1993年08月 | ARCHIVE-SELECT | 1993年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

天井の空洞

パンテオン

パンテオンは 古代ローマ帝政時代の

唯一のものである

2000年の年月に 耐えて

いまも完全に 残っている


その秘訣 その秘密

それは 円天井の上が 空洞になって

いることである

空洞というより ポカッとあなが

開いているのである


世界最大の この円天井の建物は

この空洞があるから 建物が

こわれないという

政治にも 社会組織にも

この構造が 必要なのである


人も そうだ

この力をぬいた 空洞をもとう


パンテオンのような人間になろう

そんな社会をつくろう


力をぬいて 

自然を仰ぎ 自然を受け入れ

すべての物と 一つになる

有機的存在となろう


神話の中に 泳いでいって

太古の神聖な知を くみとろう


子供のように 母なる自然と

有機的な生命の

共同体的営みを 復活させよう

そこに 歌と舞と 語らいがある


トーマスジェファーソンの建てた建物にも その

空洞があるのだ


1993.09.25.
スポンサーサイト

| 1993年 | 11:32 | TOP↑

≫ EDIT

「破壊」 と 「保持」 「創造」 と パンテオン

「破壊」と「保持」 「創造」の三つの組み合わせ

それは 幾何学の構造を意味する


宇宙のはじめに 構造があった

一がはじめに あったのか

それとも 組み合わせがはじめにあったのか

又は その一の中に 三つの構造が

はじめから

組み入れられていたのか


その構造が表面化したのが 「神話」である

動かない世界と 動く世界がそこにある

動かない世界は 統一の地点であり

「ブラフマン」と いってもいい

「存在」とも 「根源」とも いってよい


その消えた「根源」 の世界は

大建築の天井にある 空洞のようなものだ

天井に 空洞をもたないものは

大きい建築を 「保持」することは

出来ない

大宇宙を 保持できないのである


政治にも 社会にも

この構造が 必要である

イタリアのローマにある 「パンテオン」 

という建物を 研究してみよ


この世のものは すべてこわれるが

こわれていないものが 一つある

それはローマにある パンテオン建築である


その建築は 宇宙構造の原図そのもの

である

その構造は 人間存在そのものの原図でも

ある


永遠にこわれないもの 永遠に

ほろびないもの


人間と宇宙


そこに 歌とおどりがある

三つの組み合わせが 一つとなって

零の力を 分かち合い

全運動の 崇高な旋律を

そこに かなでているのである


1993.09.25.  

| 1993年 | 11:13 | TOP↑

≫ EDIT

角度は

角度は ずれである

ずれは 角度となる

その角度を 見

角度に意識を 定着させると

ふるえがやってこない


その角度 即ち ずれた角度に入り

通りぬけるように

その角度の中へ 早く入って行くと

ふるえてくる


角度や ずれは 動きに

関係がある

運動に 関係がある

だからその中へ 運動をもって

当たってゆかないと 合わない


合うと 本当のものとなる

いわゆる ピッタリ合う

合一するのだ

すると ふるえてくる


それが 合一して「ある」相である

ずれを見つけて その中へ

入ってゆけ

本物の世界に 突入する 


透明な世界が そこにある


肉体よ 肉体のよごれや

病気や おとろえよ

その透明な 真実の世界に

ふれて よみがえれ


「有」が発生する泉の中で

「ずれ」こそ 神話の原形である

それを呼吸し それを瞑想せよ


1993.09.08.

| 1993年 | 14:28 | TOP↑

| PAGE-SELECT |