FC2ブログ

1984年03月 | ARCHIVE-SELECT | 1984年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

神話の中に生きる自己(鼻をかんで放ってしまえ)


消えたところからでないと

何もおきない

自己が消えたところからでないと

何も真実なものが

おきてこない


本当の音楽も 生まれてこない

本当の声も 出てこない

本当の歌声も 生まれてこない


自己が破れて

相対事物と とけ合うのは

その時である

そこでは 声をうしなう

ただぼうぜんと それ等はある


そこには 三次元も

四次元もない

ただ 一つなるものが

あるだけである


ただ ぼう然と

ただ ぼう然と

それ等はある


自己を鼻紙で 鼻をかむように

鼻をかんで放ってしまえ

神話がそこに あらわれてくる

それこそ 真実な世界だ


未来の科学技術の発達してくる

世界を のりこえようと思えば

より人間は 消えていなければ

ならない


そうでないと

人類は 破滅あるのみだ

早く本当の人間に かえれ


神話の自分に 早く目覚めよ

さもないと 感情のうずの中で

一生をおえてしまう

そこから 抜け出せ

早く 早く


本筋と 関連学とを

みきわめよ

関連学は 人間の足をひっぱり

知的あらそいと

感情的あらそいの中に

人を引きこんでしまう


本筋の世界は 一つしかない

それは「神話」の世界だ

自己を 神話の中から

ずらしてはならない


1984.04.27.
スポンサーサイト

| 1984年 | 23:28 | TOP↑

≫ EDIT

透明 透明 透明


透明 透明 透明

透明なる一本の 細い 細い

光の線


透明 透明 透明

透明なる一本の細い 細い



光線

それを思うと 背骨のA点が

ふるえてくる

一度に霊的になる


A点のふるえよ

私はそれだ

それが 私だ

透明こそ私だ


地域が蜂に見えるのは

その透明なる土地を

認識した時である


幾何学がおりなす

透明なる地域

すべてが 光に

すべてが 黄金に

輝いているのがみえる 


透明 透明

透明がおりなす

黄金の世界

一本の線が ななめに走る

自己をいぬくもの

その一本の線は


バラがきれいに咲いている

バナナがきれいに

供えられている


リンゴも グレープフルーツも

きれいに おじきしている

立っているものは すべて

おじぎしているのである


ブラフマンへの讃歌に

聞き入っているのである


静かな朝だ

雨あがりの

静かな朝だ


太陽が ものにあたって

カゲロウが立ちのぼっている


透明 透明

透明こそ

礼拝のもとであり

一線のもとであり


地域が蜂であるも

透明がもとであり


消えるも

透明がもとである


ピュアーとは それだ

透明なくして

ピュアーがありえない

のである


1984.04.19.

| 1984年 | 00:37 | TOP↑

≫ EDIT

足の礼拝

人には足を

地域には足を

蜜蜂には足を

石には足を

山には足を

花には足を

礼拝せよ


山にも 地域にも

石にも

足がある

足許がある


礼拝の足許がある


エジプトの王たちは

人々を 民族を 地域を

蜂とみた


そこには 黄金の幾何学の

一線があり

黄金に輝く「礼拝」があり

「透明」がある

ピュアーがそこにある




我々はその開かれて

待ってくれている

透明なる礼拝の中に

入る事が出来

そしてその中で いこう事も

出来るのだ


いこい 入れるのは

我々は

その それ自らなのだからで

ある


足許が

足許が 静かに

透明に

光かがやいている

――足許こそ

開かれたもの


1984.04.03.

| 1984年 | 23:46 | TOP↑

| PAGE-SELECT |