FC2ブログ

1986年05月 | ARCHIVE-SELECT | 1986年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

人の事を思わない

悪も 悪魔も 因縁も見ない

よくない人の事も 思わない

それらの人の事も 言わない

言わないばかりでなく

思わない


そこには 暗い世界がある

その暗い世界の事を 思うと

こちらに 暗い世界ができて

そこに悪魔が 住みつく


また因縁を とる時も

その因縁を見ない 思わない


それを成仏さそうと 今まで

してきたが

それも その暗いものに

意識を むけている事になる


それは こちらに 暗い世界を

つくることになる


それでなく

本物の自己で おる事だ


それは 神話の世界の

舞台の中に いる事だ

それが本物だ


すべての中に 「精」をみて

その舞台の中に 住んでいる事だ


本物 本物

本物からずれると

暗い世界を 自分の中に

つくってしまう

すると 悪魔の住み家となる


「精」 「神話」 「本物」 これを

忘れるな


線が 透明なる線が

透明なる角度がおりなす

精の世界


そこには ピュアーしかない

神話の実現に 

全力を上げよ


1986.06.25.
スポンサーサイト

| 1986年 | 15:39 | TOP↑

≫ EDIT

神話の贈り物


昨日は ファーザーズデーであった

子供たちが自家製のカードを

つくっていた


夕食の時間となった

レディングの八時半は 

まだ 明るい


夕食づくりを 一人でやって

いた メアリーが

それがおわって

畑の水やりに かけていく


子供たちは まちきれなくなって

食事をしようと 呼びにいく


畑の中には 鶏が9羽

うろついている


野ウサギまでが金網の

すき間から 入って

いろんなものを 食べている


この頃は

小鳥と我々が 話すので

ウサギもそれを 知ってか

我々の足許までやってくる


まるで 神話だ

神話の贈り物だ


その他に クジャクが二羽いて

オスが しきりと羽をひろげて

いる


応接間では昨日 かったばかりの

ステレオが なっている


食事がはじまった

音楽をききながら ご馳走を

たべる


まるで どこかのレストランで

食べているようだ

いつもなら 子供たちは 

おぎょうぎがわるいと

しかられるのに

今日にかぎって

特別だ


音楽が バックミュージックと

なって

子供たちは さかんに話し合って

いる

自由がそこにあった


贈り物を 開けるときともなった

子供たちの 手製のカードと

LAからの 皆の詩をかいた

カードは

とてもよかった


トムとジムも うまいこと

カードをつくっていたのには

驚いた


ケーキは このレディング一番の店で

メアリーが買って来たものだった

スイス製のケーキだ


私は 贈り物の中に

うずもれて

幸せそのものだった


メアリーが私に

世界一幸せな人だと

いった


私もそう思う


贈り物の中には 

ジムが昨日かって大事に

もって 遊んでいた

自分のおもちゃを

私に くれていた


贈り物 贈り物

神話は 贈り物そのもの


贈り物こそ 神話である

また 神話は贈り物

そのものである


1986.06.16.

| 1986年 | 21:07 | TOP↑

≫ EDIT

精との衝突と対話


衝突 対話

衝突 対話 

「精」との対話

花の精 木の精

その他 様々な「精」との対話

神話が いっぱいにひろがる


おゝ 線で出来た「精」よ

角度で出来た「精」よ

透明な角度で出来ている「精」よ

それで いっぱいだ


角度が 線が

その透明なるそれが

自分の体の 自分のすべての

角度と線とに ぴったり合って

ふるえてくる


神話そのものの中に

自己の神話が いきづいてくる

ふるえの中に それはいる

おゝ そのふるえの複合線が

ふるえ おどる


消えた世界

神話いっぱいの世界が

ひろがる


1986.06.01.

| 1986年 | 21:59 | TOP↑

| PAGE-SELECT |