1996年01月 | ARCHIVE-SELECT | 1996年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

生命の大河

宇宙には 自分一人で生きている者は

何一つとしてない 

太陽にしろ 月にしろ

他との関係において

生き 存在している


水も 雲も 人も 樹々も

すべて 他と共に生きている

そして互いに 交わり呼吸し合っている


時間も 空間も

過去も 未来も すべて

他と共に 生き存在している
 

酸素なくして 人は生きておれないように

他との関係において

また自己みずからとの 関係において

常に零にかえり 零を基点として

存在している


酸素は酸素を 呼吸している

自己は自己を 呼吸して生きている


電磁波は 出力と入力をもって

呼吸している

瞬間があれば 永遠がある

それも呼吸であり 語らいでもある


花を咲かせるに 肥料をやる

それも呼吸であり 語らいである


開拓者よ 前に進むものよ

樹を 切り倒すばかりでなしに

樹に話しかけることを 忘れるな


語りかけは 物と物との

掛け橋の役割をする



自我をなくし 語りかけよ

その零から 自己が出てくる


生命の大河は そこでつながる

人が 詩と神話がわかるのは

その時である


科学が 超科学に達すると

それが分ってくる

神話は決して 合理的な

理性の世界の中には

見つからない


超科学は 超非合理をみつけ

夢なる時間と 空間の掛け橋を見つける

神話は 原始の言語である


1996.02.24.
スポンサーサイト

| 1996年 | 23:25 | TOP↑

≫ EDIT

零は遊戯している

この世には 完全なる無というものは

ないのかも知れない

零にしても 零は無限の数価をもっている


1から1を引くと 零となり

何もなくなるように思うが

そこに 力の遊戯がある

時間の遊戯もある


時間と 空間と 数価と 力は

共に遊んでいる


1から1を引くのも 一種の

呼吸である

変化も化合も 呼吸の一種である


電磁波が 入力と出力をもって

呼吸しているように

すべての存在物は 呼吸という

遊戯をしている


宇宙は 一つの大きな生きものであり

超非合理の神秘なる意志

遊戯そのものである


1996.02.14.

| 1996年 | 19:50 | TOP↑

| PAGE-SELECT |