FC2ブログ

1993年09月 | ARCHIVE-SELECT | 1993年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ハーダーの見たインド

ハーダは 当時のヨーロッパ文明は

まちがっていると 指てきした

彼はインド文献を 手当たり次第

手に入れた


ヴァガバッド・ギータも ウパニシャッドも よんだ

しかし ハーダの一番気に入ったのは

「シャクンタラ」 であった


ハーダは その中から インドの心をかぎとった

これをヨーロッパに 持ってくるべきだと

強調した

彼の影響を受けたゲーテも

そのシャクンタラを 絶賛している


シャクンタラの心

それは ソフトで 甘く 平和で

自然と共にあった


人は自然から 機械技術文明へと

転落しすぎている


自然を うけ入れ 宇宙に統一することを

全然 わすれている

そうする手掛かりさえ 見つけられない


それを ハーダも ゲーテも インドから学んだ

インドはきたない ふけつな国だというが

それは 人口の過密と 政治の貧困

から来ている


インドのきたない ふけつなどを 人は

みて

インドのよい所をみない


インドには 土にころがり

空気にころがる すばらしい宝がある

その心は 世界人類の宝である


リグ・ヴェーダ時代の人々は 自己の声の

ひびきをきいた

自己の歌声に 耳をかたむけた

そのバイブレーションを ききとったのである


それは自己の声に ころがることである

その習慣が今も インドの田舎

アジメールあたりの 賤民の部落の中に

のこっている



自己の声 自己の歌声に ころがることの

出来る人々なのである


その響のなかには 宇宙の透明な爆発と

透明な不動がある


ローマのパンテオンの 丸天井のてっぺんに

あいている

直径30フィートの空洞は

その響を ものがたっている

アメリカのトーマスジェファーソンは その

心の秘密を 知った


彼は自分の家を そのパンテオンに

似せて建てた

また 彼がつくった大学の講堂も

パンテオン流に建てている


ころがること 宇宙にころがること

ここに 宗教の最奥の秘伝があり

人間生活のすべての秘訣が

そこに かくされている


1993.10.06.
スポンサーサイト

| 1993年 | 11:32 | TOP↑

≫ EDIT

昔のインドのすばらしさ

現代社会のあり方

社会と人間の精神の

あり方

それらは ほとんど間違っている

まちがったまま 進んでいる


このまま行けば 奈落の底が

待っているだけだ

インドを見よ

インドに学べ

インドの昔からあるものに かえれ


ドイツのハーダーや

ハーダーに影響を受けた ゲーテを見よ

彼等はインドを こよなく愛した

彼等はそこに 何を見たのか


世界最上の国と 彼等の心を

魅了したものは 何だったのか

それは カーリダーサの「シャクンタラ」であった


「シャクンタラ」を読んだ彼等は

それに夢中になった

バガヴァッド・ギータよりも 「シャクンタラ」

「シャクンタラ」 「シャクンタラ」 と彼等は

夢中になった

そこに 神と人間の社会を見たのである

甘くやさしいインド文化に

彼等は魂の古里を みいだしたのである


そのインドと インド人

どういうインドと インド人が

彼等をして 「インドは最高の国」と

いわしめたのか


私は それを探った

そして分った事がある

それは 「土」 であった

「土」 の中にころがりまわれる

インドの人であった


土は彼等にとって 野菜を

つくる為の 道具ではなかった


現代の人間は 「土」 は野菜を

つくり 経済にかえる道具に

すぎない

だがインド人は 人間が 「土」 の中に

ころがりまわれる

相手そのものだったのである


「土」 にころがれる者は

「空気」 の中にも ころがりまわれる

人よ 土の中で ころがりまわれ

空気の中で ころがりまわれ

「その」 富がそこにある


「その」 富がまた 自己の中にもある

自己そのものも それだ


土の中にも

空気の中にも

それがある


自分の声の中にも

それがある

声そのものが 「それ」 である


自己の声の 「それ」に

よいしれよ

これが 人間にとっての

天井の空洞である


知的な力をぬいて

自己の神性に ころがれ


社会の夢が 未来が 時間が

空間が 見えてくる


1993.10.06.

| 1993年 | 11:10 | TOP↑

| PAGE-SELECT |