1983年06月 | ARCHIVE-SELECT | 1983年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

おお おお 願いは一体

おお おお 願いは

一体 何だったのでしょう


おお おお 願いは一体

何だったのでしょう

自己の消えていない者のもつ

特性である


「礼拝」があらわれると

すべては 消える


実現したいということも

外なる宇宙も 翼の一線も

ほほえみも

すべて消える 


俗世に生き 日常の

いろいろな願いも

すべて消える


おお おお 一体 一体

それらは 何だったのでしょう

眼がさめたように

自分は消えてしまった


礼拝 礼拝

この 平安なるしらべ


1983.07.28.
スポンサーサイト

| 1983年 | 19:44 | TOP↑

≫ EDIT

ゆだねと礼拝

道はすぐ わすれられてしまう

やさしい道ならすぐ覚えるが

むつかしい道はすぐ忘れて

しまう


日常のいろんな問題が

ぶつかってくると

しっかりつかんでいない道は

その嵐の中で見えなくなって

しまう


ゆだね ゆだね

ゆだねようとするが

うまくゆだねられない


問題解決を その「ゆだね」に

よって

解決しようとするも

ゆだね切れない


ゆだねの効果はどこへ

いってしまったのだろう


本当の「ゆだね」の道に入って

いないと わかりながら

その「ゆだね」にたよろうと

するも

それは 効果をあらわして

くれない


ぴったり「ゆだね」の中に入って

いない自分を感じる

ところが その見うしなったで

あろう道を

いつも苦心してさがしている

うちに

やっとみつける事が出来た


それは 「礼拝」を通じないと

ダメだという事

礼拝することが「ゆだね」で

ある事が はっきりしてきた


ゆだねようとする事は

本当のゆだねではない

それは 知識の道である


ゆだねは 結果として

くるものである


「礼拝」は幾何学である

礼拝するのでなく「礼拝」その

ものに

なるのである


幾何学の重なり

重なりこそ 幾何学である

そこに「礼拝」があるその

「礼拝」そのものに なること


幾何学となり 更にそれが

「ゆだね」そのものとなる


「ゆだね」は ゆだねようとして

くるものではない

知識の道と本筋の道とは

ちがう


ゆだねよう ゆだねようとする

事は

単なる頭だけの道である

それは 本当のゆだねではない


だからいつも 「ゆだねよう」と

つとめねばならず

そうしても そのゆだねは

すぐふきとんでしまう


問題は 頭の中でいつも

型をもつ

だが 本当の「礼拝」そのものに 

ぼつ入すると

そこに「ゆだね」が来る事に

なる

その時 幾何学にずばりと

入った事になる


ワシはその時 とぶのである

ワシの翼の一線は この時

かっそうをはじめるのである


とぼうとして 飛べるものではない

頭の中でこしらえた ワシの翼は

見事にいうことをきかない


ワシは ワシの翼は

つくろうとして つくれるもの

ではない

「礼拝」そのものの中に

ぼつ入した時に それはなる

それらは なるのである


1983.07.27.

| 1983年 | 13:37 | TOP↑

≫ EDIT

ほほえみと歌がとぶ

ほほえみがとぶ

ほほえみがとぶ

ほほえみがとぶ

歌ほほえみがとぶ

外なる宇宙をそれはとぶ


歌 歌 歌

歌がとぶ

歌がとぶ

外なる宇宙をそれはとぶ


可能性 可能性

あらゆる可能性をほった時

それはとぶ

あらゆる可能性をほった時

それはとぶ

本物 本物 本物の顔


歌 歌 歌

ほほえみ ほほえみ

大いなる翼


時空連続体を破って

それはとぶ

外なる宇宙 外なる宇宙


1983.07.10.

| 1983年 | 23:43 | TOP↑

| PAGE-SELECT |