FC2ブログ

1994年05月 | ARCHIVE-SELECT | 1994年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

神話には説教がない

神話的物語には説教があり 神話にはそれがない
西洋の神話的物語に ドラゴン退治がよく出てくる
それは人間の心の内に住まう悪を意味している
それをやっつけるという物語である
そのドラゴンをやっつけると至福が来るというのである
そこに説教がある

中国の「たなばた」さまの物語をみよう
それには説教がない 
7月7日の「たなばた」の日には 男の星と女の星が一年に一度 
出会うという
何と素晴らしい物語だろう
これは「神話」だ そこには「夢」がある

「夢」のあるものは「未来」がある
「未来」と「夢」が神話の要素だ
「穢れ」のないことと同じく これが「神話」の要素である

ではオン松とメン松の話を考えてみよう
葉っぱと葉っぱを触れあワシて子供が出来るという
そこにはやはり 透明なソフトで上品な
「夢」のようなバイブレーションが感じられる
穢れのない未来の世界へ 人の心が導かれる

未来とは夢であり 夢とは未来である
神話の中にはそれがある

神話は神話的物語と違って もっともっと根源的であり
未来的である
根源と未来が一対として来るものが神話である

未来も 時間も空間も ビッグバンも
世にある全てものは夢である

そこで夢には二通りあることが分かる
人間の心にもつ希望 望みとしての夢
もう一つは 宇宙の全てに内在する夢

しかし人間の夢には望みもあるが 野心もある
だから人間の夢という言語は 夢とはいえない

本当の夢は宇宙の夢で 神話そのものである
神話は夢そのものである

人間の穢れた時間の中には
それ等は存在しないのである
特定のある世界時間にのみ それ等存在する

1994.06.27.
スポンサーサイト



| 1994年 | 20:01 | TOP↑

≫ EDIT

神話は一人独立している

神話は一人独立している
神話は人間関係の中での実現には 
関係がない

神話は一人ワシの翼を拡げて
独立している

一人独立して 神話は羽ばたく
宇宙を越えて それは羽ばたく

1994.06.26.

| 1994年 | 16:54 | TOP↑

≫ EDIT

あほのほこり

「アホ」と言われた方が
喜ぶようになる

「アホ」の方が良いのだ
賢いというのは良くないのである

アホなのである 賢いというのは

「アホ」と言われて怒るのは アホだからである
賢いからである

「アホ」と言われるようになる事が
それに「誇り」を感じるようになる

汝は 透明なるアホである

1994.06.21.

| 1994年 | 13:19 | TOP↑

≫ EDIT

献げる

献げる
何を献げるのか
それは神話を献げるのである
神話への道を開くのである

それには「透明なるアホ」を献げるのである
それは神話への入口だからである
それが一番良い「献げ」である

そうでないと 相手も自分も救われない
賢いままでいってしまう

最高の献げは「透明なるアホ」を献げるのである
世の中が変ってくる

賢い人々の作っている この社会を見てみよ
神話も未来もない荒れ切った社会だ

1994.06.20.

| 1994年 | 20:36 | TOP↑

≫ EDIT

耳と眼に

耳に空間を食べさせよ
透明なる角度を食べさせよ
眼に空間を食べさせよ
透明なる角度を食べさせよ

つまらぬTVの音を聞くな
つまらぬTVの映画を見るな
それらは汚れるばかりだ

透明なる者よ 透明になろうとする者よ
宇宙の 宇宙の空間を 空間を食べる者となれ
蜂鳥が花の蜜だけ食うように 空間を食う者となれ

空間をこの耳で食べるのだ
透明な空間の角度を食べるのだ
つまらぬTVの音や映画に そっぽを向けるようになってくる

透明人間になりつつある自分が 実っていく自分が分ってくる
頭からでなく耳から そして眼から 
六根清浄は仏陀の最後の教えだ

知恵よりも清浄 知識よりも清浄
身を清める事から始めよ
始めで最後のものだ

汝は月と太陽と大地を 拝んでいるか
月と太陽と大地は汝の育ての親であり 汝そのものだ

汝は月と太陽と大地と直結しているのだ
それを忘れるな
それとの波動を断ち切るな

それと連なれ
そうなって初めてまともな人間となる
その第一にしなければならない事をおろそかにするな

それをおろそかにして何が知識だ 何が名誉だ 
何が出世だ 何が金だ 何が物だ
そんな物は ほこりのようなものだ

先ず身を正せ 先ず身を整えよ それが全てだ
偉そうな口を聞くな 偉そうな事を考えるな
する事をしないで 何を野良犬のようにうろついているのか

月と太陽と大地を 我が内に持て
それへ頭を下げよ
耳を 眼を 身をまともなものとせよ

人間は腹の立つうちはダメだ
それはどこかが 狂っているからだ
頭を 頭を地面にすりつけてみよ
間違っていた自分が分ってくる

月と 太陽と 大地を――

1994.06.20.

| 1994年 | 12:58 | TOP↑

≫ EDIT

あほになりきれない人間

相手をアホと思えば 自分もアホになれる
相手をアホと思っていないから
相手のいう言葉に腹を立てるのだ

その時の自分は 自分も相手も賢いという位置にある
これは本当にアホな状態である
アホな状態でありながら 賢いと思い違いしているのである
だから腹を立てるのである

腹を立てる人は 本当はアホなのである
しかし その自分がアホである事を知らない
だから相手との間で 緊張した状態になるのである
そこでは神話は生まれて来ない

アホにならず 賢い状態でいては
腹の立つのはすぐには収まらない
そこで相手の悪口をいったり うらんだりするのである

先ず自分をアホと思う前に 相手をアホと思え
すると腹立ちがおさまる

その時 自分のアホさも分ってくる
自分も相手も 賢いという位置に置いているから
腹が立つのである

これを訓練すると 自分がアホになってくる
人は賢い人間になる事より アホになる事の方が大切である

そうでないと 神話は出て来ない
賢い理性人間からは 神話は出て来ないのである
本当の良いものは 生まれて来ないのである

1994.06.20.

| 1994年 | 08:56 | TOP↑

≫ EDIT

物質宇宙を超えた時に

距離 距離 宇宙大の距離
それのみの瞑想
そして消える 飛ぶ 透明な距離

宇宙大の透明な距離
その中へ飛び込む そのものとなる

宇宙大の翼 その羽ばたき
宇宙大の透明な翼は羽ばたく

一輪の花 一輪の花が羽ばたきとなる時
すべての行為がその羽ばたきとなる時 献げはなる

行為 行為 言葉
それが羽ばたきとなる時
手も 足も 体も 物も 一輪の花も
物質も お金も他の者の為に羽ばたこう

自分のためにではなく
宇宙大の透明なる羽ばたきの為に

言葉も 歌も 音楽も 芸術作品も
全てが献げものとなる

「芸術」が来る
芸術作品そのものとなる
物質宇宙をこえた時に――

1994.06.13.

| 1994年 | 10:20 | TOP↑

≫ EDIT

体制を超えてゆけ

神話は善きものの全てである
善きものが全て そこから現れて来る
しかし我々の生活の中で 
善き事と悪き事が別けられている
そういう意味での善き事ではない

我々の現在の社会は知的に 感覚的に 利害的に
政治的に 経済的に善き事と悪き事が区別されている

そしてそれは 国と民族と場所によって異なっている
その体制の中で人々は生き その囲の中にとらわれ
その体制に従おうとしている

即ち体制そのものが迷いの住家である
愛 親切 やさしさ 思いやり 無我 悟り 涅槃 
その他 様々な善き事 善き事とされている事がある

しかしそれらは 人間が考え出した小さな器に過ぎない
それなのに人々はそれに従おうとし 
そうなろうとする

神話は それらの教師ではない
神話は神話で 一人独立している
その一人を 我々は持っていないのだ
そして体制の奴隷となっている
怖れる事なく それらのきづなを断ち切れ

本当の平和と 本当の自由と 本当の本物に 
君はなろうとするなら 神話を持たねばならない

神も 人間も 自然もそこではその区別なく
人間の真の生き方がそこから出てくる

自信を持て
体制に眼もくれるな
先ず「遊び半分」を心で唱えて 
そのきづなから縁を切れ

知は後退する
行為によって 神や神々が生まれるのでなく
神話から 神や行為が生まれるのである

遊び半分で 体制を退けたあと
次に耳をすませて 空間に耳かたむけよ
テレビの音から耳を切り離し
距離と空間に 耳の波長を合わせよ

1994.06.09.

| 1994年 | 16:57 | TOP↑

| PAGE-SELECT |