FC2ブログ

1994年03月 | ARCHIVE-SELECT | 1994年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

行為と芸術

神話は 万物に華さかす

透明な幾何学の 華をさかす


詩は おどり出す

素粒子は 歌い 踊り

かくれんぼうをする


動き 流れ 消え 生成するもの

素粒子の変化は 神話の舞そのもの

である

こまかく偉大な 贈り物である


物理学者は 実験による理論によって

神秘思想家は 瞑想と哲学による

体験によって

宇宙の神秘を かいま見ることができる


野の一輪の草花をみよ

そこに宇宙があると 彼等は

言う

しかしそれは 言うだけであり 

そう感じるだけである

感じたり 知るだけでは 何にもならない


その野の一輪の草花を 贈り物と

しない以上

それは 生きてこない

この肉体をもって

この言語をもって

それを 贈り物とするとき

そこに実現は やってくる


子供をみよ 野の草花をつんで

大人に ささげる事がある

まさに 詩である

子供や詩人は それを見のがさない


1994.04.19.
スポンサーサイト

| 1994年 | 08:44 | TOP↑

≫ EDIT

バベルの塔が

立派な 物理学の発見より

「僕はワニの眼の中から生まれた」 という

この言葉の方が よさそう


ワニが ねむりからさめて

パッチリ眼を 開けた時の

しずかで 透明なそれを見たのである


宇宙がどうの

相対論がどうの 

量子論がどうの と 

うろついている そのうちに

失ったものが 沢山つもってくる


バベルの塔は しまいに

どうなるのだろうか


1994.04.17.

| 1994年 | 21:32 | TOP↑

≫ EDIT

大地 太陽 月を自己の内に整えよ

人間は先ず 第一のことから

正して ゆかねばならない

大地 太陽 月との関係である


人間の中に 大地 太陽 月がある

その相互作用の中で 人間は

存在している


人間は 大地 太陽 月と無関係には

生きていないし

生きられないのである

即ちそれらが 自己の体内に

あるという 事である


その身近なものから 整えないで

遠くばかりを 志ざしている


その 大地 太陽 月のバイブレーションを

その相互関係を 整えないと

人間は 間違った道を歩く 


その三つのものを 自己の内に

礼拝して おさめる事だ

すると人間は はじめて自己が

整い 透明になってくる


透明は 整いであり

整いは 透明である

先ず この第一段階を 正せ

そこから 透明な自己が 

感じられてくる


1994.04.17.

| 1994年 | 09:14 | TOP↑

≫ EDIT

スピードはおどる

スピードは おどる

自己は そこにいない

リアルの中には いない


星の彼方

星と共に とんでいる

おお 光速でとぶ者よ

自己はいつも そこにいない


光速で 旅する者よ

自己はいつも そこにいない

「場」 をもたない者よ

時間と空間は いつも

そのあとに ついてゆく


おお 光速のはやさで 旅する者よ

おどりながら

歌いながら 舞いながら

彼は とびさる


おどりの贈り物を まき散らしながら


1994.04.06.

| 1994年 | 06:52 | TOP↑

| PAGE-SELECT |