1995年05月 | ARCHIVE-SELECT | 1995年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

一滴の露がとぶ

酸素と 水素

時間と 空間

光速が 根源を刺激する


一滴の露が 

地上におりた

光が それにあたった

七色の光は 翼となった


露は不動で

しかも 飛んでいった


時間が 路を開いた

翼は 大きくひろがった

はばたきの音だけが

あとに のこった


未来時間が そこに花ひらいた

贈り物 そは一滴の露より


1995.06.23.
スポンサーサイト

| 1995年 | 19:57 | TOP↑

≫ EDIT

飛べ 飛べ 答のない世界を

飛べ 飛べ 答のない世界を

そこに 神がある


リンゴに 羽を生やして 

汝は とぶのだ

アンリアルの世界に 汝は入る


透明なる角度を 

ピンボケの世界を

アンリアルの中に みつけ出せ


羽を生やした リンゴとなって

未来が根源を刺激して 飛べ

夢だ

答のない世界が ひろがってくる


飛べ 飛ぶのだ

アンリアルの角度をもって


初めもなく 終りもない世界を

可能性いっぱいの 輝ける

秩序ある世界を

文句を考えずに 飛べ 

飛ぶのだ


1995.06.21.

| 1995年 | 13:14 | TOP↑

≫ EDIT

打ち出の小づち

神話があった 

それで そこに 

打ち出の小づちのように

そこから 何でも出てくる

出てくるのではない 

引き出されて 出てくるのである


未来が根源を 刺激するように

時間が無時間を 刺激するように

そこから有が 現われてきた


未来のない 根源も 

根源のない 未来もない

そして そこに 

マーヤの世界が 現われてきたのである


いわゆる 

未来時間が 世界時間を

つくったのである

つくったのでなく 引き出したのである


打ち出の小づちは

根源と 未来の関係の中に

存在している

その関係の中に あるのである


静も 動も 有るも 無いも

何もないのであるが 

引きだされると その中から

創造がおきてくるのである


創造の源は 神話であり

打ち出の小づちである

永遠という個有時間も

そこから 出てくるのである


人よ 永遠なる個有時間を 

自己の内なる神話から 引き出そう

打ち出の小づちから 打ち出されるものには

根源と未来が 同時に存在している存在物が

存在するのである


未来が 根源を刺激する その関係において

そこに 待ち構えている神話が

未来世界を つくったのである

マーヤの世界は 貯金通帳をもっているように

いつでも 根源的神話から 

ほしいものを 引き出せる


神話は 創造するのでなく 

創造させられるのである

神話は忙しい 神話は忙しい

それでこそ 神話の存在価値が 

あるのである


何も言わず 何も語らず

創造しつづけよう 

時間をも 未来世界をも


やっと 神話の相でなく 神話の位置付けを

発見したのである

約七十年近い 長い歴史がかかった


しかも その位置は 

透明な角度に 関係があった

それが創造を 創造たらしめるのである


1995.06.02.

| 1995年 | 19:59 | TOP↑

≫ EDIT

神話の位置がみつかる

死ぬのでなしに 生き通すのである

死の課程を通らずに それは

ゆくのである


時間のない世界

人のない世界

物のない世界

遊戯のない世界

言語のない世界に いつも

とどまっているのである


その永遠の道は

神にも 人にも 宇宙にも

関係のない宇宙に 花ひらいて

いるのである


そこにこそ 本当の神話がある

そこは 時間のない世界である


この物質宇宙に 神話を

実現しようと思うな

本当の神話は そんな 

変化の世界にはない


神話は 神話として 

一人存在している


神話は 人間が近づいてゆける 

人間がつくれる そんなものではない


つくれないから 

近づけないから

それは 神話である


神話は この変化の世界を

超えて存在して在る


それに 私がなろう


1995.06.01.

| 1995年 | 14:56 | TOP↑

| PAGE-SELECT |