FC2ブログ

1993年01月 | ARCHIVE-SELECT | 1993年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

非均衡系は舞そのもの

過去も現在も 未来もこの世にはない
ただ「今」があるだけだ
その「今」は踊りだ 舞だ
半導体的空間の舞だ

消えた構図の世界
それで この社会を変えよ

はすかいの世界こそ 真理である
はすかいこそ エネルギーの元である

はすかい はすかい 非均衡系の世界
そこに舞があり 踊りがある
詩を 神話をそこに感じとれ

はすかいは 非均衡系は 全ての
存在の元である
そこに 詩を感じとれない者は
物理学の世界で留まってしまう
真理を垣間見ることなく その者は留まってしまう

1993.02.14.
スポンサーサイト



| 1993年 | 21:59 | TOP↑

≫ EDIT

透明にかえれ

透明は神話の母胎である
透明は いかなる知的な言葉にもひっかからない

自由とか 平等とかいう言葉も
透明という言葉と入れ変えねばならない

透明の中からこそ
本当の姿と 本当のものが生まれてくる

本物は一つだ
透明 ピュアー以外にはない
そこからずれるな
知的言葉を捨てよ

知的言葉は 幻と迷いの混乱の花を咲かせる
人はそこから抜けられなくなる

透明に帰れ
救いは他にはないのだ
安っぽい自由とか 平等とか 愛とかいう
知的言葉を捨てよ

そうでないと人は 本当の平和と
幸せを獲得できない

1993.02.09.

| 1993年 | 09:39 | TOP↑

≫ EDIT

呪術信仰を見なおせ

呪術信仰とは呪文を唱え 病気を治したり 
福を得ようとするその事ばかりではない
災いを取り 福が来るように祈る事自体が呪術信仰である
ということになると 宗教信仰者のほとんどが 
その呪術信仰をしている事になる

例えば仏教は 個人が正道を修めて仏のようになること
即ち 自己実現の道である
これを神秘思想といった

呪術信仰は天災地変が起こらないように また病気の平癒とか 作物が良くとれるようにとか祈る信仰であって
神秘思想というのは 宇宙の真理を哲学的に考え
自己がその真理に 近づこうとする思想である

それが日本において 仏教が伝来して来てから長い間
「国家鎮護」や 天皇の病気の平癒の為の宗教であった
そこにおいて 行われる儀式的行為は呪術信仰に他ならない
悟をひらこうとか 宇宙の根源と合一しようという
自己実現の道と 災いを取り除き 福を得たいと願う
呪術信仰とは 全然違うのである

ところが どんな宗教の信仰者にしても
呪術信仰の域を脱しているものは少ない
呪術信仰というのは 原始宗教の名残りである
それを多くの人々が 今もそれをしている

宗教はえてして 国の政治に利用されることがある
昔から王と貴族と僧侶が権力を持ち 勝手なことをして来た
そこで軍人が革命を起こした
フランス革命もその一例であった

宗教者及び信仰者たちは 早く呪術信仰から 
神秘思想へと変らなければならない
即ち自己実現の道へ 自己確立の道へ 自己信頼の道へ

アメリカにおいては エマーソンとホイットマンが
その道を示した
アメリカの道は自己実現の道である
アメリカ民主主義は 自己確立の道である
自由奔放の道ではない
自由と平等は 破れた古いラッパにすぎない
自己の任務 自己の仕事を堂々と果たすことである

古い観念の破れラッパを吹くと国をつぶしてしまう
真の未来をになう国民とならねばならない
自己実現の道こそ アメリカ民主主義である
トーマス・ジェファーソンが 始めにその道を
さし示してくれている

彼は教会から独立させた大学をつくった
これも自己確立の一つの現われであった
自己確立こそ 本当の宗教の道であり国民の道でもある

目を醒まして 国家を盛り立てて行け
国家なくして 個人の幸せはない

1993.02.05.

| 1993年 | 10:46 | TOP↑

| PAGE-SELECT |