

これに優るものはない


ワシの一線は

自信をもってとぶ


透明 透明

透明の一線がとぶ

これに 優るものはない


「今」 「今」

今がとぶ

雄々と今が

翼をひろげてとぶ


言葉を失う者は

幸いである


バイブレーション

バイブレーション

透明なる光の矢が

とぶ


何千 何万 何億もの

光の矢がとぶ


地球を

宇宙を

つらぬいて


それはゆく

それはゆく

それはゆく

ゆだねの「今」が


1982.12.15.

| 1982年 | 23:09 | TOP↑

≫ EDIT

ゆだねは半導体

半導体 半導体

半導体と「ゆだね」と 

どこでくっつくのか


半導体 半導体

半導体と「ゆだね」と 

どこでくっつくのか


それはその二つが

あるのでなく

「ゆだね」そのものが

半導体となるのだ


「ゆだね」 「自信」は

ワシの翼のあの

すばらしい一線をつくる


そこには一人つっ立ち

他の人がない


半導体は他に

関係がなく

ただ一人つっ立って

いるのだ


「ゆだね」 「ゆだね」

自信 自信は

そのつっ立ちをつくる


他に関係のない

つっ立ちは

半導体そのものである


それが その「ゆだね」から

つくられてくる


「ゆだね」 「ゆだね」

ゆだねのすばらしさよ


それでわかった事がある

「今」がとぶの

その「今」が とぶこと自体が

半導体的姿である


「ゆだね」は

「今」であり

半導体をつくり

実現そのものである


「ゆだね」ることは

また

回転軸を通ることでも

ある


「ゆだね」はすべてを

まとめ

すべてを 実現へと

向かわせる


ゆだね ゆだね ゆだね


1982.12.12.

| 1982年 | 17:20 | TOP↑

≫ EDIT

言葉

ひびきで語れ

ひびきで歌え


ひびきでものを言え

ひびきで生きよ

汝にはそれが出来る


ひびきが 汝の声

ひびきが 汝自身

言葉を終息せしめよ

ひびきがそれに入れ

かわれ


ひびきこそ 汝の声


一本の線が

それへ導いてくれる


ゆだねと自身自信って

進め

今こそ 決戦の時だ


汝こそやれ

ひびきそのものよ

自信をもって進め


ひびきよ

汝の名は ひびき


1982.12.07.

| 1982年 | 09:50 | TOP↑

≫ EDIT

一本の生きた線

ゆだねよ ゆだねよ

自己に ゆだねよ


ゆだねよ ゆだねよ


自信 自信 自信


宇宙にゆだね

自己にゆだね

背中のA点に

意識を集めて

ゆだねよ


自信が大きく出てくる


その自信と

ゆだねは「永遠」


ワシのかっそうの

翼のあの

線が出てくる

あの一本の線が


線 線

一本の生きた線が

出てこないと

実現とは いえない


実現とは この一本の

線が

出てくる事である


あなたの顔に 声に


だまっていても

この一本の線が

出てこなければ

ならない


透明なこの線が


透明 透明 

透明 透明

自信 自信

ゆだね ゆだね


強力なワシの翼の

一本の線


その一本の線が とぶ

幾何学の大洋を


とぶもの とぶもの

とぶものこそ お前だ


自信と ゆだねの中で

とぶもの


1982.12.03.

| 1982年 | 10:28 | TOP↑

| PAGE-SELECT |