FC2ブログ

1984年06月 | ARCHIVE-SELECT | 1984年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

鹿の親子

鹿が 二匹の子供をつれて

畑の所にやって来た

平和な所を知っているのだ

彼等は 平和だ


父の鹿は つい先年までは

角がはえはじめたばかり

だった


それが 今年は大きい角が

生えて

とても 立派な鹿に

なっていた


しかも今年は今まで いつも

二匹が 一緒だったのに

一匹しか現われなかった


それで我々は 心配していた

すると メス鹿が一匹現われた

これは 大人になると鹿も

一人歩きをするのだなと思った


そしたら 今度は

メス鹿が 子供を二匹つれて

現われた


それで分った

オスが一人歩きして 食べ物を

あつめている間

メス鹿が 赤ん坊のシカを

守っていたのだな


そのうち親子四人で やってくる事

だろう

我々は みな祈っている

なぜなら この辺の人々は

鹿をみつけると すぐ銃を

うってしまうからだ


そうか この二匹の鹿も無事

大きくなってくれるように


ここだけが 平和な地域だ


1984.07.25.
スポンサーサイト

| 1984年 | 23:25 | TOP↑

≫ EDIT

光の線を飛ぶ子らよ

光の線をとぶ 

光の線をとぶ

光の線をとぶ

その線に従ってとぶ


みつばち みつばち

みつばちは その光の線に

従って とぶのである


彼らは 波動の中に生き

光の線を横ぎって

幾何学的に 生きている
 

波動と 線の中で

彼等はいま

ごく ごく 平和に

彼等はいる


彼等のむれを みていると

とても 平和である


人間の心には 何の関係もなく

彼等はいる


1984.07.25.

| 1984年 | 00:17 | TOP↑

| PAGE-SELECT |