FC2ブログ

1994年10月 | ARCHIVE-SELECT | 1994年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

時間の使者はおどる

時間の使者は踊る 時間の使者は踊る 
時間の使者は踊る

勢いはエネルギーを創り エネルギーは固有時間を創る
時は独立した 時は目覚めた

太陽暦の時間から独立したのである
一日は24時間ではなく 一日は何時間もの時を持った
永遠をも越えた波騒ぎが そこにあった

月 大陽 大地 果物 魚
全てが 自分の大洋の中で泳いでいた

太陽系 銀河系 星雲団 宇宙 
正宇宙も 外なる反宇宙も互いに固有時を持って動いていた

花も動物も 人々に近寄って来た
水も空気も光も 人々の友となった

合理と非合理も 超合理と超非合理なる神話を迎えた
科学も宗教も 哲学も芸術も 最終地点を見つけたのである

原始の言語 原始の生命
原始意志はそこに輝いていた

ある特定の世界時間
時の使者は踊っていた

1994.11.27.
スポンサーサイト



| 1994年 | 22:52 | TOP↑

≫ EDIT

アンリアルな波動のエネルギーを

個有時間を持たないと
透明になれない
独立も出来ない
神話も引き出せない

勢はエネルギーを創る
エネルギーによって時を創る
それが自己の個有時間である

独立が来る
独立は透明を引き出す
透明は吸引力の世界の産物である

掛け橋というリアルを破った
アンリアルな夢を持て
そしてその橋を渡り 引き出せ

神話は贈り物である
世界を元の神話の世界にせよ
リアルな粒々の社会に 
波動の原動的エネルギーを注ぎ込め

生き生きして独立した 透明な豊かな社会と 
人生が創られて来る
民主主義の行方はここにある
それを展開し 実現せよ

1994.11.27.

| 1994年 | 10:32 | TOP↑

≫ EDIT

掛け橋

掛け橋 掛け橋

言語は言語であった
動かない木石のような言語であった
それは神話が渡れる言語ではなかった
生きた言語ではなかったのである

手と足があった 
体があった
それも生きたものではなく 物質としての手と足と体であった
だからそこに神話はやって来なかった

言語も 手も 足も 体も 
掛け橋を掛けることによって神話化されてくる

掛け橋 掛け橋
掛け橋が必要である

ポンプで水を汲む時 水が出ない時には上から水を注いで
水を引き出すように 掛け橋が必要である

渡ってゆくもの
引き出すもの
それが吸引力の法則である

宇宙はこの吸引力と反発力という
相互作用によって成り立っている

天体の運行 生命体内部の細胞中での相互作用
これらは全て皆 波動的エネルギーの
吸引力と反発力の相互作用である

掛け橋 掛け橋 
吸引力はその掛け橋の役目をはたす

渡ってゆくことは 引き出すことでもある
引き出すことは 渡ってゆくことでもある
その二つの運動が一つとなって 神話の舞が起きて来る

神話の舞 神話の舞が起きて来る
あいさつ あいさつ 
それが宇宙的あいさつである

一つになると舞が起きる
結ばれの舞 連鎖の舞だ
吸引力はあなたを飲み込み
無限の彼方にあなたを導く

合理を離れたあなたの言語は 上下運動をする翼のように
やさしく 柔らかく透明な光を放つ

言語は 
言語は神話の化身となって現れる

渡すもの 引き出すもの
神話の掛け橋は踊る

1994.11.23.

| 1994年 | 22:24 | TOP↑

≫ EDIT

夢と時と言語の解説

意志は勢を押し出し 勢はエネルギーに変わる
エネルギーは 自己の固有の時間を創る
固有時間は 太陽暦の「時」から自由を得る
自己は独立する

神話の世界は 透明な角度で出来上がっており
未来という時間と 夢を内臓している

「時」に夢を付け 宇宙空間の吸引力の中へ入りこむ
舞が起き始める
その舞に遊びをぶつけると 舞は舞となり
吸引力の世界空間で踊る 

しかし「時」は夢と共に 宇宙空間で踊るが
その神話を言語として この世に贈り出さねばならない

ではその言語と神話は どこでどう結ばれ展開されて来るのか
「橋」だ 橋をそれは渡らねばならない
その橋は言語のもつ橋だ
言語の掛け橋を神話の舞が 音楽的に渡り展開するのだ
その時 言語の中に神話が顔を出して来る

この知的で固く 冷たくぶつかり合う言語の世界を 
神話の舞が破ってくれる

柔らかく音楽的な夢と 未来に満ちた言語の世界に 
人類は歓喜する

1994.11.22.

| 1994年 | 19:49 | TOP↑

≫ EDIT

夢と時と言語

時は夢と共に踊る
透明なる角度に沿って

吸引力は 彼等を吸い込み
神話の世界に導く

固有時間は 太陽暦から
縁を切り
自己自身の舟を操る

大洋に乗り出す舟は
自由に羽ばたく
大鳥のよう

時は 夢と共に羽ばたき
夢と共に踊る

言語なる掛け橋を渡って

1994.11.21.

| 1994年 | 10:46 | TOP↑

≫ EDIT

吸引力の中へ

神話の舞に遊びをぶつけてみよ
舞が起きる

遊びをぶつけるのは
コンピューターのキイを叩き 
記号を打ち込むようなことである

しかしそれだけでは 神話の舞が
生きてこない
空間を持つこと
半導体的な宇宙空間を持つこと

するとその空間の中で 舞が
舞となって来る
その空間は幾何学の空間である

幾何学の世界 それが現象を創る
しかもその空間は 透明なる空間であり
透明な角度をなしている
それは舞を吸引する

吸引力の前に立て
自己がなくなる

吸引力の中へ入ってゆけ
舞が起きて来る

1994.11.18.

| 1994年 | 22:28 | TOP↑

≫ EDIT

はじまりの角度

傾きは光を創り
光に道をゆずる

粒と波動
粒は形を創り
波動は性質と形態を創る
またその波動は 
粒を動かし 形を造らせる

その波動と動に 道をゆずるものは
斜め 傾き
透明な角度は 
物の始まりの先輩であり
道そのものである

1994.11.09.

| 1994年 | 22:26 | TOP↑

≫ EDIT

夢のかたまり

羽は 未来の夢

羽は はばたき 未来をつくる


神話の夢

夢そのもの

未来そのものをつくる


時間 空間も 羽をもってとぶ

未来という夢を もって 

それらは とぶ


あなたも私も とんでいる

力とエネルギーをもって

それらは とんでいる


力は とぶもの

エネルギーは とぶもの

夢をもって とぶもの

未来をもって とぶもの



私もあなたも 夢のかたまりだ

とぼう

そこに とどまっていないで


1994.11.06.

| 1994年 | 21:43 | TOP↑

≫ EDIT

夢がとぶ

この世界の全ては
神も ブラフマンも 時間も 空間も
変化も全て「夢」である

それは希望に燃えている
私も あなたも その辺の空気も
空間も 時間も 全て希望に燃えている

「夢」そのもの
「神話」そのもの
羽をはやしたリンゴ
羽をはやした神々
羽を生やして飛び交う変化

それらは全て飛んでいる
羽をはやして飛んでいる
その音楽が その音楽がいっぱい
あなたを包んでいる

静かな者も全て
羽を生やして飛んでいる

1994.11.05.

| 1994年 | 08:52 | TOP↑

≫ EDIT

夢をひきだせ

宗教家も 教育者も 政治家も
全て人々に夢を 希望を 未来を与えるものたちである
それなくしては宗教家とも 教育者とも 政治家ともいえない
それを根本としないなら それは宗教でも 教育でも
政治でもない

それを根本に持たなければ 全てを間違えてしまう
人々を間違った方向に導いてしまう

又 人を人となることから 人となることを押し潰してしまう
希望 夢 未来は存在するもの全ての生命である
それを潰す事は 大きな過ちである

人を信じること
人をかばうこと
人の内なる神話性を引き出す事
それが彼等の本来の仕事である

夢 神話 未来 希望……
音楽的希望 音楽的夢

音楽的未来を与えること
それが 詩と神話の実現であり
世界の目標であり 世界そのものである

先ず子供や 青年の夢を潰さない事から始めよ

1994.11.02.

| 1994年 | 23:29 | TOP↑

| PAGE-SELECT |