FC2ブログ

1984年04月 | ARCHIVE-SELECT | 1984年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

遠くを見てポカポカ歩こう

昨日は子供の日で 大きいマーケットの広場で催し物があった
子供を連れて遊びに行ったのだが
大人たち 特に男性はポカポカ歩いているのに気がついた

以前からも 気付いてはいたが
自分がそのようになっている時には
特にはっきり分かって来た
両手をポカポカ動かして ポカポカ歩こう

私はそのように体も 両手もポカポカさせて
他の大きいストアーに 入っていった
そしたら 大きい男性がハローと言ってニコニコして
いかにも 知り合いの人々のように挨拶をしてくれた

私もむろんそんな態度だった
ハローと彼の顔の中にとけ入るような思いだった

緊張していると 人と人がはねのけ合い 
やわらかくポカポカしていると 人とひとが解け合う
それには意識を遠くに いつも向けている事だ

大きい 広い 遠い空間が自分のものとなってくる

1984.05.05.
スポンサーサイト



| 1984年 | 19:49 | TOP↑

≫ EDIT

極大の中にもカウダストアワーがある

遠くを見よ 遠くを見よ
星の彼方を見よ
星の彼方にまで 意識を向けよ

人の意識は余り近くに集められている
だから近くのものに余り反応しすぎるのだ
もしその人が星の彼方にまで意識を向ければ
近くの人や人々の声がぼやけてくる

星の彼方 星の彼方
人間は大きくなる
極大 極大 極大
もっと大きいもの もっと遠いものに意識を集めよ

極大の画面に意識を集めよ
その極大の遠い遠い 広い広い画面をさらに
半導体的画面とせよ
その中で自己は踊れて来る
体が揺れて来る
大きい 余裕のある人間となる

大きい大きい 広い広い 
遠い遠い極大なる半導体的画面をもて
その中は自己を本当のものにしてくれる

もっと羽を伸ばして意識の翼を 広い広い極大の世界に延ばせ
ゆっくりと体が揺れて来る
心が揺れて来る
柔らかい波動の世界に入れる

自己はその極大なる波動そのものとなる
ブラフマンはそれだ
自己の本質はそれだ
自己に帰れ
自己の消える世界に帰れ

1984.05.05.

| 1984年 | 00:43 | TOP↑

| PAGE-SELECT |