FC2ブログ

1983年12月 | ARCHIVE-SELECT | 1984年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ほほえみがひろがる

時間と 空間によって 

ぼやけていた 

ほほえみがあった 


時間と 空間によって 

ぼやけていた

笑いがあった


しかも それは「透明」で

笑いと 笑わぬとの 

笑いでなしに 

ほほえみと ほほえまないの

ほほえみでなしに


「ほほえみ」と 「笑い」と

「透明」があった 

一元の世界だ 


その一元の世界に 立つこと 

そこにいること 

この地上に 関係なく 

すること


すると汝は 「笑い」と 

「ほほえみ」と 「透明」に

輝いてくる


それは この世の人ではない 

あなたが それであり 

地上が それである


あなたと私のない あなたであり 

地上と私のない 地上である


マーヤの世界も 

ぼんの世界もない 

ぼんの世界である 

直接な世界である


そのものであって 

私のない世界である 

ほほえみがひろがる


1984.01.15.
スポンサーサイト

| 1984年 | 23:18 | TOP↑

≫ EDIT

二本調子の内宇宙をとび出せ

わくが切り落とされたのだ

わくが切り落とされたのだ

透明と不透明の

透明と違う「透明」という言葉を

思い浮かべることによって

相対が 相対が 

相対のわくが

切り落とされるのだ


一本調子の世界 一元の世界 

外宇宙に 自分は今いる

内宇宙の相対君には

何ら関係がない


一本調子 一本調子 

二本調子でなしに

二本調子の内宇宙にいると 

いつまでもうろつく


そこには 何やかやと

何でもある

あって それらの中で考え

それらの中のものを使って

説明する


そんなものは相対という世界の中での

うろつきである

二本調子のそんな内宇宙から

とび出せ


一本調子の外宇宙

透明と不透明の透明と違う「透明」

この素晴らしさは たとえようがない


今朝は雲一つない

山々の峯が横に長く

一線をひいて 黒く

その上は白く 太陽の昇るのを待っている


一本調子の一本の線

外宇宙は歌いつづける

「透明」は歌いつづける


1984.01.12.

| 1984年 | 16:01 | TOP↑

≫ EDIT

これは物凄い

これは 物凄い

これは 物凄い

これは 物凄い


今朝のお祈りの時から

「透明」が ひっかかっていた

本当の 透明が


それは 透明 不透明の 透明で

なしに

そんな 透明でない「透明」という

事が

インスピレーションに ひかかっていた


そして その時 詩をかこうと思ったが

まだまだ入口に立った

ばかりだったので

ひかえておいた


今日は一日中

外の仕事で いつもの通り

いそがしく

肉体をつかっていた

つかれる作業だったのだ


夜の六時

いつものように 夕べの

お祈りが 始まった


灯明をまわす時から

急に ちがって来た

意識が その 透明と不透明の

透明とちがう「透明」に

かかっていた


それに 入っていたのだ

すると

灯明や線香をまわす手が

大きくうごいてきだした


今までは 小さくまわしていたが

その形を破って

極端に手が大きくまわって

きた

全然ちがう大きい円を

手がえがき出したのだ


それは なにもかもを

いままでの 何もかもを

……この世の何もかもを 外に

まわしているものだった


形の世界や 言語というような

つくられてあるような

そんな形

或はそこいらにある一切を

けちらして

その手は まわっていた


それらは 違う所で

それらの行為は それらと

ちがう所で行われ

歌われていた


大声で 歌った

それはそれは 大声の

歌となった

今までの歌い方とは全然

ちがう

この世の現象が ふっとば

されているものだった


「透明」 「透明」

何とすばらしい「透明」」への

没入だろう

すごい  物凄い

最近になかっった すごさだ



透明と不透明の透明で

ない「透明」

今までの言語

今までの様々な説明

そんなものを ひとつの形として

ひねりつぶし

けちらして

それは あった


人も宇宙も 関係のない

ものとなって

それはあった

「透明」だけに定着している

自分があった

すごい 物凄い!!



1984.01.10.

| 1984年 | 09:15 | TOP↑

≫ EDIT

ほほえみが外宇宙をとぶ

ワシの翼 ワシの翼

ワシはとぶ ワシはとぶ

翼の一線 翼の一線


透明 透明

透明なる 翼の一線


ワシはとぶ ワシはとぶ

ワシの翼の一線

透明がとぶ

透明がとぶ


笑い 笑い

ほほえみが とぶ

ほほえみが とぶ

外宇宙を 

外宇宙を 今がとぶ


ワシの翼が とぶ

外宇宙

外宇宙をとぶ

外宇宙を今が とぶ


透明が とぶ

笑いが とぶ

ほほえみが とぶ


1984.01.08.

| 1984年 | 09:11 | TOP↑

≫ EDIT

透明は笑い

透明は笑い 

透明は笑い

宇宙の笑い

笑い 笑い


透明度は 角度をつくる

透明と角度は一緒だ

同じものだ


宇宙の笑いは

透明なる角度だ

それが 宇宙のほほえみだ


ああ そうだ 半導体も

角度だ

透明なる角度は礼拝である


透明なる角度は 斜め

そのもの

斜めは 透明である

斜めの線にそって歌い

おどれ


恍惚がやってくる

永遠なる 真実なる世界が

彼を みちびく


1984.01.07.

| 1984年 | 14:02 | TOP↑

≫ EDIT

ぬけた世界

すかっとぬける世界

まじめにととのった世界で

なしに

すかっとぬける世界

ふざけた世界ともいえる


笑い ほほえみ

風船にえがかれた絵は

ひきのばされて

りんかくが

はっきりしなくなるように


宇宙の ほほえみ

一者の ほほえみは

りんかくが はっきりしないで

時間と空間の中で

ふざけ おどり

すかすかと ぬけている


記号 記号 記号


宇宙の一切は 必要である

ようだが

自分にとって そんなに

たしかなものではない


記号的存在である

自分も 記号的存在である


りきんだり

ぶつかっていったりする

ものではない

まじめに 或は

感覚的に しかと

つかめるものではない


つかもうとする自分があると

かたいぶつかりと

まじめさと

知的かっとうの中で

感情のとりことなってしまう


ふざけの世界

半導体的世界

ぼやけた世界

ひきのばされた世界


広い 広い

広い 広い

空間の中に

生きてある世界

ういてある世界


詩と神話が 根底にある世界

透明と礼拝の中に とけてしまう

世界

歌い おどっていると 

それが分ってくる



すかっとぬけた世界とは

透明なる世界のことである

透明と 礼拝の恍惚の

中に

ぼつ入せよ


1984.01.02.

| 1984年 | 22:46 | TOP↑

| PAGE-SELECT |