FC2ブログ

1983年01月 | ARCHIVE-SELECT | 1983年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

青年よ野心をすてよ

山はよい

この山の広いアシュラムが


大声で 歌える

大声で 歌える

この広い山のアシュラムが

自分を 又しても

本当の 本当のところに

ひっぱっていってくれる


野心 何の野心もなく

半導体的広い空間の中で

歌えた


可能性 可能性

何の可能性もない

その世界

何の可能性をも持たない

空間


人間は野心をもつから

いけないのだ

野心をすべて すてた

その姿こそ 本物

本物の姿だ


可能性をつぶしてしまえと

いうのではない

可能性を純化するのである

ピュアーなものと 化すのである


アジメールの賤民の女たちの

あの歌声にも

それがある


夢にみた中国人のニコヨンの

あの美しい 美しい顔

そのいずれにも 

それがある

半導体的 半導体的


そこには

野心をすてさせてくれる

ものがある

この広い 広いアシュラムの

空間にも


青年よ 野心をすてよ

人々よ 野心をすてよ

汝はいづこへ 行きたいのか

何をしたいのか


あの思想 あの集団

あの あの あの

あれも これもと

行きたい所 見たい所

したいこと

百貨店にある様々な品物に

心がうごく


それらはすべ迷いである

野心である 野心である

野心 野心 野心

汝は 野心の塊である

それを それを

一つの中へ純化させよ

一つの中へ

ピュアーという一つの中へ


それは 最高の美を

汝に与える


光りに輝いた美ではなしに

神そのものの美だ

ニコヨンの中国婦人の

ように

アジメールの賤民の

真実なる歌声のように


そこに神々が来るし

そこに平和がくるし

これ以上に何もいらない

ものが

来るし

最高のそのもの自体になる


野心をすてよ

野心を純化せよ

一本の翼の線になれ

それはとぶ

それはとぶ

ピュアーとなって

それはとぶ


広い所で歌を歌え

思い切り歌え

人間を消した所で歌え


汝は 汝は

野心の塊である

そのすべてをすてよ

純化させよ

つまらぬことに

人生を

すりへらすな


1983.02.19.
スポンサーサイト

| 1983年 | 14:18 | TOP↑

≫ EDIT

小がなく大だけの世界


星の彼方に意識を向けよ

極大の世界だけが この世に

あるのだ

極小は極大の中に含まれる 

極小の世界には限界がある

極大の世界 極大の世界

そこには 大きさもない

それ程 大きい世界が

極大の世界だ


極大の世界が分からないと

極小の中にも入ってゆけない


星の彼方に意識を向けよ

直接直感で星の彼方に

意識をむけよ

宇宙の外をかけめぐるもの




1983.02.13.

| 1983年 | 21:53 | TOP↑

≫ EDIT

ふり返ってみると


ふりかえてみると

今までに最も我々に

必要であり

我々をよきものとしてくれた

ものは

「直接直感」であった


人と自分

物と自分の間に

間をおかない事である

例えば他の人と自分という

二つがあると

感情がわく

つまらぬ事を考える


それを直接直感で間を

なくしてしまうのである


自分が他の人の中に入って

そこからものを言うのも

その一例である


何の感情も入りえないし

明らかにものが言える

力強い明らかな声で

自分と他の人との間に

間をおくと最後

人間は相対のとりこと

なってしまう


相手の中に入りこんで

ものを言うと その

いわゆる「間」がなくなる

のである


山が山であるのも

石が石であるのも

間がないからである


今の人間には「間」が

あるから

人間が人間でないのである



そのものが そのものであること

そこにこそ本物があるので

ある


自己が他の人との間に

「間」がある事は

自己そのものも 二重に

なっているのである


本物の自分でなしに

「間」のある人間になって

いるのである


他の人 他の物の中から

ものを言うと

自分が消されているのである


直接直感 直接直感

そこには とやかくものごとを

考える いとまを与えない


考える人間は消されて

ふるえだけの人間となる


ふるえだけの人間

ふるえだけの人間

直接直感 直接直感


1983.02.10.

| 1983年 | 22:39 | TOP↑

| PAGE-SELECT |