1994年12月 | ARCHIVE-SELECT | 1995年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

時間 空間 夢は一対である

コップは コップである

ベルは ベルである

人は 人である

しかし 

それらは 共に同格である



存在するものすべては

その相互作用の中に 生きている


ところが コップは 人にとって 

水をのむ時の道具としか 

考えていない


自転車は 人間にとって

乗り物である

道具としての 自転車であり

コップであり ベルである

少しもそれ等と ひっついていない

これを 合理主義という


すると人は 人でなく 物と

なってしまう

人はいつも それらの外にある


人は 偉いと思っている

どこが偉いのか

人は 落ちこぼれの「物」に

なっていることを

知らねばならない


おお あわれなる「物」たちよ


何千年も 何千年も

人は哲学 宗教 科学 教育

政治 経済等々と

さわいで来た


しかしそれらは 合理主義という

平衡系と相対系の中での

苦闘であった


すべてと 一つになること

すべてと 友になることを

忘れてきたのである


宇宙の現象は あらゆるものが

関連し その相互作用によって

変化し

進化している


それは 非平衡という

開きの系によるものである


人の生命一つにしても

何かと 何かとの相互作用に

よって 成り立っている


いわゆる 傾きの系である

傾きなくして 物は動かない

違いなくして 物は変化しない

人もコップも その違いの中にいる


人は人 コップはコップと 道具として

割り切るのは 間違っている

だから人は 友を失うのである


インドの太古の聖典 リグ・ヴェーダに

光が斜めに走った

宇宙創造は そこからおきたとある


斜め 傾きは 非平衡系である

その斜め 傾き 非平衡系は

詩であり 神話であり 夢を内在していることを

人は知らない


時間も 空間も 一つの斜めの

系である

斜めなくして 時間も 空間も

その働きを とめてしまうのである


アインシュタインは 時間と 空間は 

一対であるといったが

時間と 空間と 夢の三つが

一対であることを 知らなかった


斜めは 夢のあらわれであり

詩と神話のあらわれであることを

知らなかった


宇宙は詩と 神話と 歌と おどりに

みちている

合理の知識は 表面だけを走っている



この世界は 外界との相互作用を

くり返す 複雑な現象である


現象は 時間と共に発展している

自然の全体像を理解しようと

ニュートンの物理学や 相対論 

量子論を こえねばならないのである


細分化する事では とらえきれない

自然の全体像を理解する

新しい学が 必要である


友をもとう

自然の働きという友を

人間だけが 偉いのではない


自然と交わり

自然とたわむれ

自然とねむり

自然と夢み


人と 社会と 宇宙の

秩序を たて直そう

非平衡系という夢をもつ

創造の力の中で


1995.01.24. 
スポンサーサイト

| 1995年 | 20:28 | TOP↑

≫ EDIT

透明なる二つの存在

ホイットマンは 二つの存在を

見つけたといった


宇宙存在と 人間存在である


そして その二つを結ぶことによって

人間は完成するのだ ということを

知った


これは 彼がインドのヴェーダーンタの

思想の本を 読んだからでもあった


彼は 母親にいっている

私はアメリカの未来を 本当のものに

みちびく役目があると

そして その二つの存在を結び

人間を完成させる方法に 詩を

もってすると


人間は 元来詩人である

人間存在も 宇宙存在も

詩そのものである


それをアメリカの人々に 教えるのだ

それに アメリカの人々が耳をかさ

なければ

アメリカ民主主義は 大失敗をする

と 彼は言った


1995.01.21.

| 1995年 | 21:43 | TOP↑

≫ EDIT

親鸞の教えは

親鸞の教えは

その世界では 最高のものだ

しかしそれは 美学に入りすぎている


宗教が 美学に入ると

おわりだ


しまいに ほろんでしまう

精神世界は ほろびと栄えの

世界である


栄えるものは かならずほろびる


人はしぶとく 栄えと 美と 善を

超越しなければならない


物理学の世界 幾何学の世界

詩と神話の世界に 入ってゆけ


距離は あなたの友であり

あなた自身である


透明な角度 それがあなた自身だ


1995.01.14.

| 1995年 | 20:13 | TOP↑

≫ EDIT

純粋神秘思想

空間があった

時間があった

二つは共に

夢をもった


無言で 手をとり

踊りつづけていた


そこへ闇と光が わりこんで来た

かれらも 共に夢をもった


光は 速いスピードで とびまわった

空間はそれに 力をかした


大いなるエネルギーが

そこに生まれた


空間は その力によって

物質をつくる母胎となった

有は 空間を母胎として

育っていった


多くの星々が 生まれた

星雲団 銀河系は

時とともに 呼吸した


固有の時間をもって

悠々と おどりつづけた


1995.01.13.

| 1995年 | 15:30 | TOP↑

≫ EDIT

小鳥たちといつも

小鳥たちと いつも

遊ばないかん


花たちと いつも

遊ばないかん


神話は そこから

ふき出

さそい出されてくる


いつも 神話でないと

神話が 現われてこない


小鳥たちと いつも

遊ばないかん


1995.01.10.

| 1995年 | 00:07 | TOP↑

≫ EDIT

糸車があった

糸車があった

中点を中心として

それは まわる


円周は おどっている

おどりながら 円周は

中点の中へ 消えてゆく


中点には 不動がある

詩的存在がある


その中へ おどりながら

円周は 入ってゆく


糸車は まわっている

中点は それを受け

吸収してゆく


円周のない 中点もなければ

中点のない 円周もない


それらは 互の相互存在の中に

存在している


引き入れられるものも

引き入れるものも

二つは 一つのものである


糸車は まわる

糸車は まわる


おどりながら

中点へ消え

そして 出てくる


歌いながら 舞いながら

神話が 顔を出す


未来も 時間も

夢なる手拍子を打って

おどりつづける


1995.01.09.

| 1995年 | 23:47 | TOP↑

≫ EDIT

詩は要である

詩は  宇宙の要(かなめ)である

そこから 神話が展開される


宇宙は 燃えていても

静である


静であっても

燃えている


1995.01.05.

| 1995年 | 23:40 | TOP↑

≫ EDIT

すべてはおどりの中にある

おどれ

知の世界は 本当の

おどりを 忘れさせてしまう


知の世界

感覚の世界には

限界がある


上も 下も

大も 小も

右も 左も

根源も マーヤもない


真理は 神話は

それらを外に 舞い歌っている


そこに 透明な角度がある


固有の時が

固有の自由が

独立がある


おどれ すべてはおどりの

中にある

それらは 歓喜して

動いている


粒も 波動も

エネルギーも 時も

すべて 一つのものである


透明な舞 そのものである


1995.01.03.

| 1995年 | 23:37 | TOP↑

≫ EDIT

宇宙絵巻

ころがって 遊んでいる者がある


ころころと ころがりながら

こちらが あちらとなり

あちらが こちらとなり


透明な角度は 織られ

一巾の絵を 織りなす

それが 宇宙だ


1995.01.01.

| 1995年 | 22:44 | TOP↑

| PAGE-SELECT |