1995年02月 | ARCHIVE-SELECT | 1995年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

渡ってしまう

語らいは

掛け橋である

しまいに 渡ってしまう


語らいによって

合一し 零となる


1995.03.09.
スポンサーサイト

| 1995年 | 14:06 | TOP↑

≫ EDIT

重なりの流れ

重なりの構造の二次元にも

零次元がある

その重なりの一点も 零である


語りかけも 零次元に入る


点には 次元がない

相対の中に 絶対がある


舞だ 

遊戯だ 

舞だ


それは 

その出来事は

詩だ 神話だ


それは

相対性は

絶対を意味する


二つの宇宙は

絶対の舞をまっている


ラーマクリシュナは 事物存在の

意味を知っていた

物理学者は 事物の自然現象を

研究するが

それは表面的である


存在の意味を考えるのが

哲学である


マンゴーの葉が 何枚あるかを

数えてばかりいないで

マンゴーを 食べなさい


これはラーマクリシュナの 有名な

言葉である


この宇宙を よく見てみよ

遊戯 踊り 舞 そのものの

宇宙をとらえよと 彼は言う

真実がそこに 流れていると

彼は指し示した


真実なもの絶対が そこにある

その流れを視

その流れと 共に流れよ


鳥は 歌い

大地は ほほえむ

真実な零次元以外の

何物もない


詩だ 神話だ

バン・ゴッホの絵をみてみよ

ここに 神があると

叫んでいるのが 分らないか


もえる糸杉

作業のドタ靴


ここに 真実の花をみよ

それらは 歓喜している


生も 死も 真実の流れそのもの

透明な角度そのもの

それを歌いあげ そのものとなろう


人々よ 和して働け

真実な 零次元の

重なりの流れ そのものの中で


1995.03.03.

| 1995年 | 15:33 | TOP↑

≫ EDIT

二つの宇宙

外宇宙

二つの宇宙

その宇宙は 相対的に

なっている

しかし その外宇宙には

星はない

物はない


月の裏には 海と呼ばれる

黒い所がない そして 

月の裏は 決して人には

その現を 見せない


そのように 二つの宇宙は

相対性ではあるが 

物のない宇宙である


鏡に事物が 映っていても

鏡には それらがない


1995.03.02.

| 1995年 | 15:27 | TOP↑

≫ EDIT

詩は零次元である

詩は 零次元である 

零次元は 完全な次元である

完全そのもの 真実そのものを意味する

その零次元に 語りかけるのだ


そこに 神話がとび出してくる

完全な神話だ

それから 二次元 三次元に

語りかけてみよ

神話が 生きてとび出す


いや神話が 二次元や 三次元を

創ったのかも知れない

次元は 透明な角度をもっている


零の舞がおきる

三次元も 零次元である

多も一も 同じである

多も零も 同じである


1995.03.01.

| 1995年 | 15:23 | TOP↑

| PAGE-SELECT |