FC2ブログ

1993年02月 | ARCHIVE-SELECT | 1993年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

させて頂くは透明

瞑想も 瞑想するのでなく

瞑想させて頂くのである


させて頂くは 翼を生やす

宇宙にはばたく翼

ワシの一線


その一線は 「させて頂く」こと

そのものである

消えてあるもの そのものである


自分がするのではない

神を礼拝するのではない

礼拝させて頂くのである

そこには神も 自分もない


「する」から 相対がおき

不足がおき

損得がおき

怒りがおき

迷いがおき

迷い道にふみこみ

相対の餌食になってしまうのである


ワシの一線

透明なる一線

宇宙のはばたき

宇宙にはばたく透明なる翼を

もて


1993.03.27.
スポンサーサイト

| 1993年 | 22:40 | TOP↑

≫ EDIT

日本人の精神

日本には 古くから 「させて頂く」 の

精神があった

それが 武士道と並行して 鎌倉時代に

親鸞の教えの中に 花さいてきた


仏をおがむのでなく おがまさせて

頂くのである

念仏を唱えるのでなく 念仏が

ふってくるのを 受け頂き

それを 唱えさせて頂くのである


そこに 日本仏教の花がひらいた

インドの仏教でない 日本の仏教が

花ひらいたのである


今日の日本の産業と 経済の発展も

この させて頂くという

眼に見えない 日本精神の粋が

それを そうさせたのであろう


「する」  「している」  「してやっている」

そんな心からは 如何なる発展も

幸せも あり得ない



1993.03.27.

| 1993年 | 08:50 | TOP↑

| PAGE-SELECT |