1988年10月 | ARCHIVE-SELECT | 1988年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

そこには宗教はなかった

そこには 宗教はなかった

神だとか 信仰だとかがなかった

だがそこの人々は やさしく

細かい透明な バイブレーションの

重なりであった


体全体が 波動に波うっていた

躍動 躍動 感動にみちていた

しかもそれ自体が 光そのものだった

ピュアーそのものだった


そしてその上 その人々は

各自が 独立していた

だれに よりそう事もなく

だれに よりかかる事もなく

だれを 愛することもなく

一人つっ立ち しかもやさしく

人々の間をとおる 神話のような

やさしく 面白くて

時には じょう談をいって

人々をたのしませ

しかもそこに関係がない 細かい 細かい

やさしい やさしい 線の重なりであった


宗教も 神も 信仰も 教典も

そこには 無かった

だがそこの人々は 輝いていた


のびのびと 時間と空間の中を

泳いでいた

踊る事が好きで

ほほえむ事が好きで

求める事がなく

一方通行の人々だった


ほほえみをふりまき

じょう談をふりまき

輝きをふりまき

科学的な知恵をふりまき

宇宙にとびだす 天子や

天女のようだった


スピード スピード

ゆったりしているようだが

そのゆったりが スピードからきている

ようだ

彼等は何をしていても

手ぎわよく かたづけてしまう


そしてその余裕でもって 人と人の

間を通るのである


1988.11.10.
スポンサーサイト

| 1988年 | 10:49 | TOP↑

| PAGE-SELECT |