FC2ブログ

1983年03月 | ARCHIVE-SELECT | 1983年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

その事柄が幾何学……そこが 

一つの原子は宇宙大の質量をもっている
一つの原子は宇宙大の価値をもっている

その極微と極大の組み合わされ
その重なり
その重なりのそこに幾何学がある

その妙なる重なりのもつ幾何学
そこに透明さがある
その透明の幾何学の中で相対事物は消されてしまう

光速と場と運動のその遊戯の中に
消されてしまうのである

重なりのその幾何学の中で
そこで人はブラフマンという極限にいく
ブラフマンという消えた構図の中へ
消えてゆくのである

その入口の
重なりと幾何学のポイントの所が
その事柄が礼拝である

1983.04.13.
スポンサーサイト



| 1983年 | 10:02 | TOP↑

≫ EDIT

これこそ最高

消えた構図
消えた構図
ブラフマンの世界

消えた構図
消えた構図
背骨のA点に 消えた構図が波うつ
消えた構図 これは最高だ
消えた構図 これは最高だ

消えた構図
消えた構図
声は最高で歌える

消えた世界
そこに本物がある
本物は 消えた構図のそこにある

高々と大声で歌える
そのバイブレーションが飛ぶ
消えた構図
これこそ最高だ

1983.04.12.

| 1983年 | 11:28 | TOP↑

| PAGE-SELECT |