FC2ブログ

1983年05月 | ARCHIVE-SELECT | 1983年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

心のないものがとぶ

私は人間ではない 
私は物質である
私は人間ではない
私は物質である

物質 物質 物質には心がない
心のないものが飛ぶ
外宇宙 外宇宙を飛ぶ

心は 精神は切り放たれて
透明なるバイブレーションが飛ぶ
飛ぶもの
この物質なるものが 外なる宇宙を飛ぶ

時空をも越えたもの
根源の世界は波打つ
今なる透明の翼は羽ばたく

心や精神をもたず
その者は 外なる宇宙を飛び回る

物質 物質
物質は飛び回る
ピュアーなる物質が

1983.06.30. 
スポンサーサイト



| 1983年 | 23:17 | TOP↑

≫ EDIT

勤務から勤務へ

人は勤務から勤務へ移る
死ぬ時も 勤務から勤務へ
どんな勤務が待っているのか
分からないけれど
次の勤務が待っているのだ

会社員でも定年が来ると
次の勤務に移るのだ
定年で淋しいとか
死がいやだとかそんな事はない
次の勤務が待っているのだ

栄転であろうと 左遷であろうと
何であろうと どうでもよい
……たとえ 会社を首になったとしても
勤務から勤務へ移るだけのことだ

それがたとえ子守であったとしても
立派な勤務なのだ

アメリカ勤務であろうと
日本勤務であろうと
それをしっかりやるだけの事だ
微笑みがやって来る

1983.06.24.

| 1983年 | 09:47 | TOP↑

≫ EDIT

蜂鳥

蜜ばかり吸う鳥がいる 
それは異質の鳥だ
嘴が長くて蜜ばかり吸うのだ

それと同じく空間を食う者がいた
空間を食うのだ 
パクパクと空間を食うのだ

普通の人間は知識や考えを食って生きているが
その者は空間を食って生きているのだ
空間がその者の故郷というか 母胎なのだ

人間は考える意識の中にいつも生きている
それを自己の宇宙としている 
自己の母胎としている
しかしそれは悩みを製造するだけである

人は始めピュアーという空間の中に生きる生き物であった
ところがその空間を忘れて
言葉や言語や次元の中で生きてしまった

眼は彼等の全てとなってしまい 
眼でとらえた世界の中で
生きるようになってしまった
そしてピュアーなる空間を忘れたのである

眼で生きていると次元があり
感覚と思考ばかりの中で生きるようになる
宇宙は立体的にしか見えなくなってしまい
男や女やという相対的な感覚の中ばかりで生きてしまう

人は男 女 時間 中性子 運動というものを
すべて記号として扱えるようになると
この感覚世界は消えて 真実なる透明の世界が見えてくる

そこはぼやけたもの 次元のない「踊り」そのもの
「舞い」そのもの 「遊び」そのもの 神話そのものの世界だ

その「踊り」そのもの 「遊び」そのもの 神話そのものが
我々の本質でもあり 我々の住所でもあり 母胎でもあり 
我々の食いものでもある

幾何学は飛ぶ 幾何学は飛ぶ 永遠の生命の中を
翼の一線は飛ぶ 自己にゆだねて 
バイブレーションの震えのみがある 

平安な世界がそこに展開している
人は考える世界から
透明な空間を食う世界に入らねばならない

体が左右に揺れ 手が空に伸びて
踊り始める 舞い始める

本物 本物 本物がそこにある
震えがくる 震えがくる 
本物の震え

1983.06.06.

| 1983年 | 23:52 | TOP↑

| PAGE-SELECT |