FC2ブログ

1993年04月 | ARCHIVE-SELECT | 1993年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

非合理の味わい

私が以前に インドの賤民部落で生活したことがある
顔を洗うにも洗面器もない
バケツからコップで水をすくい
片手で顔を洗うのであった

戸外の景色を見ながら 戸外で顔を洗うのであった
小鳥は歌い 木々は揺れ クジャクが羽をひろげる

何千年前の透明な角度をもつ宇宙波動が 
そこに流れ たなびいているのが見え
小鳥とも 会話が出来るようになった

宇宙は 詩と神話の大舞台である
そこでは全てが 一つの透明な開かれた角度の中で
静かに舞っている
人間の考えた合理的な知識を寄せ付けないで 
それらは流れている

人は 我々の住むこの地球が五十億年後にはつぶれてしまうと 
心配しているが 今からそんな心配をする必要はない
死ぬ時が来たら 死ねばいいだけである

人は苦から逃げ出すこと 人生から逃げ出すこと
そんなことでなく 味わうことをしなければならない
便利なものばかりを追いかけては 詩と 神話と 
宇宙からの無限の贈り物を受けとることはできない

人は 感覚的にのみ進んでいると
優雅と素朴を失い 苦と 迷いと 欲望という
閉ざしの中へ入ってしまう

そしてそれから 逃げ出そうとして 
更に 合理的に意味づけた考えをつくってしまう
その意味づけたものが人の中に入ると
理性というものになって宿ってしまう

間違った理性が暴れ出すのである
人類は過去何千年間も この暴れ狂う歴史を
持って来たのである
意味づけたものには限界がある
それを人は気付かなかったのである

宇宙は舞い 踊っている 
その中へ 人は入り溶けてゆくのである

意味づけたもののない振動の中へ
自由は自由として ここにある

1993.05.16.
スポンサーサイト



| 1993年 | 21:24 | TOP↑

≫ EDIT

非均衡系と均衡系と循環系は贈り物

均衡であると物の動きは止まってしまう
宇宙は非均衡であるが故に 物は動き
生命が保たれているのである

非均衡 即ち傾きである
その傾きの系がなければ 物も生命も止まってしまい
存在そのものもあり得ないのである

その非均衡系は物理学では ただそれだけの意味でしかない
しかし 意識の世界物理学以上の次元でとらえれば
それは詩であり 神話であり 贈り物であり
「舞」そのものである

人間は物理学だけの知識では生きてゆけない
科学技術文明もそこでは行き詰まってしまう
かえってそれらは害となり 人類も地球も滅ぼされてしまう

意識の世界が この感覚世界の
奥にあることを知らねばならない
感覚的な 物理学の世界のみで生きていると
自己の本当の偉大性を発揮できない

例えば 自由と平等という言語は
最も大切な言語であり そうあるべきであるが
それも一つ 路線を間違えば
感覚的な欲望の手先となってしまう

人は感覚的に前に前に 進むことばかりを考えていると
奥なる本質に それらは根ざさない

時間は未来に向って 直線的に走っていると思うが
それは間違っている
人は欲望に従がって 自由 自由と
直線的に進めば どうなってしまうだろう
世の中の秩序を それらは乱す

宇宙は直線的な系によって動いているのではない
非均衡系という 動きの場において
それらは存在している

また宇宙は非均衡系以外に
循環しながら 物の変化は未来に向って進んでいる
循環系のない 直線的な時間の一定の方向は 
有り得ないのである

非均衡系と 均衡系と 循環系の三つによって動いている
この宇宙の相は「舞」そのもの 
贈り物そのものである

1993.05.15.

| 1993年 | 16:11 | TOP↑

≫ EDIT

新しい舞台づくり

人間の生活している 
今の舞台は間違っている
感覚世界のみで生きている
舞台作り 新しい舞台作りが必要だ

神話を
神話的 詩的宇宙を舞台としよう
そうでない以上 人間は助からない

取り合い 殺し合い 
差別 憎しみの舞台から降りよう

物理学も 幾何学も 政治学も
終いに舞そのものの舞台にぶつかる

民主主義の未来の舞台は
舞そのもの 夢そのものを
実現することである

詩と神話は 実に平安な海路の
女神そのものである

1993.05.02.

| 1993年 | 09:17 | TOP↑

≫ EDIT

贈り物をしよう

大きいこの宇宙は贈り物 そのものである
我々も贈り物をしよう
それが人生の偉大な宝である

空気のような 風のような
ふわっとした贈り物をしよう
それをさせて頂こう

舞そのものの世界を ここに実現しよう
神話そのものの世界を ここに実現しよう
宇宙は一つの大きな贈り物 
そのものなのだ

1993.05.01.

| 1993年 | 14:02 | TOP↑

| PAGE-SELECT |