FC2ブログ

1994年04月 | ARCHIVE-SELECT | 1994年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

明るい静けさと透明な領域

明るい静けさ
明るい静けさ

私がインドの広い広い麦畑で静かに腰をおろしていた時
クリシュナ神が近づいてくるのを感じたことがある

あの時は 黄金色の麦穂が豊かに波打ち
透明な明るさ一杯の広い広い 広さの中にいた

広ろさ 明るさ 静けさ
透明さ 豊かさ そして何の囲いもないこと
これが神話の領域であり詩の領域であり
神の領域である

その時私は クリシュナ神は本当にいるのだなと思った
そしてその時の至福が 今だに残っている

波打つ黄金色の麦穂
自然は私を消してしまった
古里なる神話の中へ

知的な考え 荒々しい言葉 それらはなかった
古里だけがあった
深い 深い 神秘の深淵であった

インドの太古に編纂されたリグヴェーダの詩節の中に
「火は古里なる水の中に帰った」とある

ただこの簡単な一言の中に 
ものすごいものを感じる
これを聞く人々は何故か涙を催す

「火は古里なる水の中に帰った」
こんな素晴らしい言葉を私はかつて 
聞いたことがなかった

神話の深淵に人々は立たされるのである
超非合理のものすごい世界
人々はそれに 付いて行けるであろうか

1994.05.06.
スポンサーサイト



| 1994年 | 23:26 | TOP↑

≫ EDIT

母系集団

母系集団 母系集団は
非均衡系と均衡系を 支えるものである
すべての変化を 変化たらしめて
いるものである

時間には 三つある
非均衡系と均衡系と もう一つは
循環系である
この循環系の時間の上で
他の二つは 存在している

陰陽は この宇宙構造のもとではない

1994.05.06.

| 1994年 | 16:56 | TOP↑

≫ EDIT

布 布 一枚の布
天使 天女がそこに遊びにくる布
神話が神話となれる一枚の布
そこに織りなすものは神話の絵巻 詩

我れはその一枚の布
母系集団はこれに似ている
世界には 陰と陽があるというが
それだけで 宇宙は動くのではない
陰陽によるそれら変化と運動は 全て
この母系集団の舞台の上でなされるのである

陰と陽だけが 宇宙の骨組ではない
その奥に それを支えている母系集団がある
それがこの一枚の布である
そこでは全てがはすかいの糸で織られ
あらゆる秩序をコントロールしている

素粒子の動きと生成の確率も
この母系集団によってなされている
均衡と非均衡の元に 循環系があるように
その一枚の布は 
真実なる絵巻を織りなす舞台なのである

その母系集団から はずれて
均衡系と非均衡系が 相対的に動きまわると
平凡で荒々しい織絵しか 織り出せない

今の世界は まさにそのようなものだ
透明なる角度 斜めの角度で
その布は出来上がっている

その布の上に 神話を織りこんでいかないと
世界は救われないのだ

人類を救う一枚の布
それが降って来た

1994.05.03.

| 1994年 | 15:30 | TOP↑

≫ EDIT

陰陽説と母系集団

世界には 陰と陽があるというが
それだけで 宇宙は動くのではない
陰陽によるそれら 変化と運動はすべて
母系集団の舞台の上でなされる

陰と陽だけが 宇宙の骨組みではない
その奥に それを支えている母系集団がある

素粒子の動きと 生成の確率も
この母系集団によってなされている

1994.05.03.

| 1994年 | 09:21 | TOP↑

≫ EDIT

ななめの贈り物

斜めになれ 斜めに
斜めにならないと宇宙を飛べない

斜めになれ 斜めに
斜めの線にのって宇宙を横切れ

斜めはエネルギーの始まりである
動き 流れ 衝突 消える
そこから生成が起きて来る

斜めは そのすべての変化を
貫いている

贈り物 贈り物は斜めの贈り物
天使や天女は斜めになって飛んでいる
直立不動 硬い考え
石頭ではこの宇宙は飛べない

創造も 保持も 破壊も
この斜めの線から起きて来る
その斜めの角度が 夢なる未来時間に触れると
舞いが起きて来る

宇宙はその斜めの未来時間の夢と共に
舞うのである

1994.05.02.

| 1994年 | 19:37 | TOP↑

| PAGE-SELECT |