FC2ブログ

1983年04月 | ARCHIVE-SELECT | 1983年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

開きと結合

相対的に物が配置されているこの宇宙にあっては
その配置されている事柄の中において
何かが為されているのである

ところがこの社会において 人と人との中において
自由とか言って 開きばかりを考えていては
開き放なしになってしまうし
閉ざしばかりを考えても 閉ざし放なしになってしまうし
それらは二つとも極端な考え方である
開き放なしは現在も明るいし 未来も明るいが
ただ 物が消費されるばかりである

それで閉ざしという系でなく
結合という系を見つけねばならない
いわゆる開きと結合が 同時に存在している系である
そういう二つの異なったものが 同時に重なり合って
存在している系である
一方のない一方も考えられないし
その反対の一方のない一方も考えられないという
二重性の同時存在する世界である

時間 空間 質量とネルギー 波長と粒子で 
光が出来ているように そんな系を見つけるのである
それが物が相対的に配置されている意味であり
相対性理論の一幕でもある

劇は続けられねばならない
人間たち 物たちとの劇が二重性の同時存在するその系の中で
しかもピンボケの意識をもってピュアーな心 ピュアーな精神
でもって遊戯はその舞の中で続けられねばならないのである

しっかりすると自分だけの考えの中で他を非難し放なしで終り
それらは破局をまねく 集合体の中でおれなくなる

一つの国家であってもそうだ
今の世の中はまさしくこのしっかり人々の集合体に
なっているからぶつかり合うのだ
半導体的に空洞のあるピンボケの世界を展開せねばならない

今までの社会は権威と虚栄に満ちている
こういうものを棄てねばならない
アメリカ人はそれを棄て始めている

また結合と開きということは 他の人をも開き
解放したものでなければならない
夫が妻を解放し 妻が夫を解放する
それは 今までの暗い社会を開幕させる

私は私 あなたはあなた 私はあなたの為に生まれて
来たのではありません
あなたも人間 私も人間
そうして解き放ち 解き放たれた者たちがその理解し合った
上で結合してゆくのなら どんなに幸せな人生を
おくれる事でしょうと アメリカは進んでいる
こうして一つの家族 一つの夫婦 親と子との関係を
解放している

1983.05.10.
スポンサーサイト



| 1983年 | 14:29 | TOP↑

≫ EDIT

宗教を先行させるな

宗教を先行させるな
物理学 幾何学を先行させよ
その奥に宗教が見つかる

中途から人は宗教を先行させてきた
心とか精神とか言って
そして神を 哲理を編み出して来た
それは複雑な訳も分からぬ世界を造って来た
長い間 そんな社会が続いた

だが今はそれを転覆させる時期だ
宗教なるものを早く見つけようと思えば

星 星々 樹や樹々たちは宗教の中に生きている
人 人々はそれと違った世界に住んでいる
仮に作り上げられたものの中に住んでいる
仮に作り上げられた宗教は棄てやすい
いかに 何万年続いたものであっても

物理学 幾何学 そして宗教……この順序を忘れるな
見つけた本物の宗教に定着せよ
本物の宗教とはピュアーなるもの ピュアーそのもの

震えて来る 震えて来る
樹々や空間 時間 運動 石や山
自分と それらとの間に間隔がなくなってくる
宗教とはそれだ

実をいうと この世の中には相対というものは無いのである
それはただ相対的に物が配置されているだけのことである
感覚的にとらえる眼はそれを相対と受け止めてしまうのである
それを心の中に映像化する
人はそこで 間隔の中で生き始める
いわゆる間隔文明が築かれてしまったのである

考えることが起きた
心や精神は ここではしきりと活躍した
違う世界を造り上げてしまったのである
そして それらが優位の王座につき
緊張と警戒の しっかり社会を造ってしまったのである

やわらかさのない直線思考がやわらかいピュアーな曲線思考を
どこかに追いやってしまったのである
だから人類はこうした元々からの人間の過ちから
くつがえして来ないとどうしようもないのである

しっかりせよ しっかりせよと
心は 精神は唱え続けて来た

強盗は生まれ それを追いかける警官が生まれた
しかし その双方とも同じようなものである
しっかり社会のかげろうのような群像である

1983.05.09.

| 1983年 | 17:08 | TOP↑

≫ EDIT

ピンボケの声


体を揺さ振っている事 
体という物質を優先さす事
なぜなら心や精神より 物質の方が早くこの世に
誕生したのだから
心や精神は後から来たものである

宇宙が出来て始めに鉱物の世界があった
そして生命をもつ植物が生まれた
そのように生命より鉱物というような物質の方が
先にこの世に来たのである

だから人間にとって 心や精神よりも物質の方が母胎である
心や精神に人間をまかせるとろくな事をしない

物質の中には始めからある宇宙構造が秘められており
そこでは ピュアーなる本性が波打っている
物質 あるいは物と物との動き 運動の方が
心の世界よりピュアーだ

人間は心とか 精神とか 魂とかいうものに主体性をおくが
それは間違っている
それらは物質より後から来たものである
そして精神とやらは感覚や知識を通し 間違った事を見
間違った事を考え 善し悪しや硬苦しいものの中で生きて来た
そこには元々あったピュアーなるものはなかった

それは迷いと混乱の世界を 迷いと混乱の人間をつくり上げた
賢くならなければ しっかりしなくてはというその考えが
大人の声を子供の声から切り離してしまった

子供のあのかわいい舌足らずの甘い夢のような声を
大人は出せなくなってしまったのである
ピンボケの世界を ピンボケの画面を
大人は忘れてしまったのである

肉体に 物質に意識を集め 心や精神をボカしていると
ボケた世界に ピンボケの世界に入ってゆける

光速をかけて 宇宙の彼方まで飛べ
ピンボケの世界がある
そこが宇宙一切のふる里だ
子供はその世界に近い

声に 顔にそれがある
まず 体を揺さ振ることから始めよ
そして ピンボケの画面を想像せよ

ピンボケの光速をもって 宇宙の彼方まで飛べ
心や 精神や 魂までがそれについてくる
後から

先に先行させるのが物である
心や精神ではない
ピンボケの ピンボケの世界の中に生きよ
しっかりすると間違って来る

1983.05.08.

| 1983年 | 22:33 | TOP↑

≫ EDIT

子供の甘い声を

子供の声を私は追い求めて来た
天使のような声
舌足らずの無心な声
それはピンボケの画面の中から出てくる事がわかった

子供はピンボケの中にいる
大人ははっきりした画面の中に生きている
しっかりしないと生きてゆけないからという事もあろうけれど
しっかりすると画面までしっかりしてくる
子供はピンボケの中に生きている

TVで銀行強盗や大人たちのなぐり合いの画面
これらはしっかりした中から起きてくる事がわかった
人はピンボケから外れると大変なことになる

「大草原の小さな家」というTV映画だと思うが
ちょうど教会堂へ人々が入ってゆく
牧師がピアノをひき出すと黒人の婦人が手拍子をうち出した
人々もそれにならった

苦々しい顔をしてその騒ぎの中にいる婦人もいた
牧師までが壇上で手拍子をうち出し
子供のようなニコニコした顔で体までゆさぶっていた

教会堂は こうあるべきだ
硬ぐるしいばかりが教会堂ではない
手拍子を打てるのはいつも体がピンボケのコンピューターを
もっていて 踊り歌っているからだ

しっかりすると人は苦しい社会をつくり出す
騒々しい混乱した社会をつくり出す

舌足らずの子供の声を出そう
全てが 踊りと夢とに満ちて来る
花の精まで飛び出して来る

1983.05.08.

| 1983年 | 10:43 | TOP↑

| PAGE-SELECT |