FC2ブログ

1986年06月 | ARCHIVE-SELECT | 1986年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

遊び

遊び 遊び
細胞の中に遊びを入れよ
遊び 遊び

遊びを細胞の中に入れよ
遊びは神話 神話は遊び

歌いの中に遊びを入れよ
遊びは半導体
遊びは空間 空間は遊び

遊び 遊び
遊びで全細胞を入れかえよ

神話 神話 歌え 神話で
透明 透明 透明な角度
それが神話だ

透明な河が流れる

1986.07.20.
スポンサーサイト



| 1986年 | 13:29 | TOP↑

≫ EDIT

河は流れる

河は流れる 神話は流れている 
神話は流れている 宇宙は流れている

それなのに 人間だけがたたずんでいるから
感情が出て来るのである

河は流れている
河は流れている
たたずんでいるものは何もない
それなのに 人間のみがボーッとたたずんでいる

戦争をしたり
ばかな事を考えたり
感情に振り回されたりしている

動け 流れる河になれ
神話の河に

歌え 神話の歌を
生きた歌を

力強く 速いテンポで

1986.07.10.

| 1986年 | 22:31 | TOP↑

≫ EDIT

一寸のすき間もなく 歌おう

歌を歌おう
一寸の隙間もなく歌を歌おう
神話の歌を

踊りが 踊り出て来る
世界は神話に包まれてしまう
踊りに包まれてしまう
歌に包まれてしまう

狂気が来る 狂気が来る
これが本当の狂気だ
これが本当の理性だ
本物が来たのだ

速いテンポとともに
命に満ちたテンポと伴に

神話が 
神話の歌がやって来る

歌え 
一寸の隙間もなく歌え
神話の歌を

1986.07.09.

| 1986年 | 10:47 | TOP↑

≫ EDIT

神話から歌う

神話から歌を歌おう 神話から歌を歌おう
神話という一つの生きものがある
神話は神話という状態でなく
神話という一つの生き物があるのである
その生き物をとらえ それから歌うのだ

歌のテンポは 速くなり 歌に元気がでてくる
体が揺すれ 歯切れのいい歌がとびだす
まるで神話が歌い 踊っているようだ

自分がなくなり 神話そのものが飛び出し
それになっているようだ
神話の実現がいよいよ本物になりつつある
ありがたいことだ

歯切れのいい歌 テンポの速い歌
なんと気持ちのいい事なのか
歌そのものが震えている 生きている 力強く生きている
これが歌というものだ
歌も一つの神話だ

速いところとゆっくりしているところが はっきり現れる
強弱がはっきりしている
神話が神話を歌う 河が流れる それが歌だ

天の川が笑っている
これが分からなかったのかと

1986.07.09.

| 1986年 | 00:54 | TOP↑

≫ EDIT

低次元から目醒めよ

創造 創造
この世には 創造というものはないのである
この世には 創造というものはないのである

創造があると捉えるのは 低次元の考えである
それは平面思考の産物である 

この世を平面と捉えると始めがあり 終りがある
それは 平面思考で二次元世界である
人類は今や平面宇宙でなく 
立体宇宙であることを知っている

それにもかかわらず宗教のいうところの
創造主崇拝は遅れた考えである

創造主というものはないのである
子が親から産れるが この親はどこから産まれたのであろうか
平面思考の過ちは そこかしこにある

ところが宗教経典は 今だに人類の眼をごまかしている
もし創造というものがあったとしても 
それは感覚的なもので 
その奥に何かがあることを知らねばならない

そこには 幾何学がある
神でも創造主でもないものがその奥にある

ところが その幾何学への目醒めは
今に始まったのではない
その歴史は古く インドにおいてすでにそれが説かれている

この宇宙は 創造主によって生まれたのでなく
創造と破壊と保持という三つの組み合わせによって
出来たのであるといわれている

これは幾何学を知ったインド人の最初の英知である
それにもかかわらずインド人は それを忘れ
混沌とした宗教思想を展開してきた

インドのみでなく 人類あげてそれに目醒めねばならない
時代はすでに幾何学の時代に
本格的に突入しているのである
遅れをとってはならない

愛も同じことだ
幾何学の透明な角度の中で人間よ 生きよ
最高の目標 
宇宙根源との結合と 神話の実現を目指して

1986.07.03.

| 1986年 | 14:48 | TOP↑

≫ EDIT

こわれた腕時計をもつ男

「愛」という宗教用語は低級な用語である
人間関係において「愛」が必要だと言い始めたのは
低級な考えである
しかし それが過去何千年も続いて来た

「愛」を説いたそれらの人々は 悪意をもって言ったのでは
ないが それは低級な言い方であった
なぜならその用語は 付け薬のようなものであるから
科学性が少しも入っていない
科学しないで 心の世界でその付け薬を見つけたのである
それは 一種のまじないの言葉のような用語である

宗教には 呪術信仰の時代というのがある
印を結んだり 呪文を唱えたり
そういう非科学的な宗教時代が長く続いた
しかし この愛というまじない信仰は
真理だと思いこんで 今だにそれが続いている
人類はそれでは 助からない

そんな呪文信仰から 神秘思想へと移らなければならない
科学性のある時代へと 移らねばならないのである

ところがインドでは すでに何千年も前からその神秘思想へ
突入していたにもかかわらず 科学性が足りなかった
しかし時代は その眠りをそのままにはしておかなかった
科学時代へ 超科学時代へと光速の速さで伸びて来た

愛の翼は 印の翼は まじないの翼は無用のものとなり
光速の翼に 人は乗らねばならない事を知ってきた
人間の細胞は動いているのである
透明な角度をもって
光速以上の速さでもって動いているのである

ここに 一人の男がいた
その男は 腕に古い古い時計をはめていた
それは古さの故に すぐ止まった 
男はそのたびに また止まったと言いながら
その時計を コンコンと叩いた
すると その時計はまた少し動き始めた 

しかし また気がつくと その時計は止まっていた
そこで男はまた飽きもせず その腕時計をコンコンと叩いた
時計は動き始めた
男は満足げに歩き始めた

愛という古いまじない用語は 透明という用語と 
取り替えられねばならない

愛情深い人間になろうとするのでなしに
透明な人間に なろうとしなければならない

透明な角度
それが 人間の本性なのである
コンピューターは 透明な人間の細胞は動き続ける
光速以上のスピードをもって

1986.07.02.

| 1986年 | 13:37 | TOP↑

| PAGE-SELECT |