1994年08月 | ARCHIVE-SELECT | 1994年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

それと遊ぶ

透明な光速の舞

透明な角度

それが織りなす 透明な舞

それがお前だ

それが時間だ 空間だ

すべての存在だ


透明な角度で織りなす

光速の舞

それは 人体のコンピュータにかける

記号

コンピュータは 太陽と月と大地の

バイブレーションをもって 整えたもの


それは そのバイブレーションは 宇宙中に

ひろがる

その 人体というコンピュータがある

それに 舞そのもの 透明そのものの

記号をかける


どのようにかけるのか

ただ コンピュータと記号がわかっても

それはそこに 存在しているという

だけである


そこにあるそれらを つなぐのだ

それには 記号を打ち込まねば

ならないように

自己の意識で その舞そのものと

遊ぶのだ

それに 働きかけるのだ

キイを うちこむように

遊び 働きかける

それが そのコンピュータを動かす

方法である


「それ」と遊ぶ

遊ぶことによって 舞は記号として

コンピュータにうちこまれる


人体は 夢のように

人体は ロボットのように

それに 動かされる

それは 宇宙的となり 

神話が 実現されてくる


精神文明は その者にとって

何の意味も なくなってくる

その者にとっては 透明な光速の

角度が

命となる


魚に水が 必要であり

水は 魚の命であり

記号であるように


人間の命は 透明な角度の舞である

しかもそれは 記号である

それを動かせ

神話が 人間が よみがえってくる


1994.09.12.
スポンサーサイト

| 1994年 | 14:35 | TOP↑

≫ EDIT

第三コンピュータ文明

我々のコンピューターは これまでの

聖者や聖賢の宗教的 道徳的な

教えによって 左右されてきた


いわゆる 精神文明のにない手であった

しかし これからは もっと精巧な

意識活動を 自己のコンピューターに

かける時代となった


精神世界でなしに

コンピューターが 透明で けがれのない

夢にみちた 神話的 詩的な

波動で 操作されるのである


いわゆる 良い意味での

ロボット化されてくる

きたない いやらしい考えが コンピューターに

近づくと

コンピューターは それを 受けつけなくなる


未来は 夢であり 夢は 未来であり

時間も 空間も 夢であり

森羅万象は 夢であり

神話そのものであり 

光速によって 

それらは 出来上っている


それらは 宇宙をまとめ

未来を 仕立て上げる

コンピューターにかける 記号である


コンピューターにうちこむ記号さえ

整えれば

今までの精神世界を うしろに

透明な角度の中を ゆく人間が

出来上がってくる


これが 第三文明である


おお 偉大なるかな

神的なものと 人間の 

対話が始まる


1994.09.04.

| 1994年 | 10:16 | TOP↑

≫ EDIT

太陽の笑いをもてば

一人一人が

太陽の笑いをもてば 

社会が 変ってくる


自己中心に生き

小さく生きると

その笑いが とまってしまう


笑うことを 忘れると

知的になり 感覚的になり

何やかやと 眼の前のものが

ほしくなる


笑いをもて 太陽の笑いを

力とエネルギーが もえてくる


眼の前の 感覚的なものが

ほしくなった時に

太陽の笑いをもて そして

宇宙の大きさを考えよ


心は それらのほしい物から

切りはなされてしまう


太陽の笑いと 宇宙の距離は

人間を本当に 生かしてくれる

自然に良い考えが わいてくる


物事をいつも 物理学的に考えよ

エネルギーを 宇宙からのエネルギーを

たくわえよ


人は 欲しいものが 眼の前に

あった時

それが ほしくてたまらなくなる

しかし その時

太陽の笑いを 思い浮かべよ

宇宙の大きな距離を 思い浮かべよ


物が 欲しくなくなってくる


物よりエネルギーを たくわえる事を

考えよ

宇宙には無限のエネルギーがある


先ず 太陽の笑いをもて


1994.09.03.

| 1994年 | 20:02 | TOP↑

| PAGE-SELECT |