FC2ブログ

1988年02月 | ARCHIVE-SELECT | 1988年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

帰郷するには

我々の本性は 幾何学である

幾何学の構造そのものが

我々の本性である


構図 構図

構図が 我々の本性である

宇宙はすべて構図によって

組み立てられている

その構図にかえらない以上

宇宙の根源 ブラフマンにいけない


我々は 我々の故郷を中軸として

生きねばならない

その中軸を 中点とするとは

故郷を 中点とするという事である


帰郷 帰郷

自己を知る事

自己に帰る事

自己になる事

これなくしては 何事もまともに

いかない


人間として まともな人生を

おくるとは

仕事に成功したり

まじめで 正直であったり

やさしかったり という事ではない


まともな人間になるとは

宇宙の中心軸を中点として

生きることである


帰郷 帰郷

先人たちが

神をさがし 真理をさがし

科学を学んできたのも

ひとえにこの「帰郷」にあった


まともな人間

まともな人間社会の発展

それをめざして 努力してきたのである

我々は 自分自らを知り

自分となることである


その自分とは

その自分の本性とは

ひとえにこの幾何学的構図

そのものにかえること

構図に入っていくこと


それを さがすこと

それそのものに なることである


そこには 透明な角度があり

透明な線がある

「透明」とは 幾何学である

透明な角度

透明な線で それは出来上っている


我々の本性を そこに見つけられる

そしてその奥に 消えた幾何学の

消えた構図の世界がある

それが すべてのものの故郷だ


1988.03.06.
スポンサーサイト

| 1988年 | 17:09 | TOP↑

| PAGE-SELECT |