1986年07月 | ARCHIVE-SELECT | 1986年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

子供と神話

この世には 停っているものは

何一つとしてない
 

ところが 人間は停っている

今と過去に 停っている

だから 宇宙のリズムに

のれず

ウジウジしているのである


ところが 子供だけは

そうではない


彼らは少しも 立ち停っていない

彼らには 今と過去はない


先へ 先へ 次へ 次へと

行動を展開していく


いくら しかられても

けろりとしている

感情的にならない


先へ 先へ 歩を

はこぶ

一時も 立ち停ってはいない

宇宙のリズムに のっている


しかし 大人はいつも

立ち停まり

今と過去の中で 生きている

だから 神話になれないのである


神話は 立ち停っている者には

こないのだ

理くつやへりくつの中に

神話は やってこないのだ


理くつや へりくつは

立ち停っている者に

やってくるのだ


神話は 宇宙と共に

動いている

明るくそれは 軽ろやかに


透明はくる

透明は 未来にむかって

流れている


未来に向うエネルギーこそ

透明だ


停っている者は 死に神に

食べられてしまう

 
子供のように 前へ 前へ

進め

宇宙は 一つの大きい子供である




1986.08.03.
スポンサーサイト

| 1986年 | 00:39 | TOP↑

| PAGE-SELECT |