FC2ブログ

1983年09月 | ARCHIVE-SELECT | 1983年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

展開は記号である

記号は展開である
展開は記号である

この世にある全ての物
全ての事は
記号である
これから行われて来るものも
全て記号である

根源 現われ 展開
透明な世界は現われの
世界である
記号の世界は展開の
世界である

展開 展開 この世界の全ては
展開であり 記号である

ワニの眼から生れたという
笑いの世界は
その展開と現われの重なった
ところにある

1983.10.27.
スポンサーサイト



| 1983年 | 23:02 | TOP↑

≫ EDIT

ワニの眼がいっぱいに

思考の世界と透明な世界とがある
人は思考の世界でおり
透明な世界を忘れている
透明な世界は 記号の世界と重なってある

この世のあらゆる現象は記号である
中性子も 引力も 運動も 風も 空気も 時間も 人間も
人間の行為 言語もすべて記号である

この宇宙がある事自体が記号である
それを人は記号として扱わず
思考の世界で知的感情的に全てを扱っている

人はそれに気付き 
この宇宙の全てを 記号として扱えるようになると
知情意から来る悩みを 取り除くこと事が出来る

透明で神話に満ちた笑いの世界が
そこにあることが分かって来る
ワニの眼から僕は生れたと言えるような
心の世界が分かって来る

子供の眼には この世の全ては「記号」として映るのである
何がどうあらねばならぬ というような世界は
子供の中には ないのである
笑い 笑い 笑いだけがある世界だ
ワニの眼が一杯に拡がって来る
 
1983.10.27.

| 1983年 | 16:58 | TOP↑

≫ EDIT

おどっているではないか

皆が…… あなたが踊っているではないか
それをあなたは 気付いていないのだ
あなたが……それ踊っている 
あなたが……それ踊っている

記号と透明との重なり その一点は踊りの一点
神話の一点 笑いの一点
ワニの眼から子供が生れてくる一点

ゲラゲラ笑って 微笑んで 天国の叫びを上げている一点
それをあなたが持っている
そこは神話のふる里
神話そのもの 踊りそのもの
笑いこけるそのものの世界だ

あなたは あなたは 
そこで そこで踊っている
そら そこで踊っている その重なりの一点で
それがあなたにもあるのだ
全てにあるのだ

全てが神話そのもの 笑いそのもの 踊りそのもの
手拍子をうっている
手ばなしで おどけて
踊りが 踊りがワニの眼の中で
クスクス ゲラゲラ 笑いこけている 
私も あなたも

1983.10.19.

| 1983年 | 23:01 | TOP↑

≫ EDIT

本物の位置でおれ

なぜ 人間の中に入って来るのか
なぜ 人間の中に入って来るのか
あの重なりの一点でおれ

なぜ 人間の中に入って来るのか
記号と実在との重なりの一点におれ
そこは 半導体的な所だ
そこでおれ

なぜ 人間の中に入って来るのか
重なりの一点でおれ
なぜ人間の中に入って来るのか

人間は とやかく他人の事を言ったり 考えたり
渦の中に入りたがる

なぜ そんな人間の渦の中に入ってゆくのか
半導体の重なりの位置に帰れ
本物がここにあるのだ

本物と偽物とを もっと思い出せ
偽物の世界に入った自分を 本物の位置に戻せ
重なりの半導体の位置に

踊れてくる 踊れてくる
神話の世界で

1983.10.06.

| 1983年 | 23:39 | TOP↑

≫ EDIT

ワニの眼


ハイハイ神様 くっついた
ハイハイ神様 くっついた
ハイハイ神様 くっついた
これは 三才の光司が作った詩である

ゆだねもそこにあるし
礼拝もそこにある

ハイハイ神様 くっついた
ハイハイ神様 くっついた
ワニの眼は笑い
ワニの眼は歌う

ゆだねもそこにあるし
礼拝もそこにある

ハイハイ神様 くっついた
ハイハイ神様 くっついた
ゆだねもそこにあるし
礼拝もそこにある

ワニの眼は歌い
ワニの眼から全てが生れた

1983.10.06.

| 1983年 | 22:13 | TOP↑

| PAGE-SELECT |