FC2ブログ

1989年02月 | ARCHIVE-SELECT | 1989年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

歌は生きている

歌は 生きている

歌は 生きている

歌 歌 歌

その歌に 意識を集めて歌え 


目の前に 歌という生き者をおいて

それに 意識を集めて歌え

自分の歌う歌が 生きてくる


自分の歌が 生きてくると

自分も生きた者となってくる 


歌 歌 その生きた歌に

意識を集めて 歌え

自分の四・五十センチ程 目の前に

その 生きてある歌をおけ

そして その歌から声を出すのだ


人間はいつも 自分の

中にこもっている

自分という者の中に

こもっていると

自分が 引き出されてこない

すなわち 生きてある自分に

なってこないのである


そのように 人はいつも人でなく

死んだ なきがらのような人で

世の中をうろつき

道を求め

或は 仕事にはげんでいる


しかしそれは 

生きている人とは いえない

のである


生きた人は 本当に

生き生きしていないと

生きているとは いえない

のである

宇宙と共に 生きる事だ


自分にこもって ものを考えている

間はダメだ

自分から離れよ 

自己から 離れた時

自分が 「生きた」世界に

突入する


生きた世界に 突入して

はじめて人は 生きた人間と

なり

生きた行為 行動ができ

生きた声が 出せるようになる


それまでは いくら道を求めても

いくら知識を たくわえても

それは 「うそ」でおわってしまう


人は先ず この第一段階を

ものにしなけばならない


この第一段階を わすれるな

ここからものが 出来てくるのである


ものは ここから本物と

なってくるのである

この秘訣を決して なおざりに

するな


それが出来ると

その証しに

手がうてて 歌えてくるし

手が高く上がって 歌えてくる

これが出来ると 人は

ふるえの世界に入る


1989.03.19.
スポンサーサイト

| 1989年 | 12:40 | TOP↑

| PAGE-SELECT |