1990年04月 | ARCHIVE-SELECT | 1990年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

瞬間瞑想

二階にある メディテーションホールで

夕べのおいのりを はじめた

するとクジャクが 窓からのぞいている

おお 妙なる宇宙よ


永遠 永遠がここにある

宇宙の諸物と はなれることなく

一つとなること


人は今 すべてのものと離れている

人と人そのものも はなれている

永遠も 未来も そこにはない


永遠を得る者 未来を得る者は

今そこに 今ここに 永遠を

すべてを 拝まねばならない


「私も人間 あなたも人間」という

唱え言葉をとなえて

瞬間に一を 統一をうることである


一つになること ここに未来がある

鳥はうたい 天はほほえむ

天は 一つの自己となる

星々の輝きは 自己となる


瞬間こそ宇宙であり

宇宙をのぞく天眼鏡である


クジャクが 我々のしていることを

窓の外から 今ものぞいている

平和そのもの

神話そのものである


神話の実現は先ず

「私も人間 あなたも人間」

という一つの 閃きからやってくる


その閃きが 宇宙にひろがる

おお 透明なる者よ

ひらめきの中に ひらめくものよ


1990.05.06.
スポンサーサイト

| 1990年 | 17:29 | TOP↑

| PAGE-SELECT |