FC2ブログ

1985年05月 | ARCHIVE-SELECT | 1985年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

神話にかえる

神話になろうとしてもなれない
神話に帰ろうとしても帰れない
余り遠く 神話から離れ過ぎたから

ではどうするのか 
その神話の為に働くのだ 
神話の為に働くのだ 働きの為に働くのでなく 
金の為に働くのでなく 神話の為に働くのである
 
すると自分はいつも神話の中にいる事になる
すると神話との対話が出来るようになってくる
すると神話の中に入っている事になる

神話になろうとしても神話になれない
神話の為に働き 神話の中に居り 神話と対話し
こうして神話そのものになってゆくのだ

すると仕事がいやになったり 
いやいや仕事をしていた事がなくなり 
仕事そのものが霊感にみちてくる
若き神々が自己の内に宿り 霊感に酔いしれてくる

霊感をもて 若き神々よ 神話そのものとなれ
労働を通じてそれに帰れる
神話と遊ぶ 神話と遊ぶ 働き そして遊ぶのだ

その神話はどこに隠れているのか
神話は角度の中に隠れている
神話はそこでかくれんぼうをしている

彼と共に働き 彼と共に遊ぶのだ
お前はそれだ 角度がお前だ 神話がお前だ
遊ぶ 楽園 神話ばっかり一杯にそれがある
一杯にそれが遊んでいる

彼と共に働こう 彼と共に遊ぼう
かくれんぼうをして

1985.06.25.
スポンサーサイト



| 1985年 | 21:58 | TOP↑

≫ EDIT

パイロット

水先案内 パイロット 水先案内 パイロット
幾何学 幾何学はパイロットである
幾何学が全てを先導する

皆はそのパイロットに導かれてついてゆく
そこには道がある
道があるだけで心がない
ただ道があるだけである

パイロット パイロット パイロットはただ道をゆずり
道をつけ 道を案内するだけである
そこには心がない

幾何学のパイロット
それの後ろに物がついてゆく 物が出来てゆく
パイロット パイロット
幾何学のパイロット
そこには道がつけられ 心がない

宇宙は こうして出来上った
月も 太陽も 星々もその幾何学の道を通ってゆくだけである

物がある そのもとに幾何学がある
神もその幾何学の通路を通らないと動けない
神もその幾何学から生まれた
その道は静かだ 幾何学の道は

1985.06.15.

| 1985年 | 20:23 | TOP↑

| PAGE-SELECT |