FC2ブログ

1983年12月 | ARCHIVE-SELECT | 1984年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

悪魔もほほえみの一群

悪魔も微笑みの一群
これがなかなか分からないのだ

悪魔は人間に悪い事をするし そこで人間が苦しめられる
頭痛になったり 腹痛になったり
そこで線香を12本焚いて それら悪因縁を追っ払うのであった
その線香12本の効果はものすごいものである

ところが宇宙の全て あなたも あの人も この人も
あの花も あの石も あの空間も あの時間も
全て「幾何学的微笑み」である事がわかった頃
そして私が そのアシュラムを去って他に移った頃から
子供が腹痛 耳痛 頭痛に急に襲われた

家の者たちはあわてふためいて線香を12本焚いた
だが五回焚いても その悪霊は落ちなかった
そこで私に電話をかけて来た
お線香をもっと続けろと私は言っておいて お祈りをした
するとすぐ治ると啓示があった
その頃から子供の病は治ってしまったという

ところが翌日 学校には無事に行けたが学校の帰り
自分のプロパティ 即ち我々のアシュラムの敷地内に
入った途端 又急にその子のお腹が痛み出した

そしてその子の眼にアシュラムの屋根の上に
悪魔が踊っているのが見えたのである

その事を聞いた家の者はおそれおののいて
部屋中 悪魔ばらいの線香を焚いた
私は昨夜からその悪魔の事と 子供の病気の事を気にしていた

今朝である お祈りに参加して
そのアシュラムを占領している悪魔の成仏を祈っていた
その時である ふとわかった事があった
インスピレーションに閃いたのである

悪魔たち 屋根の上で踊っている悪魔たち
これも「宇宙の幾何学的微笑み」である事を知ったのである
おお 悪魔たちよ 
お前たちも悪魔でなしに 「微笑み」そのものだったのだ
許しておくれ お前たちを 追っ払おうとしたり
又は成仏させようとした事を

宇宙の微笑み 幾何学的微笑み
お前たちはそれを教える為に
子供に病気をさせたり 屋根の上で踊っていたのか

子供たちもさんざんだったが 彼等がこのようにして
子供の時から 悪魔も悪魔でなくて宇宙の微笑みそのもの
なのだと知った事は 非常にいい事だった

全ては 微笑みに輝いているのだ
この宇宙は

微笑みが 幾何学的微笑みが
はるか彼方まで輝いている

1984.01.18.
スポンサーサイト



| 1984年 | 19:58 | TOP↑

≫ EDIT

ほほえみがひろがる

時間と空間によって ぼやけていた微笑みがあった 
時間と空間によって ぼやけていた笑いがあった

しかもそれは「透明」で笑いと 笑わぬとの笑いでなしに 
微笑みと 微笑まないの微笑みでなしに
「微笑み」と「笑い」と「透明」があった 
一元の世界だ 

その一元の世界に立つこと そこにいること 
この地上に関係なく すること
すると汝は「笑い」と「微笑み」と「透明」に輝いてくる

それは この世の人ではない 
あなたがそれであり 地上がそれである

あなたと私のない あなたであり 
地上と私のない 地上である

マーヤの世界も 梵の世界もない梵の世界である 
直接な世界である

そのものであって 私のない世界である 
微笑みが拡がる

1984.01.15.

| 1984年 | 23:18 | TOP↑

≫ EDIT

二本調子の内宇宙をとび出せ

枠が切り落とされたのだ
枠が切り落とされたのだ
透明と不透明の透明と違う「透明」という言葉を
思い浮かべることによって
相対が 相対が 相対の枠が切り落とされるのだ

一本調子の世界 一元の世界 
外宇宙に自分は今いる
内宇宙の相対君には何ら関係がない

一本調子 一本調子 二本調子でなしに
二本調子の内宇宙にいると いつまでもうろつく
そこには 何やかやと何でもある
あってそれらの中で考え それらの中のものを使って説明する
そんなものは 相対という世界の中でのうろつきである
二本調子のそんな内宇宙から飛び出せ

一本調子の外宇宙
透明と不透明の透明と違う「透明」
この素晴らしさは例え様がない

今朝は雲一つない
山々の峯が横に長く一線をひいて 黒く
その上は白く 太陽の昇るのを待っている

一本調子の一本の線 外宇宙は歌い続ける
「透明」は歌い続ける

1984.01.12.

| 1984年 | 16:01 | TOP↑

≫ EDIT

これは物凄い

これは物凄い これは物凄い これは物凄い
今朝のお祈りの時から「透明」がひっかかっていた
本当の透明が

それは透明 不透明の透明でなしに
そんな 透明でない「透明」という事が
インスピレーションにひかかっていた

そしてその時 詩を書こうと思ったが
まだまだ入口に立ったばかりだったのでひかえておいた

今日は一日中 外の仕事でいつもの通り忙しく
肉体を使っていた 
疲れる作業だったのだ

夜の六時 いつものように夕べのお祈りが始まった
灯明を回す時から 急に違って来た
意識が その透明と不透明の透明と違う「透明」に
かかっていた

それに入っていたのだ
すると灯明や線香を回す手が 
大きく動いて来だした
今までは小さく回していたが その形を破って
極端に手が大きく回って来た
全然違う大きい円を手が描き出したのだ

それは何もかもを 今までの何もかもを
……この世の何もかもを
外に回しているものだった
形の世界や 言語というような
作られてあるようなそんな形

或はそこいらにある一切を蹴散らして 
その手は回っていた
それらは違う所で それらの行為は 
それらと違う所で 行われ歌われていた

大声で 歌った
それはそれは 大声の歌となった
今までの歌い方とは全然違う
この世の現象が 吹っ飛ばされているものだった

「透明」 「透明」
何とすばらしい「透明」」への没入だろう
すごい 物凄い
最近になかった凄さだ

透明と不透明の透明でない「透明」
今までの言語 今までの様々な説明
そんなものを ひとつの形として捻りつぶし
蹴散らして それはあった

人も宇宙も 関係のないものとなって
それはあった
「透明」だけに定着している自分があった
すごい 物凄い!!

1984.01.10.

| 1984年 | 09:15 | TOP↑

≫ EDIT

ほほえみが外宇宙をとぶ

ワシの翼 ワシの翼
ワシは飛ぶ ワシは飛ぶ
翼の一線 翼の一線

透明 透明
透明なる翼の一線

ワシは飛ぶ ワシは飛ぶ
ワシの翼の一線
透明が飛ぶ 透明が飛ぶ

笑い 笑い
微笑みが飛ぶ 微笑みが飛ぶ
外宇宙を 外宇宙を今が飛ぶ

ワシの翼が飛ぶ
外宇宙 外宇宙を飛ぶ
外宇宙を今が飛ぶ

透明が飛ぶ 笑いが飛ぶ
微笑みが飛ぶ

1984.01.08.

| 1984年 | 09:11 | TOP↑

≫ EDIT

透明は笑い

透明は笑い 透明は笑い
宇宙の笑い 笑い 笑い

透明度は角度をつくる
透明と角度は一緒だ
同じものだ

宇宙の笑いは透明なる角度だ
それが宇宙の微笑みだ

ああ そうだ 半導体も角度だ
透明なる角度は礼拝である

透明なる角度は斜めそのもの
斜めは透明である
斜めの線にそって歌い 踊れ

恍惚がやって来る
永遠なる真実なる世界が 彼を導く

1984.01.07.

| 1984年 | 14:02 | TOP↑

≫ EDIT

ぬけた世界

すかっと抜ける世界 まじめに整った世界でなしに 
すかっと抜ける世界 ふざけた世界ともいえる

笑い 微笑み 
風船に描かれた絵は引き延ばされて
輪郭がはっきりしなくなるように
宇宙の微笑み 一者の微笑みは輪郭がはっきりしないで
時間と空間の中でふざけ 踊り すかすかと抜けている

記号 記号 記号 宇宙の一切は必要であるようだが
自分にとってそんなに確かなものではない記号的存在である
自分も記号的存在である

力んだり ぶつかっていったりするものではない
まじめに 或は感覚的に しかとつかめるものではない
つかもうとする自分があると 硬いぶつかりと真面目さと
知的葛藤の中で感情のとりことなってしまう

ふざけの世界 半導体的世界 ぼやけた世界 
引き延ばされた世界
広い広い 広い広い空間の中に生きてある世界
浮いてある世界 詩と神話が根底にある世界
透明と礼拝の中に溶けてしまう世界

歌い 踊っているとそれが分ってくる
すかっと抜けた世界とは 透明なる世界のことである
透明と礼拝の恍惚の中に没入せよ

1984.01.02.

| 1984年 | 22:46 | TOP↑

| PAGE-SELECT |