FC2ブログ

1986年12月 | ARCHIVE-SELECT | 1987年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

花が咲くと

花が咲くと 香りが出て来る
花が咲くと 香りが出て来る
香りは 花が開いた後に出て来る

人は 天上のブラフマンに花咲くと
香りが出て来る

香りは先に出て来るものではない
香りは 後に出て来るのである

人は 人間と人間との間で
香り高い人間になろうとする
しかしそれは間違っている

香りは単なる間(ま)の中に
生まれて来るのではない

天のブラフマンに花咲けば
香りは 香りは
神話の香りは 出て来るのである

1987.01.11.
スポンサーサイト



| 1987年 | 14:19 | TOP↑

≫ EDIT

詩情

詩情が降って来た
それが時間と空間となった
詩情が降って来た
それが時間と空間となった

宇宙は 詩情そのものである
宇宙は 詩情そのものである

人間の詩情は神をつくった
詩情は精をつくった
花の精 樹の精 水の精 
雪の精 空気の精 等々と
神と精をそこに置いた

それらは生き始めた
詩情はピュアーの入口
ブラフマンが降り注がれたものだ
ピュアーの権化なのだ

詩情は美ではない
美の世界は感覚世界のものだ
詩情は美の世界のものとは違う
それよりはるかに根源的なものだ

詩情は遊びそのもの 半導体的そのもの
ピンボケそのもの 幾何学そのもの 
揺れ動く線だ

蜜蜂が蜜を見つけて 飛び去るように
喜びに満ち 震えている透明な線だ
透明な角度だ

角度とは幾何学的震えなのだ
透明なる震えは詩情であり 美はその震えではない

詩情は透明な幾何学的角度を創る
神話はそれだ
宇宙はその神話に満ち溢れている

インドのシャンカラ一元論には詩情がない
哲学だけだ
美学は愛を生み やさしさを説いた

宗教が美学に入ったらもうお仕舞だ
宗教は科学そのもの
詩情そのものだ

1987.01.03.

| 1987年 | 13:25 | TOP↑

| PAGE-SELECT |