FC2ブログ

1995年08月 | ARCHIVE-SELECT | 1995年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

零が眠りからさめる時 時間が生まれる

酸素は酸素を呼吸して生き 存在しているように
宇宙は宇宙を呼吸して生き 存在している

まず呼吸することだ そこで零となる
零なくて可能性はない
まず呼吸だ 自らの呼吸だ 宇宙呼吸だ

神話も可能性も 零を基としている
零という答えのないものを
自己を呼吸するという折り返し運動なくして
零も零たり得ない

可能性は答えのないものから反転して来る
生きた存在として やって来るのだ

デカルトは その折り返し運動で
零を創る事を知っていた
零というより 生きた存在を
創る事を知っていたのだ
しかし 零と可能性という神話の足音を聞かなかった

自己が立ち 自己が可能性を持つ為には
自己が自己足りうる者には 零が必要なのだ 
神話の原点が必要なのだ

零と可能性が 同時存在している
神話の精が それにささやく
零になった時に 荘厳なる朝と共に零は眼を開く
静かに零は 眼を開くのである

光司が「僕はワニの眼から生まれた」と言ったあの一瞬である
零が眼を開くのは その時である

零が眼を静かに開く時 「時間」が現われる
存在の生きている「時間」が

「時間」と「存在」は 同一である
天使がラッパを吹くのは この時である
魂の夜明けを告げるラッパが鳴り響く

人類に平和と幸福が 永遠に来たらんことを

1995.09.20.
スポンサーサイト



| 1995年 | 23:11 | TOP↑

≫ EDIT

零が眼をさます時に

今朝は すごい詩を書いた
<零が眼を覚ます時 時が生まれる>

これは すごい言葉である 
宇宙の神秘を解き明かす最初の門である
 
物理学には<起きる>というような言葉はない
物理学は数学のようなものだ

その点 詩は<起きる>というような言葉で 
宇宙を表現できる

詩は物理学の手の届かない世界を表現できる
これが芸術である 

だから イタリアの哲人ヴィーコは
デカルトの思想に 一本釘を打っている
「デカルトは 宇宙の奥を指し示すことは出来ない」と

即ち 数学の世界には限界がある事を説き
神話の研究に力を入れた

西洋では詩人は宇宙を解き明かす天使である
といわれているが 
そこに大きな意味があるのである

1995.09.20.

| 1995年 | 21:24 | TOP↑

| PAGE-SELECT |